【駒澤大:性的画面共有(AV)】非常勤講師の顔画像や名前は誰?

スポンサーリンク

6月15日の駒澤大のオンライン授業で講師が海外のアダルトサイトを閲覧。

出席した約90人の学生に性的画面が共有される事態が起きました。

そこで今回は『【駒澤大:性的画面共有(AV)】講師の顔画像や名前は誰?』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

概要:【駒澤大:性的画面共有(AV)】

駒澤大のオンライン授業で、教員が閲覧していた性的な画面が学生に共有されていたことが2021年6月16日、関係者への取材で分かった。

同大は「受講生の皆さまには、ご不快・ご不安な思いをおかけしたことを、深くお詫び申し上げます」と謝罪し、「受講生のケアに努める」としている。

Yahooニュース

授業に出席した複数の学生によれば、15日に行われた全学部・全学年向けの授業で性的画面が共有されてしまったそうです。

休憩として設けられた約5分間の間に、講師がパソコンで閲覧していた海外のアダルトサイトが、出席した約90人に共有されてしまいます。

講師からは授業後に「パソコンの不具合でした」と説明があったそうです。

よく分からない説明ですが、講師は16日に、出席した学生に「休憩時間中の不適切な出来事について、お詫びしなければなりません」とメールで謝罪。

「不適切なWebサイトにアクセスし、それが出席者の皆さんの目に触れました。受講生の皆さんに、精神的な不快感を生みだしてしまいました。講師としてあるまじきことと赤面の至りです。オーバーワークの中で疲労が積み重なる中で、ふと魔が差したものですが、言い訳にはなりません。ついてはこのまま授業を継続することはできません。ついては連絡をおまちください」

こちらがメールの謝罪の内容みたいです。

職場のパソコンとプライベートは分けておかないとこういう危険がありますね。

j-castの取材に対して駒大は性的画面が共有されたことを認め、

「教育に携わる者として、軽率かつ不誠実な行為であり、あってはならないことです。受講生の皆さまには、ご不快・ご不安な思いをおかけしたことを、深くお詫び申し上げます」

と謝罪しています。

次の授業は代講とし、問題の講師は「事実確認の上、学内の諸規程に基づき、厳正な処分をいたします」とのこと。

共有されたアダルトサイトの画像がツイッター上で流れる

 

こちらがツイッターで話題になっていた画像です。

こちらで画像は加工しましたが、流出している画像はモザイクなどかけられていませんでした。

ツイッターの情報によると、どうやら倫理学の授業で不適切な画面が共有されてしまったみたいです。

非常勤講師の顔画像や名前は誰?

授業中にアダルトサイトを閲覧していた非常勤講師が誰なのか気になりますね。

ツイッター上では特定されていて、名前も出ています。

wikiまで荒らされているみたいです。

例の駒澤大学AVの件もうwikiに載ってんの草なんやが
特定早いっすね

ツイッターより引用

ただ、本当にツイッターで特定されている人物が、アダルトサイトを閲覧していた非常勤講師なのか確証を得ることはできませんでした。

ネットで噂になっている非常勤講師は意外と高齢で、本当にアダルトサイトを閲覧していたのかと疑わしいというか、信じられませんでした。

そのため詳細は伏せます。

ご容赦ください。

スポンサーリンク

世間の反応

非常勤講師は研究費を貰っていない人が多いから、業務用パソコンと、個人用パソコンを分けていない場合も多いだろう。

 

エロサイトなど誤解を招くサイトへのアクセスは個人のPCでやるべきだな。

 

講師もちゃんと正面から認めて詫びをいれたんだし、水に流したら何かまずいの?

 

笑って済ませられる先生か、笑えない先生か…
後者はかなりキツかったであろう…苦

タイトルとURLをコピーしました