【三崎優太】なぜ自殺を仄めかす??顔画像・経歴・結婚|ツイート内容

トレンド
スポンサーリンク

青汁王子こと三崎優太さんが自殺を仄めかすコメントと音声を21日未明にTwitterに投稿し、心配の声が相次いでいます。

スポンサーリンク

三崎優太の顔画像・経歴

名前:三崎優太(みさきゆうた)
生年月日:1989年3月29日 31歳
身長:181cm
出身地:北海道札幌市
学歴:全日制高校中退。通信制高校に編入するも中退

経歴:18歳の時札幌でメディアハーツ創業

   女性向けの青汁商品(「すっきりフルーツ青汁」)がヒット

   青汁等健康食品の通信販売で成功

   メディア等に積極的に出演

   2017年の売上120億円

   2019年2月脱税で逮捕。

三崎優太さんが企業するきっかけとなったのがアフィリエイトです。

高校3年生の時に「お金を稼ぎたい」と考えていた時、たまたま書店で手に取った1冊のアフィリエイトの本を手にしたのが始まりです。本を徹底的に読み込み高校卒業後すぐに月収400万円を達成します。

節税対策のために「メディアハーツ」を立ち上げます。

節税対策のために会社を設立するとは意外な目的ですね。やっぱり稼ぐ人は一般人とどこか思考が違います。

18歳から企業し10年以上も「メディアハーツ」を存続させ、実業家として成功して、社会的地位も確立していました。

しかし、2019年に脱税容疑で逮捕されます。

現在は、若手経営者への多岐にわたる事業支援を精力的に行う実業家として活躍しています。

また脱税の「贖罪」としてフォロワーに寄付したり、SNSでの誹謗中傷を撲滅するための基金を設立したりと社会貢献活動を行っています。

自殺を仄めかす

2020年9月21日に自殺を仄めかすツイートを投稿。

音声動画では「犯罪者はこの世で生きてちゃいけません 生まれ変わったらまた日本で生まれて社会貢献をしたいです」暗く、悲しそうなトーンで喋っています。

なぜ自殺を仄めかすツイートを?

日刊ゲンダイは三崎裕太さんが反社と繋がりがあると9月1日に報じました。

この報道に対して三崎優太さんは事実無根であると抗議しています。

「日刊ゲンダイ」は、本年9月1日付紙面(デジタル版を含みます)において、「青汁王子のマズイ素顔 反社との関係発覚」と題する記事(本件記事)を掲載しました。これに対し、三崎氏から弁護士を通じるなどして、弊社に抗議がありましたが、本件記事は、十分な裏付け取材に基づくものであり、その内容には弊社として自信をもっております。

 三崎氏は、本年9月9日、自身のYouTubeに、「日刊ゲンダイに嘘の記事を書かれたので倍返しで撃退した」というタイトルの動画を投稿し、その中で、本件記事を事実無根としています。

 また、三崎氏は上記動画において、弊社の広告スポンサー企業向けの媒体資料を引用して、「企業にお金を出してもらう」広告と、編集部の記者が取材して書く編集記事を混同し、「日刊ゲンダイはカネをもらって記事を書く悪徳メディアである」と吹聴し、本件記事についても第三者が「カネを払って書いた」と主張しています。

 しかし、弊社が、本件記事のように、編集部の記者が取材して書く編集記事において、「カネをもらって記事を書く」ということは断じてありません。

 新聞における広告と、編集記事とは明確に区別されており、三崎氏の上記主張は、明確な事実誤認に基づくものであり、弊社に対する重大な名誉毀損を構成するものです。

 このように、弊社は、報道機関として、三崎氏の上記主張を看過することはできませんので、三崎氏に対して、厳重に抗議するとともに、読者の皆さまにお知らせいたします。

日刊ゲンダイ

三崎さんの抗議に対して日刊は「十分な裏付け取材に基づくものであり、その内容には弊社として自信を持っている」と対立しています。

ネットでも三崎さんと日刊の対立が原因で自殺を仄めかすようなツイートをしたのではと話題になっています。

現在、三崎優太さんの安否は不明で、ツイッターでは心配の声が多数あります。

詳細が分かり次第追記します。

結婚はしている?

三崎優太さんは独身です。

2019年には数年ぶりに彼女が出来たとインスタで報告しています。

交際も順調でしたが、彼女と大喧嘩したとインスタで報告します。

原因は金銭感覚のズレです。三崎さんは逮捕後に4億円の借金があり、金銭的に苦しかったみたいです。

結局彼女とは破局します。

炎上商法?

ツイッターでは三崎優太さんを心配する声が多いですが、炎上商法ではないかと疑う声も一部あります。

9月20日にYoutubeに自身の本の宣伝動画を挙げており、自殺するような雰囲気ではなかったからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました