小林幸司シェフがジョブチューンで炎上|店の評判や嫁や子供と経歴

スポンサーリンク

2022年1月1日に放送されたTBS系「ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!★セブン・ファミマ・ローソンの人気商品を一流料理人がジャッジ!」で、

小林幸司シェフが食べずに審査し、見た目だけで「不合格」としたことが物議となっています。

そこで今回は『小林幸司がジョブチューンで炎上|店の評判や嫁や子供と経歴』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

小林幸司がジョブチューンで炎上

問題となったのはファミリーマートの「直巻和風ツナマヨネーズおむすび」の審査です。

小林幸司シェフは、

「食べたいなって気にさせない。美味しい、美味しくないというのは、まず食べてみてじゃないですか。でもこのおにぎりは、僕に食べてみたいって気にさせない」

と食べることを拒否。

 

開発担当の女性スタッフが懇願して、一口だけ食べますが、

「ビジュアルって大事じゃないですか。美味しい、美味しくないは、その後ですよね。食べてみたいという気にならないビジュアルが、僕の中でどうしても許せない、美味しいご飯って、どうなっていったら美味しいっていったら、ツヤとふっくらじゃないですか。このおにぎりは色んな出汁を使って炊いているし。だったらツナと一緒に炊くとか。油脂分がご飯に回ればツヤも出るし、マヨネーズを使うんだったらマヨネーズとツナを合わせたのをちょっとだけ中に入れるとか。1個だけ見るんじゃなく、全部トータルで見て、ちょっとずつ進めて行く方がいいのかなと思います」

とコメントしています。

小林シェフは不合格としましたが、ちゃんと商品の改善点は伝えています。

 

この一連のやり取りにおむすび開発担当の椎名さんは泣いてしまいましたが、この番組で開発担当の方が厳しい審査で泣いてしまうのはよくあることです。

 

ネット上では小林シェフが全く食べずに審査したと勘違いしている方も多いですが、ちゃんと食べています。

 

結局食べて審査しているので、炎上した一連の流れは演出・台本の可能性が高いですね。

 

この番組では審査する「超一流料理人」は、基本的にきちんと原価やコストパフォーマンスに触れてジャッジしています。

 

 

会社と商品をリスペクトしていて、この値段でこのクオリティを出されたら私たちは手も足も出ないと言ったコメントをする審査員のシーンは多々あります

 

まぁ番組の演出だとは思いますが、小林シェフももうちょと優しく指摘してあげればよかったとは思います。

ここまで炎上してしまうのは可哀想ですね・・・

 

小林幸司の店の評判

小林幸司シェフは「フォリオリーナ・デッラ・ポルタ・フォルトゥーナ」のオーナーです。

炎上したせいで、お店の評判は荒らされてしまっています。

現在、お店の口コミは荒らされていますが、

お店を利用したちゃんとしたお客さんの口コミを確認したところ、高評価で満足度の高いお店です。

フォリオリーナ・デッラ・ポルタ・フォルトゥーナ (中軽井沢/イタリアン)
★★★★☆4.47 ■葉音が唄い、光が踊る景色に心ほどける。イタリアンの鬼才が紡ぐ、一日一組限定の美食の時間 ■予算(夜):¥30,000~¥39,999

さすがにお店を利用せずに批判するのはいけませんね。

なかには批判を越えた誹謗中傷と捉えられてもおかしくないコメントもあります。

小林シェフのお店の口コミを荒らすのは辞めましょう。

 

また、今回の炎上と無関係なレストランが風評被害に遭っています。

 

番組公式ツイッターも誹謗・中傷、迷惑行為は辞めてくださいとお願いしています。

嫁や子供とwiki経歴

名前:小林幸司(こばやし こうじ)
生年月日:1958年9月14日
年齢:63歳
出身地:愛知県
血液型:O型
最終学歴:中部工業大学中退

 

中部工業大学在学中、調理師免許を取得し、26歳の若さでイタリア料理店「CUCINA」を出店。

3年後に閉店し、1989年に料理を学ぶためにイタリアに渡ります。

お店の評判は高く、経営も上手くいっていましたが、本場イタリアで料理を学ぶために店を閉めます。

 

イタリアではシエナの料理学校を経て、ウンブリア州「リストランテ・ヴィッサーニ」に入り、オリジナリティの高い料理を学びます。

 

1991年に日本に帰国し、西麻布「マリーエ」、銀座「ラディーチェ」等を経て、

2002年に「1日1組、完全予約制」のリストランテ「フォリオリーナ・デッラ・ポルタ・フォルトゥーナ」を中目黒に開きます。

2009年には同店をトラットリア「Antica Trattoria Nostalgica(アンティーカ トラット―リア ノスタルジーカ」として新装開店させてミシュランガイドで1つ星を獲得。

2011年に現在の軽井沢に移転し、1日1組4名限定のレストランとして再オープンします。

イタリアから日本に帰国してからは料理の鉄人にも出演した経歴があります。

 

 

小林幸司シェフは結婚しており、嫁の名前は小林葉子さんです。

ポケットコンシェルジュというサイトにに次のように記載されていました

現在は妻の小林葉子(こばやし ようこ)氏と二人で料理を生み出している。

 

妻の小林葉子さんも料理人のようですね。

こちらの動画に小林葉子さんが出演しています。

2人の間には2人の息子さんがいます。

長男の名前が「匠之介」君、次男は「駿之介」君です。

お店を軽井沢に移転したのも子供たちに自然に囲まれて育って欲しかったからという情報がありましたが、ソースは確認できませんでした。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました