倉本一真の父親や母親は?高校・大学はどこ?|登坂絵莉との馴れ初めは?

芸能人
スポンサーリンク

リオ五輪・女子レスリング48キロ級金メダリストの登坂絵莉選手と総合格闘技の倉本一真選手が結婚されました。

 

結婚相手の倉本一真選手の詳しい情報がなかったため倉本選手について調べていきます。

 

倉本選手の父親、母親、経歴、身長・高校・大学、馴れ初めについてまとめていきます。

スポンサーリンク

登坂絵莉さんと倉本一真さんが結婚

 

この投稿をInstagramで見る

 

eri tosaka(@eri_tosaka)がシェアした投稿

登坂選手の笑顔が素敵ですね。

試合中に見せる顔とはまた別ですね。

2人とも幸せになってほしいですね。

2人の馴れ初めは?

「リオオリンピック後、怪我でなかなか思うような練習ができない日々が続き、気持ちが落ちていた時、良き理解者としていつも支えてもらい、前を向くことができました。そして時間を過ごす中で、これからの人生も共にしていきたいと思うようになりました」と結婚に至った思いを伝えた。

結婚報告で「リオオリンピック後、怪我でなかなか思うような練習ができない日々が続き、気持ちが落ちていた時、良き理解者としていつも支えてもらい」とあります。

 

リオオリンピック後なので2016年から親しい関係になったようです。

 

交際歴は3年くらいになりますね。

 

倉本さんは総合格闘技の選手ですが、高校時代はレスリングをやっていたということで、登坂選手を支えることができたんですね。

レスリングを通じて知り合い、交際に発展した可能性が高いです。

倉本一真のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kazuma Kuramoto 倉本一真(@kazumakuramoto)がシェアした投稿

プロフィール

本名:倉本一真(くらもと かずま)
倉本一真(くらもと かずま)
生年月日:1986年10月29日 33歳
出身地:滋賀県
身長:163cm
国籍:日本
所属:修斗GYM東京

高校は滋賀県にある日野高校。高校卒業後は拓殖大学へ進学。山梨学院大を経て自衛隊へ入隊。

 

高校時代からレスリングで数々の成績を残し、2012~14年の全日本選手権グレコローマン60・59kg級では優勝。

 

レスリングから総合格闘技へ転身。

 

小学校の頃は空手を習っていたそうで、子供の頃からずっと格闘技を続けてこられています。

 

レスリングも登坂選手よりも強いかもしれませんね。

家族構成(父親・母親)

倉本一真選手の両親については調べましたが、情報がありませんでした。

インスタの投稿から姉の存在が確認できました。

お姉さんの子供を抱いている姿です。親子に見えますね。

その血は強いとコメントされており、倉本家は格闘一家かもしれませんね。

登坂絵莉のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

eri tosaka(@eri_tosaka)がシェアした投稿

プロフィール

本名:登坂絵莉(とうさか えり)
生年月日:1993年8月30日 26歳
出身:富山県

小学3年生からレスリングを始め、2016年リオ五輪の48キロ級で金メダルを獲得。

2019年12月の全日本選手権の準決勝で破れたため、東京五輪の代表選考から落選しています。

次のパリオリンピックに向けてどうするかまでは考えていないそうです。

更新中

コメント

タイトルとURLをコピーしました