マーソ株式会社:西野恒五郎の顔画像・wiki経歴|大学・高校

スポンサーリンク

防衛省の自衛隊東京大規模接種センターの予約受付が5月17日から始まりましたが、予約システムに重大欠陥があるとAERAdot.が報じました。

欠陥内容は予約対象者でなくても、誰でも、何度でも予約ができるというものです。

そこで今回は『西野恒五郎の顔画像・wiki経歴|大学・高校【マーソ株式会社代表】』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

ワクチン大規模接種東京センターの予約システムに重大欠陥

 予約サイトでは接種券に記載されている市町村コード(6桁)と接種券番号(10桁)を入力し、さらに自身の生年月日を入力する必要がある。
そこから進むと、接種希望日時を選ぶ画面が出る。カレンダーから接種枠の空きがある日時を選び、予約をすることが簡単にできる。

今回の予約は65歳以上の高齢者で東京センターは東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県の居住者が対象、大阪センターは大阪、京都、兵庫の2府1県の居住者が対象になっている。
当然、対象以外の人は予約ができないと思いきや、「誰でも予約できる」(同前)というのだ。

 AERAdot.編集部で東京の予約サイトで試してみると、6桁の市区町村コードには「654321」、10桁の接種券番号には「9876543210」と適当に番号を入力。生年月日も「1956年1月1日」と適当に入力したところ、そのまま進めて、5月29日8時から予約が取れてしまった。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/e3cd31c100652095e1479568e5988303a1cbcf2a

記事の通り、今回の予約は65歳以上の高齢者で東京センターは東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県の居住者が対象です。

しかし、AERAdot.編集部が確認したところ誰でも予約ができるそうです。

適当な6桁の市町村コード、10桁の接種券番号、誕生日を入力すると認証されて予約画面にたどりつけるみたいです。

AERAdot.編集部によるとそのまま予約を確定することもできるみたいですね。

これはあまりにも酷いシステム、早急に改善する必要がありますが、NHKで次のように報じられています。

防衛省では、システムの大規模な改修は難しいとして、予約受け付けでは、適正な情報を入力するよう呼びかけることにしています。

 

システムの改修は難しいみたいです。

欠陥の原因は短期間で予約システムを構築することが求められ、対象となるすべての自治体の接種券の番号をシステムとひも付ける作業が出来なかったそうです。

お粗末過ぎます。実在しない番号で予約してもワクチン接種はできませんが、予約枠が埋まってしまうのが問題です。

みなさんも貴重な予約枠を無駄にしないように、イタズラで予約するのは辞めましょう。

 

AERAdot.によると、予約システムを運営しているのは竹中平蔵氏が顧問を務める「マーソ株式会社」とのこと。

いったいどんな会社なのでしょうか?

マーソ株式会社とは?

マーソ株式会社がどんな会社か気になりますね。

502 Bad Gateway

こちらが公式サイトですが、現在、サイトが落ちていて見ることができません。

キャッシュで確認したところ、事業内容は次のように書かれていました。

人間ドック・健診予約ポータルサイト「MRSO(マーソ)」の開発・運営
医療施設向けWEB予約サービス「MRS(エム・アール・エス)」の開発・運営
医療施設向け健診業務管理システム「MRS +(エム・アール・エス プラス)」の開発・運営
従業員向け健康管理サービスの開発・運営
健康保険組合/産業保健センター・事業主向け健診業務支援システム「Health Plus(ヘルスプラス)」の開発・運営
医療ツーリズム/インバウンドサービスの開発・運営

主に医療系のwebサービス・システムを開発しているみたいです。

2015年に三和システム株式会社から医療事業が分社化し誕生したのが「マーソ株式会社」のようです。

マーソ株式会社の代表取締役社長は西野恒五郎氏です。

報道の通り、役員には竹中平蔵氏の名前があります。

西野恒五郎の顔画像・wiki経歴


名前:西野恒五郎
年齢:1978年12月生まれ 42歳
出身:茨城県ひたちなか市
大学:日本大学?

 

2004年2月:三和システム株式会社入社、同社取締役に就任
2011年1月:三和システム株式会社、代表取締役社長に就任
2015年2月:マーソ株式会社設立、取締役会長に就任
2017年3月:代表取締役に就任(現任)

 

マーソ株式会社は国内約1500の医療機関(病院、クリニック、健診センター)と提携。

インターネットから人間ドックを予約、決済できるサービスを軸に、マーソ経由の受診者にTポイントが付与される仕組みで人間ドック・健診をより身近に受診しやすくなる環境作りを行っています。

『予防医療×テクノロジー』という事業に力を入れているみたいです。

大学・高校

西野恒五郎氏の出身高校・大学ですが、はっきりとしたことは分かりませんでした。

大学は日本大学を卒業したという情報がありましたが、ソースが見つかりませんでした。

高校については一切の情報がありませんでした。

西野恒五郎氏のfacebookがありましたが、プロフィールに高校・大学の情報はありませんでした。

西野 恒五郎
西野 恒五郎さんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、西野 恒五郎さんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェアできる、オープンでつながりのある世界の構築をお手伝いします。

世間の反応

なんかあると思ったらありましたね。
日本はIT関係は脆弱なんだな。自衛隊が絡んだ接種センターなのに
日本の防衛は大丈夫なんでしょうか。

 

デタラメな入力して弾かれるのを見るなんて、システムチェックの初歩中の初歩じゃないのか。悪さしてやろうじゃなく、まじめに予約しようとした人が、気づかずに入力ミスしてても、そのまま予約できている状況なのか

 

なんでいつも何か始めた途端、システムに重大欠陥があったりするの?
頭の良い官僚が揃ってるのに、事前に様々な事態を想定したシミュレーションをしたり、それらを勘案してシステムをブラッシュアップしたりとかしないの?

 

サーバをパンクさせないために、ザルのシステムを作ったということか。システム構築に時間がなかったからと言い訳は出来ない。何だか情けないなあ。
接種開始まで1週間ある。ワクチンを無駄にしないよう、予約済データをチェックして、最低限不正データをはじくべきである。

タイトルとURLをコピーしました