鷲野花夏:小森章平のTwitterアカウント(SNS)を特定?高校や生い立ち

スポンサーリンク

都内の高校3年生18歳の鷲野花夏(わしの かな)さんが行方不明後、亡くなった事件で20代の夫婦が死体遺棄の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは群馬県在住の小森章平容疑者(27)と妻の和美容疑者(28)です。

両容疑者は鷲野花夏さんを殺害したことも仄めかしています。

鷲野花夏さんと20代夫婦の接点が謎でしたが、鷲野花夏さんと小森章平容疑者が2年前からツイッターで知り合っていたことが判明しました。

そこで今回は『鷲野花夏:小森章平のTwitterアカウント(SNS)を特定?高校や生い立ち』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

女子高校生死体遺棄事件:被害者と逮捕の夫ツイッターで知り合っていた

女子高校生の遺体を山梨県内に遺棄したとして20代の夫婦が逮捕された事件で、夫と女子高校生が2年前にツイッターで知り合っていたことが分かりました。

この事件は、東京・墨田区の高校生、鷲野花夏さん(18)の遺体を山梨県内の物置小屋に遺棄したとして、群馬県渋川市の小森章平容疑者(27)と妻の和美容疑者(28)が逮捕されたものです。捜査関係者への取材で章平容疑者と鷲野さんが2年前にツイッターで知り合い、連絡を取り合っていたことがわかりました。

このことについて今月28日に鷲野さんと夫婦の3人で話し合うことになっていて、鷲野さんが自宅近くで夫婦の車に自ら乗り込む様子が防犯カメラに写っていたということです。警視庁は事件に至った経緯を詳しく調べています。

Yahooニュース

都内に住む女子高生と20代の群馬県在住の接点が謎でしたが、ツイッターで知り合っていたそうですね。

小森章平容疑者と妻の和美容疑者と鷲野花夏さんの3人で話し合いをするために、鷲野さんは小森夫婦の車に乗ったみたいです。

話し合いが上手くいかずにトラブルに発展したのかもしれませんね。

若者のSNS絡みのトラブルがホントに多いですね。

亡くなった鷲野花夏さんの家族は小森夫妻については全く面識がなく、心当たりがないと話しています。

せめて花夏さんが家族に相談していればよかったのですが・・・残念です。

 

鷲野さんの遺体には背中に4か所の刺し傷があり、首にはロープで絞められたような痕があったそうです。

強い殺意があったことが伺えますね。

 

※追記

動機について詳細が明らかになりました。

捜査関係者によると、夫婦と女子生徒はツイッターで知り合ったといい、章平容疑者は「妻が自分と女子生徒の関係に嫉妬し、妻に付き合わされて事件を起こした」、和美容疑者は「女子生徒を刺した」と供述しているという。

女子高生遺体で発見 「妻が嫉妬した」 遺棄容疑逮捕の夫供述(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
 東京都墨田区に住む私立高校3年の女子生徒(18)が28日から行方不明になり、警視庁が捜索していたところ、31日未明に山梨県内で女子生徒の遺体を発見した。警視庁は向島署に捜査本部を設置。同日、ともに

3角関係のもつれということでしょうか・・・

夫が「妻に付き合わされて事件を起こした」とありますが、妻を止めるべきでしょう。

妻に嫉妬があったのは本当かもしれませんが、それでこのような結果になるとは・・・親の気持ちを思うと辛すぎます。

 

鷲野花夏:小森章平のTwitterアカウント(SNS)を特定?


鷲野花夏さんと小森章平容疑者がツイッターで知り合っていたことが判明しました。

そこで2人のツイッターアカウントを調査しました。

しかし、鷲野花夏さんのツイッターアカウントは見つかりませんでした。

本名など分かりやすい名前でツイッターを利用していなかったみたいです。

そこで、小森章平容疑者のツイッターアカウントを調査したところ、マスコミに公表された顔画像と似ている人物のSNSアカウントがありました。

しかし、逮捕された小森章平容疑者と断定することができませんでした。

そのためアカウントの詳細は控えます。

ご容赦ください。

鷲野花夏さんの高校や生い立ち

亡くなった鷲野花夏さんは東京都墨田区に住む私立高校3年生でした。

地元の小中学校を卒業し、将来は看護師になりたいと話していたそうです。

花夏さんは1人っ子で、祖父母や両親と5人で暮らしでした。

鷲野花夏さんが通っていた私立高校がどこなのかは報じられていませんでした。

東京都墨田区東向島に住んでいたので、自宅近辺の高校に通っていたかもしれません。

世間の反応

何の関係性もなさそうな夫婦と女子高生の関係が不思議だったけど、事の発端はやはり、SNSだったんですね。

 

これもTwitterですか…。

 

今の若者はSNSが当たり前になっているけど色々な場面で悪用される世の中

 

SNSの利便性を否定するつもりは有りませんが、やはり許可制・免許制等を検討する必要もあるのではないでしょうか

タイトルとURLをコピーしました