成毛眞の経歴や評判|自公以外に投票ポスター入手法【顔画像】

スポンサーリンク

4度目の緊急事態宣言の発効、西村康稔経済再生担当相の問題発言(飲食店に金融機関から働きかけを促す)などから飲食店には厳しい状況が続いています。

そんな中、ネット上で拡散されているポスターが話題になっています。

拡散されているのは『自公以外に投票ポスター』というものです。

そこで今回は『成毛眞の経歴や評判|自公以外に投票ポスター入手法【顔画像】』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

自公以外に投票ポスター入手法

自公以外に投票ポスターの内容は、緊急事態宣言は不公平であり、政府の考えに納得できないというものです

「当店はしっかり感染防止対策をしています。不公平な『緊急事態宣言』には断固反対します。秋の総選挙では、自民党と公明党以外に投票します。お客様もご協力ください」

このポスターが飲食店に設置されたら政府も真剣に国民のことを考えるのではないかと期待が込められています。

政府から飲食店ばかりやり玉に挙げられているため、飲食店が起こるのは当然ですね。

このポスターが作られるきっかけとなったのは、元日本マイクロソフト社長・成毛眞氏のfacebookの投稿です。

成毛眞の経歴


成毛眞(なるけ まこと )氏は、日本の実業家です。

1955年9月4日生まれの66歳。

出身は北海道です。

1979年中央大学商学部卒業後、自動車部品メーカー等を経て日本マイクロソフト株式会社入社あします。

1982年:株式会社アスキーに入社、同年、株式会社アスキー・マイクロソフトに出向。
1986年:マイクロソフト株式会社(日本法人、以下MSKK)入社。OEM営業部長就任。
1990年:同社取締役マーケティング部長就任。
1991年:MSKK代表取締役社長。

2000年に退社し、同年5月に投資コンサルティング会社「インスパイア」を設立。

現在は、HONZ代表、スルガ銀行株式会社の社外取締役など様々な企業の取締役・顧問などを兼職しています。

早稲田大学客員教授も務めています。

 

自公以外に投票ポスター入手法

成毛眞氏の考えに堀江貴文氏も賛同。

堀江氏が外部講師を務める「堀江政経塾」塾長で、昨年の都知事選にも出馬していた斉藤健一郎氏も呼応し、同塾が主体的に動いています。

「東京の飲食店が統一ポスターなどを用意しないことが不思議だ」というご意見を拝見し、3種作りました。
「東京の飲食店が統一ポスターなどを用意しないことが不思議だ」というご意見を拝見し、早速ポスターのデザインを作成しました。このポスターが5万店の飲食店に設置されたら、政府も国民の事を真剣に考えるようになるかもしれません。そ ...

↑のサイトからポスターをダウンロード・ネットプリントできます。

自民党を倒すというよりは、真剣に国民の事を考え欲しいと政府に訴えるためのポスターとなっています。

成毛眞の評判

成毛眞氏はこれまでに多くの本を出版しており、最近では「2040年の未来予測」という本が好評のようです。

読者の感想では非常に読みやすく、内容はテクノロジーや最先医療、ベージックインカムから空飛ぶ車など多岐にわたっているとのこと。

Youtubeでも日本も未来について語った動画が投稿されています。

視聴者からは、

『成毛さんの話はほんとに引き込まれる。専門知識がない私はにもわかりやすくて助かる。』

『お話がとても勉強になります。』

と、概ね好評のコメントが多いようです。

世間の反応

自民党が強過ぎるがゆえに乱暴な政策が通ってしまう。

 

国会議員は収入が保証されているから庶民の痛みなどわからないんだよ。

 

私はこのポスターを支持します。

 

ろくなのがいない他よりマシだから与党に投票という考えかたはやめましょう。
与党に不満があれば権力側ではない方の中でマシな政党に投票しましょう。

タイトルとURLをコピーしました