行本恭庸市議の顔画像・wiki経歴|マスク着用拒否で暴言【動画】

スポンサーリンク

岡山県赤磐市の行本恭庸(ゆくもとやすのぶ)市議(73)が市の職員に威圧的言動したとして非難されています。

市の職員にマスクを着用を求められた際、「話をしないのでマスクはいらない。この若造が」と怒鳴ったみたいです。

スポンサーリンク

行本恭庸市議がマスク着用要求に暴言

赤磐市の行本恭庸市議(73)が、熊山保健福祉総合センター(同市松木)の職員に威圧的な言動を取ったとして、市が市議会に対応を求める申し入れをしていたことが25日、分かった。

申し入れ書によると、行本市議は4日、大腸がん検診のため同センターを訪問。受付の女性職員から新型コロナウイルス対策としてマスクの着用を求められた際、「検体を出すだけなのにマスクがいるんか。この若造が」などと怒鳴り、便の入った検体袋をそばの机に投げつけたという。

市側は公正な職務の執行を妨げ、議員の品位と名誉を損なう行為として「議会は、しかるべき措置を講じてほしい」としている。

行本市議は取材に「口調が荒いのはいつものことで威圧するつもりはなかった」と弁明。発言内容については「記憶がはっきりしない」と話した。

市議会は17日に申し入れ書の提出を受け、開会中の定例市議会最終日(12月18日)に、同市議に対する議員辞職勧告決議案の提出を検討している。

行本市議を巡っては、市役所の清掃を請け負う福祉事業所の職員らに高圧的な言葉を浴びせたとして、9月に議員辞職勧告決議案が提出され、可決されている。

山陽新聞

コロナ対策のために不特定多数の人が集まる場所ではマスクを着用するのが常識となっています。

しかも今回は大腸がんの検診のために熊山保健福祉総合センターに訪問、普通はマスクすると思いますね。

しかし、行本恭庸市議はマスクをせず訪問、マスク着用要求も怒鳴って拒否と市議にはふさわしくない行動をしてしまいました。

年齢も73歳で引退という事で若手に席を譲ってもいいのではないでしょうか。

行本恭庸市議の顔画像・wiki経歴

顔画像はこちらから(議席番号10)

行本恭庸市議の経歴を調査しましたが、詳しいことは不明でした。

結婚や子供などのプライベート情報も不明でした。

行本恭庸(ゆくもとやすのぶ)| 赤磐市議会議員選挙 2013 | 政治山
行本 恭庸(ゆくもと やすのぶ)のページです。赤磐市議会議員選挙。投票日は2013年3月24日。プロフィールや政策、顔写真、SNSなどを掲載します。

こちらのサイトから2013年には赤磐市議会議員選挙に当選して市議になっていたみたいです。

肩書きに農業とあるので市議になる前は農業の分野で何か仕事をしていたみたいです。

 

発言内容

こちらのサイトから行本恭庸市議が市議会定例会の一般質問で受け答えしている動画を見ることができます。

割とまともなことを言っていますが、怒っている場面もあるので怒りやすい性格みたいです。

 

また行本恭庸市議は以前にも清掃員に威圧的な発言をしたことが問題視されて2020年9月の議会で辞職勧告決議案が可決されていてたようです。

スポンサーリンク

世間の反応

9月にも辞職勧告決議が可決されているのに、法的拘束力が無いから無視して居座ってるんでしょう。また辞職勧告決議が可決されても無視されるだけ。
次の選挙で落選するのを期待するしか無いのかな。もどかしいけど。
議員に対する懲戒の仕組みが、全くなっていない。議員を神様のような扱いとしている今の仕組みそのものを改変、改革すべき。
そもそも、この様な常識の無い輩が市会議員である事自体おかしい。
老害は潔く辞職すべきですが、居座るんだろうなあ。
これは有権者に見る目が無かったでは済まされる問題ではない。

世間からは行本恭庸市議に対する厳しい声が出ています。
以前にも威圧的な態度を取っていたという事実があるので典型的なパワハラ体質な人なのかもしれません。
9月に辞職勧告決議が可決されていますが、法的拘束力が無くこのまま居座るかもしれませんね。
市議の方のほとんどが誠実に仕事をこなしているんでしょうが、こういった行本恭庸市議がいると議員全体のイメージが悪くなっていしまいますね。
市民のみんなに選挙で選ばれて市議になったわけですから市民の模範になるような行動をして欲しいですね。
タイトルとURLをコピーしました