久保建英:ハンドサインK(ゴールパフォーマンス)の意味は何?【山田康太】

スポンサーリンク

今回は久保建英のゴールパフォーマンスの意味についてまとめていきます。

東京オリンピック、サッカー男子1次ラウンド日本vs.南アフリカで久保建英選手が先制弾を決めました。

ゴールパフォーマンスでハンドサインでKを表しました。

いったいどういう意味なのか気になりますね。

そこで今回は『久保建英:ハンドサインK(ゴールパフォーマンス)の意味は何?』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

久保建英:ハンドサインK(ゴールパフォーマンス)の意味は何?

左サイドからのクロスを受けた久保建英選手が、ペナルティエリア右で相手をかわし、そのまま左足でシュートを放ち、ゴールネットを揺らしました。

これが日本待望の先制点となりました。

久保建英選手はゴールパフォーマンスでハンドサインで『K』の文字を作りました。

これは久保選手の頭文字である「K」からきているのではという意見と、親友である山田康太選手に向けたものであるという、2つの説があります。

現在は山田康太選手に向けたものという説が有力です。

つまり康太のKを表していると言われています。

“K”ポーズは友達のイニシャル【山田康太】

2021年6月12日に行われた国際親善試合日本対ジャマイカ戦で久保建英選手はゴールを決めた後、両手でアルファベットの「K」の文字を作るゴールパフォーマンスを披露します。

“K”ポーズについて「友達のイニシャル」と、久保選手は報道陣に明かしています。

その友達が親友である山田康太選手ではないかと言われています。

 

山田康太かな?
前インスタに載せてた気がする

 

2020年7月9日にマジョルカ 対 レバンテ戦で久保選手がゴールを決めます。

日本だと現地時間で7月10日で、ちょうど山田康太選手の21歳の誕生日でした。

このとき、ゴールパフォーマンスで指で「K」の文字を作って山田康太選手へメッセージを送っています。

 

ゴール後に久保建英が送った『K』サイン、当事者は「寝てて見てないよ」(2020年7月10日)|BIGLOBEニュース
横浜F・マリノスとユース日本代表のチームメイトだった山田康太の誕生日を祝福。[スペイン1部35節]マジョルカ2–0レバンテ/2020年7月9日(日本時間10日2…(2020年7月10日 7時11分59秒)

 

↑が久保選手が山田選手にメッセージを送ったことが書かれている記事です。

ゴール後、久保は両手で『K』の文字を作ってメッセージを発信する。

これは今季横浜F・マリノスから水戸ホーリーホックに期限付き移籍するMF山田康太が、7月10日に21歳の誕生日を迎えたことを祝福してのパフォーマンスだった。現地時間は7月9日だが、時差で日本は10日早朝3時過ぎ。最も早い“誕生日プレゼント”になったかもしれない。

久保は試合を終えたあと、自身のインスタグラム( @takefusa.kubo )を更新。ストーリーズで、日本時間の10日になった直後、山田に祝福の連絡をしていたことが明かされている。しかし久保がゴールシーンで山田に、「『K』したんだけどそこスルーするの?」と問いかけると、さすがに日本時間深夜とあって山田は「寝てて見てないよ」とつぶやいている。

そして山田も10日朝にインスタグラム( @y.kota_10 )で、久保のプレー写真とともに、「朝起きたらたけから康太のKやったよ!って連絡来てたけど…正直すっごい分かりづらい 笑。‬‪でも嬉しかったし負けじと頑張ります。‬‪応援してくれてる人たちのメッセージも読ませてもらってます。 ‬‪#プレゼントはいつまででも募集してます‬ 笑」と、元チームメイトの活躍と祝福を喜んでいた。

 

山田康太選手はKのメッセージを寝てて見ていなかったそうです。

 

この逸話により、ハンドサインKは山田康太選手へのメッセージだといわれています。

つい先日山田康太選手の誕生日でもあったので、今回の南アフリカ戦のKも山田選手へのメッセージの可能性が高いです。

 

もしかしたら山田選手(友達)へのメッセージだけではなく、久保のKの意味も含まれているかもしれません。6月のジャマイカ戦でも披露していますからね。

スポンサーリンク

世間の反応

タイトルとURLをコピーしました