熊田曜子の元カレXは誰でプロデューサー?メールの内容がヤバイ!

スポンサーリンク

不倫疑惑やDVで注目されている熊田曜子さんと夫ですが、文春が熊田曜子さんが元カレとトラブルになっていたと報じ話題になっています。

そこで今回は『熊田曜子の元カレXは誰で社長やプロデューサー?メールの内容がヤバイ!』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

熊田曜子が元カレとトラブル

熊田さんが夫と知り合う直前まで交際していたX氏が取材に答えています。

熊田さんと元カレX氏はとは2010年4月頃から2011年2月頃まで1の0カ月ほど交際し、その間は何度も熊田の家を訪れ、メールで頻繁にやり取りしていたそうです。

2人の馴れ初めはですが、元々2人は仕事関係だけの付き合いだったそうです。

「彼女とはそれまで仕事だけの付き合いでしたが、食事をして遅くなったときに、『家にくれば?』と誘われました。母親と住んでいたのは知っていたので、何もないだろうと中目黒のマンションに付いて行き、床で寝ようとしたら『そんなとこにいないで、こっちに来たら』とベッドに呼ばれて。背中を向けていたら抱き着いてきたので、そのまま身体の関係を持ち、交際が始まりました」

熊田曜子さんと分かれるきっかけになったのは熊田曜子さんの携帯を元彼X氏が見たことがきっかけです。

熊田さんの携帯には有名企業の社長や、民放のディレクターらとの親密なやり取りがあったそうです。

X氏は熊田曜子さんを問い詰めますが、熊田んは警察に駆け込みます。

元カレX氏は警察から熊田曜子さんに近づかないように警告を受けます。

現在の熊田夫妻の状況と似たようなことになっていたみたいですね。

元カレX氏はストーカーだった?

熊田曜子さんの所属事務所は今回の文春の報道について、以下のように回答しています。

「(X氏について)目黒警察へ被害相談した事実はございます。熊田に対しストーカー行為を行っていたため、当該ストーカー行為について被害相談を行ったもので、ご質問にあるように交際相手に浮気を疑われた等を理由とするものではございません。なお、今から約5、6年前に、X氏から熊田の夫であるA氏(回答は実名)に対し、Facebookのメッセンジャーでコンタクトがあったことから、その際には高輪警察署に相談し、高輪警察署からX氏に対し、熊田への接近を禁止する措置をとってもらったとのことです」

X氏に警察からの接近禁止措置の内容については、次のようになっています。

「2019年1月24日に警察から警告書が送られてきました。そこには『平成22年5月頃から●●(熊田の夫の苗字)曜子と交際をしていたが、平成23年2月頃、同女から以降の交際を拒否された上、同月27日、警視庁目黒警察署の警察官から以後同女に関わらないように口頭警告を受けたにもかかわらず、同女使用の携帯電話機にSNS「Instagram」を使用し、連続してメッセージを送信するつきまとい等をしていたものである』と警告の理由が書かれていました」

これが事実なら元カレX氏に非がありますが、真相は不明です。

熊田曜子の元カレXは誰でプロデューサー?

熊田曜子さんのも元カレXが誰なのか気になりますね。

元々は熊田さんとは仕事関係の間柄でした。

熊田曜子さんは以前、『枕営業と言われても全く気にならない』と公言していました。

仕事をもらうために番組プロデューサーと仲良くしているという噂もありました。

熊田曜子のスゴ過ぎ“枕営業”伝説! ただ1人だけ断った大御所芸人の実名 (2021年6月2日) - エキサイトニュース
タレントの熊田曜子が、自身に対するDVで逮捕された会社経営の夫と離婚する決意を表明した。「熊田さんは、暴力は今回が初めてではなく『夫が帰宅する時間が近づくと恐怖を感じるようになってしまっていた』などと...

そのため、元カレXさんもテレビ番組のプロデューサーの可能性があります。

詳細が判明次第、追記します。

メールの内容がヤバイ!

熊田曜子さんが元カレに送ったというメールの内容が文春に掲載されていました。

画像はこちらから

メールの内容が事実なら、熊田さんはかなりの肉食系女子ですね。

世間の反応

 

事務所が守ろうとすればするほど、ドツボにハマっていくね。
マスコミが夫婦ともに粗探しする事に火が付いちゃったわな。

 

 

 

要するに熊田は男と切れるのに警察を使うということやな。

 

あーあ。
かろうじて残っていた良いイメージが崩壊していくな。
警察に行くのは常套手段だったのか。

 

旦那さんもそうですが、この熊田さんも相手ばかり問題があるとお互いに攻撃し合っているだけで、ある意味家庭の恥を晒している現状ですので、このままでは一番可哀想なのはお子さんなのだと思われます。

タイトルとURLをコピーしました