宮本武文の顔画像やwiki成績|現在の経歴や逮捕歴

スポンサーリンク

交際女性の顔を殴ったとして、元巨人の投手:宮本武文容疑者(31)が逮捕されました。

逮捕容疑は23日午前3時50分ごろ、和歌山市内の交際女性宅で、女性の顔を拳で2回殴った疑いが持たれています。

宮本武文容疑者は過去にも風営法違反容疑で逮捕されるなど、逮捕歴は5回となっています。

スポンサーリンク

宮本武文の顔画像やwiki成績


名前:宮本武文(みやもと たけふみ)
出身地:和歌山県和歌山市
生年月日:1990年8月11日
身長:183cm
最終学歴:倉敷高等学校
投球・打席:左投左打
ポジション:投手
プロ入り 2008年(ドラフト2位)
現役:読売ジャイアンツ (2009 – 2012)

 

宮本武文は和歌山県出身の元プロ野球選手です。

小学校から野球を始め、中学時代には世界大会の代表に選出。

倉敷高校時代は甲子園には行けませんでしたが、エースとして活躍。

2008年にドラフトで2位指名を受け、2009年に読売ジャイアンツに入団します。

最速146km/hのストレートに、スクリュー・スライダー・カーブ等を投げ分ける大型左腕として期待されますが、2009年度は2軍で投球回数は6回。

成績は9被安打で、自責点は5点。防御率は7・50。

 

2010年度は2軍でも登板できず、2010年シーズン終了後に自由契約となるが、育成選手として再契約。

 

翌2011年度は投球回数21・1回で1勝1敗。

自責点12点で、防御率は5・06という結果に終わります。

 

12年シーズン終了後、球団から来季の契約を結ばないことが発表され、結局、一度も一軍の試合に登板できないまま現役を引退となりました。

素行が悪かったという報道などはないため、実力で切られたと考えられます。

引退後の活動は不明でしたが、地元和歌山に戻り、飲食店の経営などをしていました。※詳しくは後述

スポンサーリンク

現在の経歴や逮捕歴

宮本武文はこれまでに逮捕歴が5回ありますが、どれも2020年に入ってから逮捕報道が出ていました。

デイリー新潮によると、マスコミが報じたのは2回目の逮捕からだったみたいです。

 同じ日刊スポーツが2月28日の紙面に掲載した「巨人元ドラ2宮本武文容疑者逮捕」をご覧いただきたい。

《他人名義で営業許可を受けたラウンジを経営したとして、和歌山東署は27日までに、風営法違反(無許可営業)などの疑いで和歌山市のラウンジ経営宮本武文容疑者(29)ら男3人を逮捕した。宮本容疑者はプロ野球巨人の元投手で、逮捕は2回目》(註:原文には写真説明の記載があったが、削除した)

3回目の逮捕は、デイリースポーツ(電子版)が報じた。3月19日に「元巨人選手が3度目の逮捕 ラウンジ無許可営業で」の記事が配信された。

これらの報道をまとめると、宮本容疑者は今年2月上旬、まず風営法違反容疑で逮捕された。そして同月下旬には、18年7月から今年2月などに、他人名義のラウンジを経営した容疑で逮捕された。

3月に入ると、今年1月から2月にかけて、同じように他人名義のラウンジを経営した容疑で逮捕された。そして5月に冒頭でご覧いただいた通り、暴行容疑で4回目の逮捕となったわけだ。

デイリー新潮

 

宮本武文さんは、2020年2月に客引きでの風営法違反の疑いで逮捕(おそらくこれが1度目の逮捕)

同年2月にラウンジ無許可営業による風営法違反の疑いで逮捕(2回目)

同年3月にラウンジ無許可営業による風営法違反の疑いで逮捕(3回目)

同年5月に傷害容疑で4回目の逮捕(4回目)

2021年10月に交際女性の顔を殴ったとして暴行容疑で現行犯逮捕(5回目)

 

宮本武文の逮捕歴は2018年7月~2021年10月までの間に、

風営法違反で3回
傷害で1回
暴行で1回

の計5回となっています。

 

4回目の逮捕の時には『和歌山市の繁華街で男性に暴行したとして、傷害の疑いで和歌山市の無職宮本武文容疑者』と報じられており、

5回目は『和歌山北署は23日、交際女性の顔を殴ったとして暴行容疑で、プロ野球巨人の元投手で無職の宮本武文容疑者(31)=住所不定=を現行犯逮捕』

と、どちらも『無職』と報じられています。

現在は和歌山県で生活していたみたいですが、仕事はしていなかったみたいです。

 

 

引退後の宮本武文の生活・仕事については長らく不明でしたが、2019年に笠原将生のYouTubeチャンネルにゲスト出演。

 

動画では、引退後は地元の和歌山県の一般企業で勤務していたが後に退職。

その後は和歌山市内で飲食店を4店舗展開していることを明かしていましたが、2020年からは無職。

風営法違反で逮捕されたのが影響しているかもしれません。

 

動画の内容
・巨人入団時の契約金は7500万円(推定6000万円と報じられていた)
・引退後は地元和歌山県の花王工場で働いていたが、半年で退職。
・キャバクラ・ラウンジで働き、飲食店経営に興味を持つ。
・和歌山で4つの飲食店を経営。

 

巨人の2008年のドラフトですが、なかなか悲惨ですね・・・

13年前のドラフトなので、今も活躍している選手が少ないのは当然といえば当然ですが・・・橋本到選手も2019年に引退してるので、大田泰示選手(現日ハム)しか残っていませんね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました