中村吉右衛門の容態や病名は何?体調不良で休演や手術を受けていた

スポンサーリンク

歌舞伎俳優の中村吉右衛門さん(76)が28日午後8時半頃に東京港区のホテルで倒れ、心肺停止の状態で病院に運ばれていたことが報じられました。

そこで、今回は『中村吉右衛門の容態や病名は何?体調不良で休演や手術を受けていた』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

中村吉右衛門さんが倒れる

歌舞伎俳優の中村吉右衛門さん(76)が、28日、東京・港区のホテルで倒れ、心肺停止の状態で病院に運ばれていたことが分かりました。

関係者によりますと、歌舞伎俳優の中村吉右衛門さん(76)は、28日午後8時半ごろ、東京・港区にあるホテルのレストランで倒れ、病院に救急搬送されたということです。病院に運ばれた際、中村さんは心肺停止の状態だったということです。

吉右衛門さんは現在76歳で、1948年、4歳の時に初舞台を踏み、1966年に二代目中村吉右衛門を襲名。2011年に人間国宝に選ばれています。今年1月には、体調不良のため公演を一時休演し、その後、舞台に復帰していました。

吉右衛門さんは東京・歌舞伎座で行われている舞台に28日も出演していたということです。Yahooニュース

倒れたのは3月28日の午後8時頃です。港区にあるホテルのレストランで倒れ、病院に救急搬送されました。

病院に運ばれたときは心肺停止状態だったそうです。

中村吉右衛門の容態や病名は何?

倒れた原因や病名は報じられていませんが、関係の話だと「病院で療養中です」とのことです。各メディアは『現在入院中で、治療に専念されている』と報じています。

どうやら一命をとりとめたようです。まずは一安心ですね。

ただ、心肺停止はただ事ではないので、容態がよくなってくれることを祈るばかりです。

病名は不明ですが、中村吉右衛門さんは2019年「秀山祭九月大歌舞伎」と2021年1月の「寿 初春大歌舞伎」を一時休演していました。どうやら近年は体調不良に悩まされていたようです。

現在は復帰して東京・歌舞伎座で行われている舞台「楼門五三桐」に3月28日も出演していました。

手術を受けていた

中村吉右衛門さんは2020年秋ごろに手術を受けていたことが分かりました。

何の手術だったのかは分かりませんが、内臓系の手術だったという情報がネット上にはありましたが、真偽不明でした。

病名は不明ですが手術するほどの病気を患っていたみたいです。中村吉右衛門さんが倒れた事と2020年の手術が関係しているかは不明ですが、持病があったとすると容態が心配ですね。

世間の反応

体調不調を抱えていたそうだが、倒れた場所が、衆人のいるホテルのレストランで発見が早かった事が幸運を導いて、助かって元気に回復する事を祈ってます。

 

ホテルのレストランだからAEDはあるはずだ。救命処置が迅速に行われているはずだと信じたい。

 

状況的には心筋梗塞を疑われますが、近くにAEDとかあって蘇生処置が正しく行われれば助かる確率が飛躍的に上がるそうです。1人でいるときでなかったことが幸運だったと言える事を期待します。

 

昨夜8時に搬送されてもう12時間以上経過してこのニュースって事は、現在治療中で頑張っていらっしゃるという事なのでしょうね、そう信じて乗り越え元気になられる事をに祈ります。

タイトルとURLをコピーしました