日本大学ラグビー部のヘッドコーチは伊藤武?学生寮の場所は?

事件・事故
スポンサーリンク

日本大学ラグビー部のヘッドコーチが、部員に対して暴行、パワハラを行っていたことが判明しました。

 

2年前のアメフト問題、今年1月のラグビー部員の大麻所持、そして今回のヘッドコーチによる暴行と不祥事が続いています。

 

今回は日本大学ラグビー部のヘッドコーチ、学生寮の場所について調べていきます。

スポンサーリンク

事件の概要

日本大学ラグビー部のヘッドコーチ(HC)だった40代男性が2019年、未成年の部員に対する飲酒の強要や、頭につまようじを刺す暴行などを繰り返していたことがわかった。こうした問題行為は部内調査で認定されたが、処分や明確な謝罪がないまま「父親の体調悪化」を理由に今年3月中旬にHCを辞任したため、部員側から「隠蔽(いんぺい)された」と不満の声があがっている。

日大は18年に起きたアメリカンフットボール部の悪質タックル問題を受け、「学生ファースト」に立ち返った競技部改革を提唱したばかりだった。

この問題について部員らがまとめた報告書や、部関係者らの証言によると、東京都稲城市の学生寮で複数の部員らと同じ部屋に住んでいた男性はHCだった19年4~5月、未成年の部員に寮内で頻繁に飲酒を強要。アルコール度数の高い酒をストレートで一気飲みさせ、酔いつぶした。

同年8月に長野県・菅平高原で行われた合宿では、酒に酔った状態で恋愛について部員に指摘した際、耳や肩にかみ付いたり、顔を蹴ったりした。別の部員にはバーベキューの時に熱々のヘラを左上腕に押しつけてやけどを負わせたという。

複数の部員と焼き肉店に行った同年11月には、1人の部員の頭につまようじを7本刺した。店を出ても抜くことを許さず、部員はコンビニに立ち寄って寮に帰るまでそのままの状態だった。同様の行為は過去に複数回あり、部員は「HCの普段の行動から、やらなければ終わらないと感じ、痛かったが耐えた」という。

さらに寮内で、ささいなことから部員の尻を布団たたきで殴ることもあったという。また、飲酒強要が5月に部外に明るみに出ると、飲ませた部員に「チクったやつ殺してー」「友達のヤクザに犯人探させようかな」「家族全員にシャブ打って人生狂わせたいわ」などというLINEを送った。このLINEは部内で幅広く共有され、部員らは「底知れぬ恐怖」や「背筋が凍る思い」を感じてさらに前HCにおびえるようになったという。

引用元:Yahooニュース

日本大学ラグビー部のヘッドコーチは誰?名前や画像は?

暴行を行っていたヘッドコーチは誰だか分かっていません。

 

分かっているのは以下の情報のみです。

年齢40代の男性
少なくとも2019年4月にはヘッドコーチを務めていて、2020年3月中旬にヘッドコーチを辞めた。

 

辞めた理由は父親の病気らしいですが、今回の暴行事件の可能性が高いですね。

1月に部員が大麻所持の疑いで逮捕され、活動停止となった事件を機に設置された。トップのマネジャーには、ラグビー部副部長(日大医学部教授)が就いていた。

中野克己監督と平山聡司部長(日大松戸歯学部教授)によると、同マネジャーが被害に遭った部員や前HCから聴取して報告書の内容を事実と認定し、調査結果を監督や部長に伝えた。監督と部長は解任に値すると考えたが、直後に前HCから「父親の介護」を理由にした辞意を伝えられ、自己都合による辞任を受け入れたという。

引用元:朝日新聞

現在判明しているコーチ歴
2009年:加藤尋久さんがヘッドコーチに就任。
2015年:川松真一朗さんがヘッドコーチを代行。
2016年:中野克己ヘッドコーチ、伊藤武チーフコーチに就任。

その後詳しい任期は分かりませんが、伊藤武さん、森琢さんらがヘッドコーチを務めていたそうです。

問題のヘッドコーチの名前が明らかになっていません。

 

 

現在(2020年8月5日)、日本大学ラグビー部の公式サイト、公式ツイッターは見れない状態になています。(報道される前は見ることが出来た模様)

そのためヘッドコーチについて詳細を調べることができません。

 

公式サイトが見れないのは隠蔽の為でしょうか?

 

それとも報道を見て人が殺到するのを防ぐためでしょうか?

 

どちらにせよ日大の体質は2年前のアメフト問題から変わっていないようですね。

 

ヘッドコーチの名前も発表しない、部員への暴行も報道によって明らかになっています。

 

部員が告発しても隠蔽していたようです。

 

トップの体質が何も変わっていませんね。抜本的な改革を蔑ろにしてきたようです。

ヘッドコーチの名前は伊藤武?

2019年11月21日の記事にヘッドコーチ伊藤武という名前がありました

中野監督はコーチ陣を充実させてきた。流通経済大出身の伊藤武ヘッドコーチ、法政大出身の川邉大督FWコーチ、元NECで立命館大出身の森田茂希コーチと、日大出身ではない人を積極的に招聘(しょうへい)。昨年から日大出身の今田洋介コーチもスクラムの強化の一助を担っている。当然、すぐにいい結果が出るわけもなく、2016年は7戦全敗で8位となり、何とか入れ替え戦で1部に残った。チームが大きく変化したのは、大学側のバックアップもあって施設が充実した17年からのようだ。
引用元:4years.

またこちらの2019年2月15日の記事にも伊藤武コーチの名前があります。

伝統のパワフルなスタイルは忘れず、今は古豪復活のための改革として、柔軟なチーム作りを進める。外部の力を積極的に取り入れるのもその一環。伊藤武ヘッドコーチは流経大、川邉大督FWコーチは法大の出身だ。
ここ数年の間に、スポーツ日大稲城アスレティックビレッジと銘打つ施設を整えた。人工芝グラウンド、選手の体作りを支える食堂、ネット環境完備の学生寮などは最新鋭の設備。その環境に憧れて入学し、下級生でレギュラーを掴んだ選手も多い。

引用元:ラグビーパブリック

暴行していたヘッドコーチは伊藤武さんの可能性が高いです。

年齢は43歳のようです。

ツイッターでも伊藤武コーチではないかと言われています。

都稲城市の学生寮はどこ?

ヘッドコーチは東京都稲城市の学生寮で生徒と一緒に生活していました。

こんなヘッドコーチと一緒に生活とは部員の方は辛かったでしょうね。

 

「アスレティックヴィレッジⅡ」住所は東京都稲城市坂浜1382-1です。

寮のすぐ近くに日大グラウンドラグビー場があります。

こちらのサイトから確認できます

中も綺麗で設備もすごいですね。

部活に集中できるようになっていますね。

しかし、ヘッドコーチも一緒に住んでいたため、部員の方は日常の生活で気の休まる日がなかったでしょうね。

まとめ

今回は日本大学ラグビー部のヘッドコーチ、学生寮についてまとめました。

ヘッドコーチの方はもう辞めていますが、刑事責任も負わずに日大はこのまま終わらせるつもりでしょうか?

もしこのままこの問題を終わらせるなら、日大の体質は一生変わりませんね。

部員の為にもちゃんとした行動を取って欲しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました