【京都鴨川】職員への罵声動画が話題に!ノーマスク集団の目的は?

スポンサーリンク

京都市内の鴨川河川敷でノーマスク集団が見回り活動をしていた京都府職員に罵声を浴びせた動画がツイッター上で話題になっています。

J-castニュースでも報じられて更に世間の注目を集めることになりました。

そこで今回は『【京都鴨川】職員への罵声動画が話題に!ノーマスク集団の目的は?』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

【京都鴨川】職員への罵声動画が話題に!

こちら問題の罵声動画です。

当時、見回りには、5人ほどの男性職員と警察官2人がおり、マスクをしていない男女2人に何か声をかけたころ、反発にあったみたいです。

ノーマスクの集団は15人以上はいたとされ、河川敷の草の上でシートを広げてピクニックらしきことをしていたそうです。

この動画は、グループの1人だという方がツイッターに2021年5月30日に投稿しましたが、現在はアカウント辞退が消えいてるみたいです。

動画はツイッターで転載されて話題になり、ノーマスクのグループを応援する声もあるみたいです。

しかし、怒鳴って威嚇する必要はないとノーマスクを指示する方でも否定的な意見が多いみたいです。

批判が寄せられたため、動画は非公開となったのかもしれないですね。

ノーマスク集団の目的は?

京都鴨川河川敷のノーマスク集団の目的が気になりますね。

j-castによるとノーマスクのグループは「コロナは茶番」という認識みたいです。

 それを見ると、見回りの職員らがグループの近くに寄って、手にしたチラシを示すと、グループから「出て行け!」「とっとと帰れ!」と声がかかった。「マスク差別許すな」「ワクチン危険」などと印刷されたプラカードを多数持っており、職員らには、声を張り上げてこんな主張を繰り返した。

「根拠のない感染症対策押し付けないで下さーい」
「あなたたちのやってることは、人権侵害ですよー」
「コロナの存在証明を出してから文句言え!」

職員らはその後、グループを横目で見ながら、その脇を通り過ぎて行った。

京都市内では5月30日にノーマスク集団によるデモ行進があったみたいです。

デモ行進後、河川敷で打ち上げをしていたところ、見回りをしていた職員とトラブルになったみたいです。

ツイッター上には京都でのデモ行進の様子が投稿されていました。

鴨川河川敷と同じグループの可能性が高いですね。

世間の反応

屋外だからマスクをしないのは問題ではない。
他人に罵声を浴びせることが大問題。

 

考え方は様々ではありますが、威圧的になるのはダメですね。
また、根拠を求めるのは、逆にその根拠を示してほしいものです。

 

ノーマスクピクニックに参加した人が、コロナにかかったら普通に病院行きますって言っててヤバいなって思ったけど…
病気とかでマスク出来ない人はわかるけど、特にそうでもない人がこういうことすると、事情があってマスクできない人が肩身狭い思いするんだよね…

 

こういう事やるから、信用を得られんのやで。
だからノーマスクピクニックも潰されたし、支持されなかった

コメント

タイトルとURLをコピーしました