kokiヴァレンティノ帯動画の削除理由や意味や意図は何?ヒールで歩く

スポンサーリンク

数日前にTwitter広告に突如流れたヴァレンティノの広告動画が批判を浴びています。

批判されたのはキムタクの長女 Kokiさんをモデルとして起用したブランドコンセプト紹介動画です。着物の帯の上をハイヒールで歩くシーンと帯の上に座るシーンが動画内あったため炎上してしまいました。

そこで今回は『kokiヴァレンティノ帯動画の削除理由や意味や意図は?』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

kokiヴァレンティノ帯動画

ご覧の通り着物の帯の上に座ったり、ヒールで立ったり、歩いたりしているシーンが動画内にあります。

着物の帯を踏むのは許されない行為ですね。カーペットではないです。

現在、この動画はヴァレンティノ公式サイトから削除済みです。

削除理由や意味や意図は何?映画『草迷宮』が原案か

公式動画が削除されたのは批判が集まったからでしょう。

しかし、削除しただけで謝罪はしていません。

そのため、どういう意図で着物の帯に座ったり、ハイヒールで踏んづける演出があったのか不明です。

ネットでは日本を馬鹿にするための演出ではないかと炎上状態です。

 

日本の民族衣装である着物の帯を荒地に敷き、ハイヒールで踏みつける #民族差別 プロモーションを行いました
黙って削除しただけで
抗議を無視しています
これは私たち日本人への冒涜であり民族差別です。
厳重抗議します。

 

帯はテーブルセンターに使うものなので
ピンヒールのモデルさんを使って
美しい場所で美しいもの同士のお行儀の悪いシーンを
見せたかったのでしょうね。

 

あんな綺麗な帯をぞんざいに扱うなんて酷い。日本人にとって、着物は大切な文化。キムカーダシアンの件もそうだけど、他国の服飾文化を軽々しく扱うのはやめようよ。

 

実は今回のプロモーション動画は寺山修司監督の映画『草迷宮』がインスピレーション元になっているようです。

Koki,が「Valentino」のミューズに! 最新キャンペーンに登場(Numero TOKYO) - Yahoo!ニュース
ヴァレンティノ(Valentino)が新たなキャンペーン「ヴァレンティノ DI.VA キャンペーン」を打ち出した。そのモデルとしてKoki,を起用したビジュアルが公開された。 本キャンペーンは、ヴ

映画を元に今回の演出となったようですね。差別の意図はなかったようです。しかし、30秒程度の動画ではその意図は伝わらなかったようです。また草迷宮は1979年の短編映画なので、知っている人も少なく理解できなかったかもしれません。

ただ草迷宮をご存知の方も、帯の上を歩く意図をはき違えていると批判しているので、炎上は避けられなかったかもしれません。

演出だったとはいえ、服飾アイテムを蔑ろに扱うのは誰でも嫌な気分になります。それが自国の文化と深く関わり合いがあるなら尚更。

映画のインスピレーションとはいえ、演出についてもう少し考えるべきでしたね。

スポンサーリンク

世間の反応

日本の伝統工芸でもある着物や帯をこんな風に怒りマーク
リスペクトが感じられないから不愉快極まりない。

 

CMで着物の帯を踏んで歩くシーンがあるってんで「反日じゃー!」「着物馬鹿にしとんのか」とかって炎上したって内容。
これCM見ましたが演出丸々和風に寄せてやってるので、多分差別的な意図はマジで無かったんじゃねえかと。

 

それもそうだけどこんな枯れ草ボーボーのきたねぇ庭で撮った写真がいいと思うバレンチノは落ちたな感

 

ヴァレンティノってこんなにダサいことしてたの?笑 着物の帯をこんな感じで扱うファッションブランドって笑

タイトルとURLをコピーしました