宮本晴代:クライシスアクターは別人でデマ|学歴や年齢【京王線:画像】

スポンサーリンク

今回はTBSニューヨーク支局特派員の宮本晴代さんについて取り上げます。

宮本晴代さんは記者ですが、クライシスアクターではないかと言われています。

そこで今回は『宮本晴代:クライシスアクターは別人でデマ|学歴や年齢【京王線:画像】』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

宮本晴代の学歴や年齢

宮本晴代さんはTBSニューヨーク支局特派員として働く記者です。

1983年アメリカ生まれの38歳です。

小さい頃から、ニュースを見たり新聞を読んだりすることが好きだったそうです。

高校2年生の時にハンガリーに留学をした経験から、「将来記者になりたいと」思うようになります。

上智大学ではドイツ語学と国際関係学を学び、海外で起きていることを伝える記者になりたいと、、TBSテレビ報道局へ入社。

社会部警視庁担当記者や「News23」、「報道特集」ディレクターなどを経験し、2017年9月からニューヨーク支局で勤務しています。

「絶対にニューヨークなどの海外支局で仕事をする」という夢をノートに書くほどの熱意で、入社当時から「海外に行きたい」と上司や周りにずっと言い続けていたそうです。

宮本晴代の学歴についてですが、大学は上智大学出身と明らかになっていますが、高校以前の学歴は不明でした。

宮本晴代:クライシスアクターは別人でデマ

宮本晴代氏についてですが、クライシスアクターではないかという噂があります。

クライシスアクターとは、救急隊員、消防隊員、警察官などの訓練のために災害や事件の被害者役で参加する俳優やボランティアを指す言葉です。

陰謀論者によって実際の事件や被災地などの被害者・被災者も全て役者であり、
事件や災害は仕組まれていたものだとする主張されることがあり、

宮本晴代さんがクライシスアクターではないかといわれています。

その理由は宮本晴代氏に似た人物が度々メディアで取り上げられているからです。

ただし、これは陰謀論で、宮本さんが自身の素性を隠してメディアに出演しているのは全くデマです。

証拠もありません。

コロナ関連や、先日の京王線刺傷事件の現場にもいたと言われていますが、

そもそも、宮本晴代氏は現在、ニューヨークにいるので別人です。

タイトルとURLをコピーしました