マハラージャンwiki経歴|年齢や本名は?【星野源:モエチュウ】

スポンサーリンク

シンガー・ソングライター、マハラージャンが一発勝負で歌を収録するYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」に初出演することになり話題になっています。

マハラージャンは今年3月にメジャーデビューしたばかりの謎の多い人物です。

そこで今回は『マハラージャンwiki経歴|年齢や本名は?【星野源:モエチュウ】』というタイトルで正体を調査していきます。

スポンサーリンク

マハラージャンwiki経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

Maharajan(@moechu4)がシェアした投稿

マハラージャンさんはシンガー・ソングライターです。

元会社員で今年3月にメジャーデビューしたばかりです。

社会人になって感じた強烈な劣等感や理不尽な仕打ちを題材にした歌詞をダンスナンバーに乗せる 『スパイス × ダンスミュージック』という現在のスタイルにいきつきます。

社会人なら共感必至のシニカルなリリックが病みつきとなり、音楽ファンの間で人気急上昇中となっています。

2019年11月に、作詞・作曲・編曲・演奏まで一人で手がけたデビュー作「いいことがしたい」をリリース。

2020年4月に、2nd EP「ちがう」をリリース

少し前までは会社に勤めていたそうですが、マハラージャンに専念するために現在は会社を辞めています。

モエチュウという名で星野源のラジオのハガキ職人だった

マハラージャンさんの正体は『モエチュウ』さんという星野源さんのラジオのハガキ職人として有名でした。

2018年12月に行われた星野源のオールナイトニッポン・第132回「星野源アワード2018」では「ねぇ、ねぶって」という楽曲が音楽部門の最優秀ジングル賞を受賞しています。

モエチュウの名前の由来は『燃える中途採用』の略です。

マハラージャンことモエチュウさんは大学卒業後に大学院に進学。

社会人になってからはCM制作会社やWEB広告代理店に勤務します。

社会人の傍ら音楽活動を続けていました。

2019年にマハラージャンとしてリリースした『いいことがしたい』が話題になり有名になります。

『マハラージャン』という名前の由来は、所属事務所「油田LLC」に声をかけてもらったときに、自分は表に出てやりたいと話したところ、

「じゃあ油田なんでマハラジャでどうですか?」

「いいね」

となりマハラージャンになったそうです。

かなり簡単に名前が決まってしまったみたいですね。

年齢や本名は?

マハラージャンさんは年齢や本名は非公表となっています。

年齢については35歳前後だといわれています。

こちらのツイートが2019年で33歳なので、現在は35歳前後ですね

マハラージャンの生い立ちや学生時代について

マハラージャンさんは小4からトランペットを開始。

中学生のときは吹奏楽部に所属。

「3年生を送る会」で全校生徒の前で「テキーラ」という曲でアドリブソロを吹いたとき、生徒たちが立ち上がって歓声を上げます。

この経験が嬉しく、音楽を意識し始めたそうです。

高校ではバンド活動を経験。

大学は音大に進学したかったそうですが、ピアノが弾けなかったということもあって、理系のの大学に進学します。

大学ではダンスをやったり、クラブに行った経験からダンス・ミュージックに憧れがあるそうです。

また、音大に行った先輩に、どうしたら音楽をやれるようになるかを聞き、

「とにかくたくさん聴け」と言われ、図書館やTSUTAYAを利用して、多くのジャンルの音楽を聴いていたそうです。

世間の反応

マハラージャン一気に来てるな

 

え、マハラージャン今夜のファーストテイク出るの!
ちょうどリピートし始めてたところだからタイミングが最高

 

マハラージャンさんついにファーストテイクまで来ちゃったよヤベェ…

 

マハラージャンすごいな!
時代が追いついてきた!!

タイトルとURLをコピーしました