久木優の顔画像・facebookは?ワゴン車にはねられ後郷法文さんが亡くなる

スポンサーリンク

北九州市小倉北区で2月、ワゴン車を運転していた久木優容疑者(21)が電動車いすの男性をはねて死亡させたとして、逮捕されました。

この事故で亡くなったのがNPO法人代表の後郷(ごごう)法文さん(46)と判明しました。

今回は『久木優の顔画像・facebookは?後郷法文さんの経歴は?事故現場を特定』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

事件概要

北九州市小倉北区で2月、赤信号の交差点に入り、電動車いすの男性をはねて死亡させたとして、福岡県警は8日、ワゴン車を運転していた田川市弓削田の会社員久木優容疑者(21)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)の疑いで逮捕し、発表した。

発表によると、久木容疑者は2月26日午前10時半すぎ、北九州市小倉北区白銀1丁目の国道3号でワゴン車を運転し、赤信号の交差点に進入。電動車いすで横断歩道を渡っていたNPO法人代表の後郷(ごごう)法文さん(46)=同区大手町=をはね、太ももの骨折などのけがを負わせ、死亡させた疑いがある。死因は外傷性出血性ショックだった。

県警は事故後、久木容疑者から任意で事情を聴くなど捜査を続け、防犯カメラの映像などから、車側が赤だったと判断した。小倉北署によると、久木容疑者は「事故を起こしたのは間違いないが、信号の色は分からない」と、容疑を一部否認しているという。

ライブドアニュース

久木容疑者は北九州市小倉北区白銀1丁目の国道3号でワゴン車を運転中、赤信号で交差点に進入。

電動車いすで横断歩道を渡っていた後郷法文さん(46)をはねて、死なせてしまいました。

久木容疑者は「事故を起こしたのは間違いないが、信号の色は分からない」と容疑を否認。

信号の色が分からない時点でダメでしょう。ながら運転でもしていたのでしょうか。

信号も見ずに、横断歩道も見ないでどこを見て運転していたのでしょうか?。二度と運転しないでもらいたいですね。

事故現場はこちらの記事に掲載されている画像から、


この横断歩道で事故が起きたようです。

ちゃんと注意していれば事故が起きるような場所でもないと思います。

久木優の顔画像・facebookは?

名前:久木優
年齢:21歳
性別:男
職業:会社員
住所:福岡県田川市弓削田

顔画像は公表されていません。

そこでそこで両容疑者のfacebook・インスタ・ツイッターなどのSNSアカウントを調査したところ、ツイッターにそれらしいアカウントがありました。

しかし、顔画像などはツイートされておらず、また久木優容疑者のアカウントと特定できなかったため、ここでの掲載は控えます。ご容赦下さい。

後郷法文さんの経歴は?

亡くなったのはNPO法人代表後郷法文さん(46)です。

後郷法文さんは北九州市出身で、1998年に北九州市立大学を卒業。

2007年に北九州自立生活センターを母体に自立生活センターぶるーむが設立され、現在は代表を務めていました。

重度障害者の地域移行支援を中心に、障害者が地域で自立して暮らせるように支援する団体です。

自立生活センターぶるーむ
自立生活センターぶるーむ、北九州市 - 「いいね!」508件 · 91人が話題にしています · 15人がチェックインしました - “自分らしく生きる”、“生活を支える”、“地域を作る”を三本柱に、地域で自立生活を目指す障害のある仲間を応援する。笑顔の花咲く場所。

後郷法文さんは生活に困る障害者の支援に奔走していたそうで、同じ障害を持つ仲間たちにとって大切な存在だったようです。

まだ46歳と若く、心在半ばで亡くなってしまったのは無念だったでしょう。

ご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

世間の反応

久木容疑者は「事故を起こしたのは間違いないが、信号の色は分からない」と、容疑を一部否認しているという。
信号の色も分からない状態で交差点に侵入している時点でアウト。そして、何でも覚えていないとか、知らないとか、そんなの聞く耳もたなくていい。厳罰を!

 

人を死なせても数年で出てくるか、下手したら刑務所にも行かず終いになるかもしれない。。せめてもう二度と車の運転が出来ないような法律にして欲しい。

 

何の落度が無い被害者が気の毒でならない。

 

信号見てなかったってこと?それも凄いが横断歩道上は見てたの?何処見てたんだろ

タイトルとURLをコピーしました