木下雄介の嫁や子供|現在の容態(容体)や病名【ワクチン副反応?】

スポンサーリンク

中日ドラゴンズの木下雄介(27)投手が現在入院中で予断を許さない状況であることが判明しました。

7月半ばに倒れてしまったそうです。

デイリー新潮によるとコロナのワクチンを接種した数日後に練習中に倒れてしまい、病院に運び込まれます。

現在の容態が重篤とのこと・・・

そこで今回は『木下雄介の嫁や父や子供|現在の容態(容体)や病名は?【ワクチン】』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

木下雄介の嫁は茜さん

木下雄介選手の嫁は2歳年上の茜さんというかたです。

現在29歳です。

木下雄介さんがジムでアルバイトをしていたとき、同じアルバイト従業員の茜さんと出会ったのが馴れ初めです。

当時、木下雄介さんは駒澤大学に進学してプロ野球選手を目指していましたが、肩の故障により夢を諦めて大学1年で中退。

そして地元の大阪に戻り、アルバイト先のスポーツジムで茜さんと知り合います。

茜さんも学生時代に水泳でオリンピックを目指した過去がありましたが、挫折。

お互い似た境遇で仲良くなります。

木下雄介の嫁:茜さんの顔画像

こちらが木下雄介の嫁の茜さんです。

2人がジムで出会ったのは茜さんが21歳、木下選手が19歳の時です。

木下選手はフリーター生活で髪を金髪に染めていたので、茜さんの第一印象はよくなかったそうです。

しかし、木下選手の勤務態度は真面目だったため話す機会が増え、先述のお互いの境遇が似ていることもあり、仲良くなります。

茜さんは2歳から水泳を始め、高校も水泳の名門校に進学します。

当時はオリンピックを目指していましたが、タイムが伸びなくなり、壁にぶち当たります。

日々練習しますが、思うような結果が出ず、高校3年生の時に夢を諦めたそうです

出会ってから2年後の2014年8月に交際。

木下さんは不動産会社の営業の仕事に就きます。

茜さんの言葉と支えで野球へ復帰

木下雄介さんは営業の仕事に就き、茜さんとの結婚も考えるようになります。

そんなある時、地元の友人の助っ人で草野球に参加。

故障してから初めての2年ぶりのマウンドでしたが、気軽な気持ちで投球したところ、プロが放つような球を投げます。

さらに2年間野球から離れていたためか、故障した肩の痛みもありませんでした。

茜さんも草野球の現場に居て、木下雄介さんの投球を見て「もう一度野球をやってみたら?」とプロ選手になることを勧めます。

ツテをたどって独立リーグ徳島インディゴソックスのテスト合格。

2015年3月に練習生として徳島に入団します。

練習生なので給料もなく、厳しいスタートで心が折れそうになったそうですが、茜さんの励ましもあり、日々練習を続けます。

茜さんも大阪のジムで働きながら週末は徳島へ行き木下雄介さんのサポートをしました。

茜さんの支えもあり、球速も128キロから147キロまで戻ります。

2015シーズン開幕後には支配下選手契約になり、15試合に登板し、防御率5.12の成績を残しました。

茜さんが子供を妊娠する

木下選手が徳島インディゴソックスで野球に打ち込む日々が続きますが、そんなある日茜さんの妊娠が発覚します。

木下選手は野球を辞めて就職しようとしますが、茜さんが「野球を辞めるなら結婚しない」と言います。

この言葉に吹っ切れた木下選手は奮起し、

2年目の2016年は、主にリリーフとして28試合に登板、防御率3.45の成績を残し、プロにも注目されるようになります。

2016年の4月には2人は結婚します.

 

2016年10月20日のプロ野球ドラフト会議では、中日ドラゴンズから育成選手枠1位で指名を受け、念願のプロ野球選手への道が開き始めます。

ドラフト時には既に娘さんも生まれていました。

木下雄介さんの父が事故死

2017年シーズンは150キロ超えの直球を武器にファームで22試合に登板。

契約更改では2018年シーズンの支配下登録を目指すと宣言します。

2018年に育成選手で唯一一軍キャンプに帯同。

オープン戦で4試合に登板して5回を1失点という内容を評価され、3月23日に支配下登録となることが発表されます。

4月15日の横浜DeNAベイスターズ戦で8回に登板し、三者凡退に抑えて公式戦デビューとなりました。

長年の夢がようやく叶う事になりました。

肩の故障で大学を中退してから約10年でプロの1軍の試合で投げることが出来ました。

しかし、2019年に木下雄介投手の父親:隆さんが亡くなる交通事故が起きてしまいます。

「父親はどんな時でも仕事を休んだことはなかった。毎日、毎日働いてくれた。僕にも『家族を守らないとあかんやろう』と言われている気がする。ここからですね」

と亡くなった父親の為にもプロで活躍することを誓います。

肩の脱臼

2021年シーズンでは木下雄介投手は開幕一軍を手中に収め、3月21日に最後のオープン戦のマウンドにあがります。

しかし、投球直後に右肩を押さえてうずくまってしまいます。

右肩が脱臼してしまいました。

4月9日に大阪市内の病院で右肩前方脱臼修復術と右肘内側側副靱帯の再建術を受けました。

リハビリのため今季は絶望的となっていました。

木下雄介の現在の容態(容体)や病名【ワクチン副反応?】

デイリー新潮によると、木下雄介の現在の容態は重篤。

病状は心臓周辺に問題が発生し、その影響が脳に及んでいるそうです。

人工呼吸器を外すこともできない状態だそうです。

ワクチン接種後、練習中に体調を崩して入院していますが、ワクチンの副反応によるものなのか不明です。

欧州医薬品庁(EMA)は、米ファイザー・独ビオンテック製と米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの副反応について、非常にまれに心臓に炎症が起こる可能性があると発表しています。

これは若い男性に起きやすい症状とのこと。

実際に木下雄介選手がワクチンの副反応で倒れたのかは不明です。

木下選手の病状(心臓周辺の問題)も炎症と決まったわけではありません。

参考までにしてください。

 

木下投手の回復を祈っています。

※追記

残念ながら木下投手が8月3日に亡くなったと報じられました。

死因やワクチンの接種との因果関係などは不明です。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

404 NOT FOUND | みつリン食堂
みんなが気になる情報を提供します
スポンサーリンク

世間の反応

心臓に加え脳にも影響が出ているとなると、
元気になっても後遺症が残らないか心配ですね。

 

本当ならとんでもない事態じゃないか
こういう記事が出てしまった以上近日中に球団から何かしら発表があるんだろうが、肩の脱臼から再起を目指していたのに可哀想すぎる

 

副反応を過剰に恐れる必要は無いけど、頑丈な野球選手でもこうなる可能性があるという事は知っておいた方が良いのかもしれない。

 

負けるな!木下!!
肩を壊した後、木下の復活を楽しみにしてユニフォーム買ったんだぞ!
もう一度マウンドに立つんだ。
オレは信じてるからな!!

タイトルとURLをコピーしました