原泰久と元嫁の離婚理由は小島瑠璃子との不倫?馴れ初めや出会いは?

芸能人
スポンサーリンク

小島瑠璃子さんと漫画家・原泰久(はら やすひさ)さんの熱愛が報じられました。

小島さんと言えば大の漫画「キングダム」のファンで、原さんはその原作者となります。

原さんは結婚されて子供もいましたが、どうやら離婚されていたようです。

今回は小島瑠璃子さんと原泰久さんの馴れ初め、元嫁との離婚理由、自宅マンションについて調べていきます。

スポンサーリンク

小島瑠璃子と原泰久に熱愛報道

時は令和2年7月下旬──福岡・博多駅の地下食品売り場には、マスク姿でも笑顔と分かる、仲睦まじいカップルの姿があった。女性は買い物かごを自ら持ち、食材を選んでいく。レジで男性が支払いをする間、寄り添う女性は自然と彼の腕に自分の腕を絡ませていた。

「女性は黒いジャージに細身のジーンズ、男性もストライプのシャツにジーパンというラフな服装でしたが、女性は一際スタイルが良く目立っていました。よく見たらタレントの小島瑠璃子さん(26)でびっくりしました」(居合わせた買い物客)

小島は「こじるり」の愛称で親しまれ、『アッコにおまかせ!』(TBS系)、『サタデープラス』(TBS系)などバラエティから情報番組まで数多くの番組に出演している。

そんな彼女が親しげに寄り添った男性は、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)に連載中の大人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏(45)だった。古代中国を舞台に、大将軍を目指す少年と、若き日の秦の始皇帝が力を合わせて中華統一を目指すこの大巨編は、現在58巻まで刊行され、累計発行部数は6600万部を誇る。昨年には実写映画化されて興行収入57.3億円の大ヒットを記録し、2019年の邦画実写作品で1位。続編の制作も決まり、今もっとも売れっ子の漫画家である。

買い出しを済ませた2人は、原氏の運転する車に乗って福岡市内にある彼のマンションに向かった。さらに翌日、2人は車で「金印」が発見された場所として有名な志賀島(しかのしま)を訪れ、縁結びの御利益があるという志賀海神社を参拝。その後は映画を鑑賞し、またしても原氏のマンションへ。2連泊ということになる。

引用元:Yahooニュース

小島瑠璃子さんと原泰久(はら やすひさ)さんとの熱愛報道が出ました。

 

原さんは人気漫画「キングダム」の作者で累計発行部数は6600万部を誇っています。

 

昨年には実写映画化もされ、興行収入57.3億円の大ヒットを記録し映画の続編も決定しています。

小島瑠璃子と原泰久氏の馴れ初めは?

小島は以前から大の『キングダム』ファンとして知られていた。2015年5月に放送された『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の「キングダム芸人」では、同作に登場する美少女剣士・羌(キョウ)カイのコスプレで登場。

これに原氏が反応し、ツイッターに〈コジルリさんキョウカイのかわいさ。w〉と書き込むと、小島が〈きゃー嬉しいです〉と返信するやり取りがあった。

 

キングダムに出てくるキャラクター「羌(キョウ)カイ」のコスプレですが、とても似合っています。

 

ネットでも似すぎ、かわいい、キレイなど今でも話題になることもあります。

 

小島さんは漫画「キングダム」の大ファンで、原先生にも憧れを抱いていたようです。

 

2019年に小島さんと原さんお対談が実現して、小島さんが感動のあまり涙を流していました。

 

2人はこの時が初対面です。

 

原さんは福岡に住んでおられ、小島さんが福岡に訪れデートしているようです。

原泰久の自宅はどこ?

原さんはの自宅は福岡にあります。

原さんの自宅特定できていません。

しかし以前メディアに仕事場は福岡県大野城市だと公言しています。

そのため自宅も近く、もしくは仕事兼自宅となっている可能性もあります。

 そんな原氏は現在、福岡に在住しているが、以前は東京で仕事をしていたこともありメインのアシスタントスタッフは東京から週1で福岡へ呼び寄せているという状態だ。「福岡と東京での仕事スタイルの違いは?」との松山氏の質問に対し、「紙とペンがあれば大丈夫ですが、スタッフは簡単には見つからない。人材はお金をいくら出してもいないから、貴重だと改めて実感した」と述べた。現在は原稿を東京のスタッフへ郵送し作業をしてもらって、また福岡の仕事場へ送ってもらい、仕上げをして締め切りに間に合わせているという。なお、福岡でも4名の若いスタッフを現地で採用しており、スタッフの成長を楽しみしているとのことだ。福岡の若いクリエイターの育成に一役買っていると言えるだろう。

東京で仕事をしていると思っていたので意外でした。

 

原さん自身、紙とペンがあればどこでも仕事ができるそうなので、福岡在住でも問題ないようです。

 

福岡の若いクリエイターの育成にも一役買っているようです。

 

原さんは佐賀県生まれの九州出身で、慣れ親しんだ地元で仕事をされるのが、良い作品を作る秘訣なのかもしれませんね。

 

福岡でも4名の若いスタッフを現地で採用しており、スタッフの成長を楽しみしているそうなので、地元愛が強いのかもしれません。

原泰久のプロフィール・経歴

プロフィール

本名:原泰久(はら やすひさ)
生年月日:1975年6月9日 45歳
出身:佐賀県
最終学歴:九州芸術工科大学
職業:漫画家

大学卒業後はすぐ漫画家になったわけではなく、プログラマーとして就職します。

 

3年間の勤務を経て退社して、本格的に漫画家の道を進みます。

 

1999年に読み切り漫画「於兎松」が準大賞を受賞。同作が『別冊ヤングマガジン』に掲載されデビュー。

 

多くの歴史作品を連載して、2006年に「キングダム」を連載開始。

 

キングダム」が爆発的人気となり、現在も連載中。

原泰久と元嫁の離婚はいつ?小島瑠璃子とは不倫?

結婚された時期は分かりませんが、原さんは一般女性と結婚されていました。

一般の方なので顔や名前は公表されていません。

原さんが離婚したという情報はありませんでしたが、今回の報道で原さんは「現在、独身」とあったので、離婚されていたようです。

 

2016年に情熱大陸に出演されたとき、妻や子供がいると紹介されたので、離婚は2016年から2019年の間だと考えられます。

 

原さんのツイッターを確認したところ、家族(奥さん、子供)に関するツイートが2017年からなくなっているので、離婚は2017年~2019年の可能性が高いです。

 

 

2019年1月放送の世界ふしぎ発見では原さんの薬指に指輪を確認できます。

動画1分14秒くらいのところから見るとわかりやすいです

 

また2019年のアンケートで奥様の料理について答えています。

69. 奥様の手料理で好きなメニューは?
ドライカレー。あ、いや、スパゲッティも捨てがたい…。

引用元:https://ooaza.com/feature/post11653.html

最近になって小島瑠璃子さんが猛アタックしたとあるので、2019年に離婚した可能性が高いです。

 

原さんの離婚を知った小島瑠璃子さんがアタックして交際に発展したと考えるのが自然ですね。

 

報道を見る限り交際も最近始まったようなので、不倫にはあたらないと思います。

子供について

前妻との間には男の子が2人、女の子が1人います。

原さんのツイートからまとめると

長男12歳、長女10歳、次男6歳と推測できます。

 

仕事のストレスの発散方法は子供とふれあうこととインタビューで答えていた通り、ツイートからもかなりの子煩悩であることが伺えます。

原さんは離婚を発表されておらず、親権や離婚理由は不明です。

もしお子さんと会うのが難しい環境なら、少し心配ですね。

仕事のストレスをお子さんと遊ぶことで発散されていたようですから。

ここからは、事前に募集された一般質問を元にトークを展開。「息抜きの方法を教えて欲しい」との質問には、「子供といっしょにお風呂に入ること」、「おもしろいモノを描くのが息抜き。おもしろい原稿が終わった時も息抜きになる。

引用元:https://www.famitsu.com/news/201510/18091006.html

まとめ

原泰久の離婚、元嫁、子供、小島瑠璃子との馴れ初めについてまとめました。

小島さんが「キングダム」ファンだということは有名でしたが、まさか作者の方と付き合うとは驚きです。

ネットでも驚きの声が多いです。

一部ネットでは「不倫ではないか」や「コロナ禍のなか東京から福岡に通うのはよくない」など否定的な意見もみられました。

不倫については、原さんが離婚されてから、小島さんがアタックしたようなので、不貞行為はしていません。

コロナ禍のなか他県に移動することは賛否両論あり、確かに否定的な意見も分かります。

これからは行動を慎めばいいのではないでしょうか。

小島瑠璃子が炎上?おじさんは無理&金持ち興味なし発言は嘘【キングダム原泰弘と熱愛】
小島瑠璃子さんと原泰弘さんの熱愛発覚で小島瑠璃子さんの過去の発言が話題(炎上)にな...

閲覧ありがとうございました。

 

 

コメント

  1. […] 原泰久と元嫁の離婚理由は小島瑠璃子との不倫?馴れ初めや出会いは?小島瑠璃子さんと漫画家・原泰久(はら やすひさ)さんの熱愛が報じられました。小島さんと言えば大の漫画「キ […]

タイトルとURLをコピーしました