丸岡いずみの若い頃の画像|子供の年齢や親権を持たない理由はうつ病?

スポンサーリンク

有村昆さんと丸岡いずみさんが離婚したと報じられました。

有村昆さんは今年5月に不倫未遂を報じられ芸能活動を自粛していました。

これが理由で離婚に至ったのかもしれませんね。

2人の間には息子さんが一人いますが、親権は有村昆さんが持つそうです。

そこで今回は『丸岡いずみの現在や若い頃の画像|子供の年齢や親権を持たない理由はうつ病?』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

丸岡いずみの現在

丸岡いずみさんは現在フリーアナウンサーという肩書ですが、息子の育児もあり、仕事をセーブしている状況でした。

有村さんが芸能活動自粛してしまったため、一家は大きな収入減となり大変だったと思います。

丸岡いずみさんの現在の画像です。

2020年2月頃の画像です。

当時の年齢は48歳ですね。

50手前とは思えなくらい美人です。

残念ながら2021年の画像は見つかりませんでした。

一家3人の画像で幸せそうですが、離婚してしまいましたね・・・

丸岡いずみの若い頃の画像

丸岡いずみさんは 1971年8月6日生まれの現在49歳です。

北海道文化放送アナウンサー、セント・フォース所属のフリーキャスター、日本テレビ報道記者・キャスターを経てフリーアナウンサーとして活動中です。

日本テレビ時代には読売テレビの『情報ライブ ミヤネ屋』のニュースコーナーに出演し、「奇跡の38歳」と呼ばれ有名でした。

「奇跡の38歳」と呼ばれた丸岡いずみさんの若い頃の画像が気になりますね。


こちらは18歳の時の卒アルの画像です。

かわいいですね。

こちらが北海道放送局時代の画像です。23歳の新卒のときですね。

そしてこちらが「奇跡の38歳」と呼ばれていた頃の丸岡いずみさんの画像です。

ずっとかわいいですね~

丸岡いずみさんは美人な上にスタッフからは「タフで病気知らず」として知られていましたが、2011年の東日本大震災の取材後に体調を崩されます。

現地取材で惨状を目の当たりにして心のバランスを崩し、うつ病と診断されてしまいます。

震災の爪痕を目の当たりにして相当ショックだったみたいです。

当時、丸岡さんに思いを寄せていた有村さんは、映画のDVDを贈ったり、うつ病に関する専門書を読み込んで彼女と接したりと、あらゆる面で彼女を支えます。

そして2人は2012年に結婚します。

2度の流産を経験し、不妊治療の末ロシアに渡り、2018年1月6日に代理母出産で待望の第1子が誕生します。

うつ病も回復し、2014年にメンタルヘルスカウンセラーの資格を取得。うつ病に関する講演も行っています。

こちらは2018年の丸岡いずみさん画像です。

40代後半の時の画像ですが相変わらず美人ですね。

子供の年齢や親権を持たないのはうつ病が理由?

有村昆さんと丸岡いずみさんが離婚することになりましたが、子供の親権を持つのは父親の有村昆さんだと各メディアが報じています。

子供の年齢は3歳で、日本だと母親が親権を持つのが一般的ですね。

 

離婚理由は不明ですが、今年の5月に有村さんは不倫未遂を報じられています。

離婚を離婚を切り出したのは有村さんで丸岡さんがそれを受け入れたそうです。

世間からは『なぜ不倫(未遂)をした有村さんが、親権を持つのだろうか。』と疑問の声もありますが、丸岡さんの精神状態がよくないのかもしれないですね。

有村さんの不倫未遂報道後、丸岡さんはショックを隠しきれず、錯乱しているような状態とポストセブンが報じています。

 現在の丸岡さんは、次々と明らかになる有村さんの女性関係に、『ここまで酷かったのか』とショックを隠しきれず、錯乱しているような状態だそうです。センシティブな性格の彼女だから、簡単には許せないでしょう。未遂とはいえ、夫婦関係の修復は非常に難しいと思います」

うつ病を患った過去があるので再発の恐れもあるため、丸岡さんの希望により、親権は有村さんが持つことになったのかもしれません。

離婚のコメントでは、「私たち二人にとって子供はかけがえのない宝ですので、今後とも協力して子育てにあたっていく所存です」とあるので、離婚はしますが子育てには丸岡さんも協力されることになります。

一先ず丸岡さんにはゆっくり休んで欲しいですね。

世間の反応

 

親権が有村氏なのは、丸岡さんが鬱病の既往があり、もしかしたら…..

 

 

 

やっぱり丸岡さんの状態が良くないんだろうな。
だから有村から離婚で解放してあげようと思ったんじゃないかな。

 

丸岡いずみさんのファンです。この選択良かったと思います。

 

代理母出産までして…
本当に二人の子供が欲しくて頑張ったんだろうに
可哀想過ぎる

タイトルとURLをコピーしました