村上清(いじめ紀行ライター)の顔や経歴(クイックジャパン:太田出版)【小山田圭吾】

スポンサーリンク

小山田圭吾氏のいじめ告白問題が連日話題にあがっています。

小山田圭吾氏の過去のいじめ告白が、

『ロッキング・オン・ジャパン』(1994年1月号)

『クイック・ジャパンvol.3』(1995年7月)

この2冊に掲載されました。

7月18日に『ロッキング・オン・ジャパン』のロッキン・オン・ジャパン」の山崎洋一郎編集長が謝罪しました。

クイックジャパンの村上清は謝罪しないのかと話題になっています。

そこで今回は『村上清(いじめ紀行ライター)の顔や経歴(クイックジャパン:太田出版)【小山田圭吾】』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

クイックジャパン:いじめ紀行のインタビューアは村上清(いじめ紀行ライター)

クイック・ジャパンでは『いじめ紀行』と題し、22ページにわたって小山田圭吾が武勇伝のようにいじめをしていたことを告白しています。

村上清という名前の記載があります。

いじめ紀行という企画を立て、小山田圭吾氏にインタビューしたのは村上清というライターだったようです。

ちなみにQuickJapan編集部公式サイトの紹介ツイートがまだ残っています。

村上清の顔や経歴(クイックジャパン:太田出版)

村上清さんの顔画像や経歴について調査しましたが、詳しいことは不明でした。

『クイックジャパン』の情報によれば、村上清氏は1971年生まれとのこと。

現在、50歳前後ということになります。

村上清氏はいじめ紀行が掲載されていた当時、いじめは救いがないことを含め『エンターテイメント』と話していたそうです。

記事全文を確認できていないため、発言の真意は不明ですが、ちょっと理解できないですね。

現在、村上清氏がどうなっているのか気になりますね。

ツイッターの情報ですが、現在も太田出版に在籍しているとのこと。

クイックジャパンのWikipediaの歴代編集長の欄に村上清という名前の記載がありました。

ただ、本当に村上清氏が本当に太田出版に在籍しているかは不明でした。

小山田圭吾といじめ被害者を対談させようとしていた

小山田圭吾氏のいじめ紀行で、村上清氏は小山田圭吾といじめ被害者を対談させようとしていました。

この対談の企画は実現しませんでしたが、いじめ被害者の家族に取材しにいくとは信じられないですね。

このいじめ紀行という企画は全部で5回で終わっているため、当時批判もあったのかもしれませんね。

インタビュー内容

世間の反応

しかし、この壮絶な障害者いじめ問題のキーパーソンは”もう1人”…
クイック・ジャパンでインタビュアーを務めた村上清氏…
ロッキンオン誌に掲載された”いじめ自慢”に触発されて「いじめ紀行」なる記事を連載。

 

村上清って人は謝罪はしないの?

 

村上清のいじめ紀行
つう記事の企画自体なんなん?

 

クイック・ジャパンの村上清は何やってんだろね。

タイトルとURLをコピーしました