【画像】小林亜星の現在の姿や息子は小林朝夫|心不全で亡くなる【死去】

スポンサーリンク

CMソングやアニメソングの作曲や『寺内貫太郎一家』主演で活躍した小林亜星さん(88)が5月30日に亡くなっていたことが判明しました。

死因は心不全とのこと。

今回は『【画像】小林亜星の現在の姿や息子について|心不全で亡くなる【死去】』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

小林亜星さんが心不全で亡くなる

 多くのCM音楽やテレビアニメ主題歌を手がけ、都はるみさんのヒット曲「北の宿から」などでも知られる作曲家の小林亜星(こばやし・あせい)さんが、5月30日、心不全で死去した。88歳だった。告別式は近親者で済ませた。

Yahooニュース

小林亜星さんは東京都出身。

1932年8月11日生まれの88歳。

慶大卒業後、社会人生活を経て作曲家の服部正さんに師事。

1961年、レナウンのCMソング「ワンサカ娘」が出世作となります。

以後、
「ふりむかないで」(ライオンのエメロンシャンプー)
「ほら、チェルシー もう一つチェルシー」(明治製菓のチェルシー)
「この木なんの木気になる木」(日立グループ)
「ニッセイのおばちゃん自転車で…」(日本生命)
「あなたとコンビニファミリーマート」(ファミリーマート)

などなど誰もが知っているCMの作曲を担当されました。

作曲海外にも74年にはTBS系ドラマ「寺内貫太郎一家」に主演石材店の頑固おやじを好演しました。

【画像】小林亜星の現在の姿

近年はテレビで見かけることが少なくなった小林亜星さんですが、2019年9月17日のフジテレビ『ノンストップ!』で単独インタビューに応じていました。

小林さんは「去年ちょっと病気して入院したりしてたもので。足がちょっと弱まっちゃったので、なるべく歩くように、元気を出すように盛んに努めているところ」

と話し、カメラの前に歩いて姿を現したそうです。

当時の映像や画像を見つけることは出来ませんでしたが、視聴者からは元気そうだと安心の声が出ていました。

しかし、小林さんは現在の状況について、

「自分では元気がなくなっちゃった感じですけどね」
「病気は去年は3回も入院して」

と入院していたことを報告。続けて、

「去年の暮れに退院してきて、やっと普通の生活に戻れたんですけどね。肺炎とか起こしてね。ここにペースメーカーっていうのを入れているんですけどね」

肺炎を患ったりペースメーカーの手術をするほど体調がよくなかったみたいです。

ノンストップ出演時の画像は見るかりませんでしたが、2017年『徹子の部屋』に出演された画像がありました。

息子は小林朝夫

小林亜星さんには息子さんが、少なくとも2人いることが判明しています。

息子さんの一人は元俳優の小林朝夫さんです(60)

明治大学入学後は劇団ひまわりへ入団。

1979年、黒沢明監督の映画「影武者」で役者としてデビューし、以降100本以上の映画やドラマ、CM、ラジオ等に出演します。

1986年頃まではタレント活動をしていましたが、俳優から講師に転身します。

東京エコール進学教室、大原予備校や市進学院の講師を経て、TAP進学教室の室長に就任。

講師としては「国語の神様」と称され、小林先生を知らない人はいないとされるほどの人気講師と新聞で紹介されましたが、自作自演ではないかと噂になりました。(真偽不明)

そして、2013年4月22日に弘前市のアパートで女子高校生にみだらな行為をしたとして、 2013年6月に県条例違反の疑いで逮捕されます。

作曲家・小林亜星さんの息子で元俳優の男が女子高生とエッチして逮捕される (2013年6月10日) - エキサイトニュース
青森県警弘前署は6月6日、女子高生にみだらな行為をしたとして、県青少年健全育成条例違反の疑いで、自称作家・小林朝夫容疑者(52=山梨県北杜市高根町長沢)を逮捕した。小林容疑者の父は作曲家の小林亜星さん...

現在の小林朝夫さんはツイッターなどSNSで地震や災害の予言をしています。

世間の反応

本業の作曲家としてはもちろんですが、寺内貫太郎一家では頑固親父の役として毎週のように西城秀樹さんと取っ組み合いの喧嘩を演じ、わくわく動物ランドでは全問正解で象の金バッジを多く獲得するなど、多才な方だったと思います。
ご冥福をお祈りいたします。

 

亜星さんは大作曲家だけれども、やっぱり強烈な記憶にあるのは「寺内貫太郎一家」における寺内貫太郎役でしょうね。恐らくニュース番組やワイドショーでもそのドラマの映像が流れるものと思われますね。でもやっぱりさみしいですね。

 

数々のCMソング、何十年経っても覚えていて知ってるCMソングで同世代で盛り上がったり。楽しい思い出とともに小林さんの名曲がずっと残るんだと思います。ありがとうございました。

 

誰もが知っている曲をたくさん作曲された方。
88歳であれば、大往生と言えるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました