無料食堂とは?金子友則は韓国人?悪意ある客がまるかつ店長の想いを踏みにじる

スポンサーリンク

今回は無料食堂について取り上げます。

奈良県奈良市でとんかつ店を運営する、『とんかつ店まるかつ』の店主金子友則氏は2018年に「まるかつ無料食堂」を開始しました。

「まるかつ無料食堂」とはお金がなくて困っている人に無料で食事を提供する食堂です。

本当にお金に困っている人のためのサービスですが、悪用するお客が増えていると話題になっています。

そこで今回は『無料食堂とは?金子友則は韓国人?悪意ある客がまるかつ店長の想いを踏みにじる』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

無料食堂とは?

無料食堂とは奈良のトンカツ店「まるかつ」(奈良市神殿町)の店主:金子友則氏が2018年に始めたサービスです。

私は、お金で困っている人に頼まれてお弁当を差し上げていたことがあります。その人は、甘えてしまったのか要求が少しずつエスカレートしていったので、さすがに注意したら、お店にほとんど来なくなりました。別の人で、後日きちんとお金を払ってくれた人もいました。本当に意味のあること、その人の役に立つことができたのか、今でも私にはわかりません。もっと私が勉強していたら、別の方法でその人を助けることができたかもしれません。

今の私は、正直、自分のお店のことで精一杯です。2店舗目も、3店舗目も出していきたいという夢もありますので、これからもしばらくは余裕などないと思います。でも、それを理由にあまり負担にならない範囲での出来ることすらしないのもどうかな、といろいろ考えましたので、とりあえず、自分が出来る範囲のことをやらせていただきます。

「まるかつ無料食堂」を実施するにあたっては、私の一人よがりにならないように信頼できる人に相談しました。もしかしたら、私の想像力を超えた迷惑がどなたかにかかるかもしれませんので。たとえば、ほかの飲食店さんに無料で食事させろ、とか。もちろん、そういう風潮になることも望んでいません。

各地の「子ども食堂」の現実、孤食が原因のさまざまな社会問題などがあることなど、まだまだ浅いですが私なりに勉強しました。子どもだけではなく、大人、高齢者の貧困なども問題視されています。自助努力が足りないと切り捨てるほど社会はまだちゃんとは出来ていないはずです。どうにかしようと本当にたくさんの人が努力されています。こんな私でも、きっと何もしないよりはいいかもしれないと思いました。今ある社会のセーフティーネットで拾いきれないことが、無料食堂で拾えるかもしれませんし。

料理人としては、食べていただけることは掛け値なしにうれしいことです。お腹が落ち着けば元気も出るかもしれませんし、少しは前向きな気分になれるかもしれません。他人を信頼して頼ってみようという気持ちになるかもしれません。その最初の一歩になったりできたらうれしいです。スタッフも同じ気持ちでいてくれると思っています。お客さんにも理解してもらえると思っています。

いつまで続けられるかわかりませんし、だれの役にも立てないかもしれませんし(困っている人がいないということですからその方がいいですけど)、どうなるかわかりませんが、皆さまのご理解をお願いします。長々と言い訳がましくすみません。真意を説明しておく必要があると思ったからです。

もちろん子どもだけではなく、大人でも構いません。まるかつ無料食堂は364日(たぶん)営業しています。もしよかったら、いざというときのために心のどこかに置いておいてください。

今日の奈良は気持ちいい晴れです。おかげさんで「まるかつ」にも多くのお客さんが来てくださっています。ありがとうございます!みなさんの気持ちも明るく晴れますように!

2018年5月4日 「まるかつ」店長 金子友則

まるかつ公式サイト

店主の金子友則氏は純粋に困っている人のためにトンカツを食べさせたいという思いで無料食堂を始めています。

現在まで3年ほど続けてこられ、困窮した親子や学生が利用してるそうです。

数十円の食費すら支払えない人も多く、半額サービスなどではなく、完全無料となっています。

この金子友則氏の純粋な想いを踏みにじる客が2021年春から増えいているようです。

悪意ある客がまるかつ店長の想いを踏みにじる

金子友則氏の話によると、最近元気でお金もある印象の人を中心に高額弁当を大量注文する客が増えているようです。

見た目で人を判断するのは難しいですが、利用客の中に元気でお金もある印象の人が多いそうです。

「無料で食べられるんですか?やったー、ラッキー!」
「友達も無料で食べたと言っているから自分も!」

というような軽い感じの印象を受けるお客さんも多く、なかには「高速乗ってわざわざ来たんだから早くして!」と店員に迫る利用者もいるそうです。

こうした注文は約2カ月間で200食近くに上るそうです。

今年の春からこのような悪意を持った利用客が増えたそうですが、Youtuberに無料食堂が取り上げられたことが要因になっているのではという噂もあります。

実は2021年3月にタケヤキ翔さんというYoutuberが無料食堂について動画を投稿しています。

その動画のサムネとタイトルが無料で「まるかつ無料食堂」を食べ放題だと勘違いし人が増えたのではという噂に。

この件に関してタケヤキ翔さんは謝罪しています。

現在はタイトル・サムネを変更していますが、最初に投稿されたときは、公開された動画のサムネには「0円で食べ放題」という文字が掲載されており、無料食堂の趣旨を誤解されるものでした。

ただ、動画の内容はちゃんとしたもので店主の金子氏にインタビューもしていました。

また、他にも無料食堂についてYouTubeに動画を投稿している方もいるため、タケヤキ翔さんの責任というわけではないようです。

金子友則は韓国人?


名前:金子友則
生年月日:1976年 年齢45歳(2021年5月現在)
出身:奈良県

金子友則氏について調査するとサジェストに『韓国』というワードが出てきます。

そこで、金子友則氏についてプロフィール・経歴を調査しましたが、韓国人という情報はありませんでした。

金子さんの顔立ちが韓国人に似ていることからネットで検索されていると考えられます。

金子友則氏は高校を卒業後、焼き肉店に17年間勤めます。

2014年に焼き肉店を退職してとんかつ店『まるかつ』をオープン。

しかし、当初は営業が上手くいかず、順風満帆というわけではありませんでした。

何度か経営危機に陥りますが、「美味しいとんかつで人に喜んでもらうこと」という原点に返り、料金やPRの方法を変更。

正直すぎるチラシなどが評判を呼ぶようになりお店は立ち直りました。

逆転人生にも出演された経験があります。

世間の反応

店主さんは本当に優しい素晴らしい人だけど、悪い事、自分の事しか考えてない人間はいるんだよなぁ。

 

もし、本当に困ってないのに食べに来てるなら、心が貧しい人ですね。
本当に困ってる人が利用出来なくなるのも辛いですし、スタッフさん達も憤りを感じるでしょうね。

 

最低で最悪…こんな事をする奴ほどなんとかして見つけだして晒されてほしいわ。
悪さをして良い場所などないが、こんな善意の人を騙すのだけは絶対してはダメだよ!
やる気なくすだろうね…

 

人の善意を踏みにじるようなことをしてると、回り回って、本当に自分が困り果てた時に助けが得られなくなる。

タイトルとURLをコピーしました