國米櫻選手wiki経歴|出身高校・大学や結婚は?インスタ差別動画が話題に

スポンサーリンク

東京オリンピックの空手女子アメリカ代表の國米櫻選手が自身のインスタに投稿した動画が話題になっています。

動画はアジア人に対する差別に関するもので、國米選手は見知らぬ男に暴言を吐かれ、心を痛めたとインスタに動画を投稿しました。

今回は『國米櫻選手wiki経歴|出身高校・大学や結婚は?インスタ差別動画が話題に』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

國米櫻選手wiki経歴|出身高校・大学


名前:國米櫻(こくまい さくら)
生年月日:1993年生まれ
年齢:28歳
生まれ:米国ハワイ州出身
高校:岡山学芸館高等学校
大学:同志社大学→早稲田大学大学院、国際コミュニケーション研究科
流派:空手糸東流
趣味:映画 音楽 美術鑑賞

 

國米櫻選手は世界空手連盟(WKF)の「形」で世界第6位にランクイン。

南カリフォルニアを拠点に年間を通し世界各地を転戦しています。

日本出身の両親の勧めで7歳から空手を始めます。

日本とアメリカを行き来しながら、ハワイで育ちます。

本格的に空手を始めるために両親の故郷岡山県の岡山学芸館高校に編入。

両親からは空手だけでなく、勉強もしっかりやるように言われ、大学は空手の名門校の同志社大、早稲田大大学院へと進まれました。

現在は空手中心の生活で、1日に6~10時の練習に励んでおり、休養日は週に1日。

一か所に留まることはなく、連戦で世界を飛び回っています。

2019年は14の国際大会に出場。1年で14カ国を回り、「ゆっくりとする普通の生活は自分には存在しない。選手としての生活を送るのに当たり前のことをやっている」と、アスリートとしてかなり意識が高いことが分かりますね。

パリ五輪では『空手』が除外されたので、東京五輪の最初で最後のチャンスと一生に一度の巡り合わせになる覚悟で練習に臨んでいます。

國米櫻の経歴まとめ

米国ハワイ州出身。岡山学芸館高等学校、同志社大学卒業。空手糸東流を学びます。

 

・「パン・アメリカン空手道選手権大会(形の部)」で、ジュニア(18歳未満)4連覇。

 

・シニア(18歳以上)5年連続出場の中で優勝・準優勝を果す。

 

・2018年「空手1プレミアリーグ・パリ2017の女子空手形・個人の部」でも優勝を果たす

 

・2020年1月フランスで行われた世界大会で5位、2月のドバイでの大会で銀メダル、その後行われたザルツブルグでの大会でも銀メダルを獲得。

 

・2020年3月に女子形の部において出場が決定。

結婚はしている?

國米櫻選手が結婚しているという情報はありませんでした。

年齢的に結婚していてもおかしくないですが、現在空手中心の生活で世界各地を飛び回っているようなので、恋人もいないかもしれないですね。

國米櫻選手に弟がいて、國米創さんという名前です。

國米創さんはセーリングの選手です。

姉弟揃ってアスリートとは凄いですね。

姉はLAで空手、弟は葉山でヨット 太平洋越しの対談:朝日新聞デジタル
 別々の国から、別々の競技で、東京オリンピック(五輪)を目指す姉弟がいる。姉の國米櫻(こくまいさくら)(27)は米国の空手代表を確実にし、弟の國米創(はじめ)(26)=株式会社アイヴァン=は日本のセー…

2020年の記事では現在、葉山で日本のセーリング五輪代表の座を獲得するために練習に励んでいるようです。

インスタ差別動画が話題に

波紋を呼んでいるアジア人に対する差別動画は國米櫻選手が4月3日にインスタに投稿されたものです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sakura Kokumai(@sakurakokumaikarate)がシェアした投稿

國米選手はインスタグラムにカリフォルニア州オレンジ郡のグリハルバ公園で撮った動画を投稿。

動画には國米櫻選手が「出ていけ」「この負け犬」「国に帰れ」「チャイニーズ」「刺身」と見知らぬ男性から暴言を吐かれている様子が映っています。

「昨日起きたことが頭から離れない。まだ考えている。いつも私はSNSには前向きなことを投稿するようにしている。でもお互いを守るためにはこういう問題に取り組まなくてはならないことに気がついた」とお互いを思いやらなくてはいけないと綴っています。

世間の反応

イチローもはじめ球場の客から差別を受けてコインを投げられてたし、そうゆうのはある。現実的に対抗するなら、嫌なら訴え続けるか、仲間を増やすしかない。でなければ、泣き寝入りか帰国するしかない。

 

よーっく考えてみると、米国人のほとんどは「移民」でしょう。
インディアンなどの先住民族が、本物の「アメリカ人」と言っても良い。
なので、国に帰れとか言っている連中は、自分が何処からやって来たか知らないらしい。
「お前もだよ」って、言ってやりたいねー。

 

今、NHKを観ていたら、アメリカ人によるアジア系に対する暴行事件を取り上げていた。そこで一番に上げられていた原因はトランプによる、チャイナウィルス発言だと発信していた。

 

どの国にもごく一部にはそんな暴言を吐く人はいて、今までは表に出ない事が沢山あったけど、今はどうどうと公開できるような雰囲気になってきたという事では?ある意味では健全になってきたという事かもしれません。

タイトルとURLをコピーしました