欅坂46の改名理由や改名後のグループ名は?メンバー変更はある?

トレンド
スポンサーリンク

2020年7月16日に坂道グループの乃木坂46の姉妹グループ「欅坂46」が電撃改名を発表しました。

オンラインライブの告知とともに公式HPでは以前から重要なお知らせがあるとしていました。

ファンの間では「解散?」など囁かれてきていました。

ひとまず、解散ではないようなので安心ですね。

改名理由や新しいグループ名、今後の活動について調べました。

スポンサーリンク

欅坂46が改名

2020年7月16日の無観客オンラインライブでキャプテンの菅井友香が発表しました。

キャプテンの菅井友香さんが「私たち、欅坂46は5年間の歴史に幕を閉じます。欅坂46と前向きなお別れをします。新しいグループ名となり、生まれ変わります」と心機一転を報告しました。

続けて、

「たくさんの楽しい思い出があった一方で、正直悔しい思いもたくさんしてきました。なかなかこの2年は特に、出口の見えないトンネルをさまよっていたような状態だったと思います。予測できないことがたくさん起きて、思うように活動できない日もありました。

応援してくださってる皆様の期待に応えられてないんじゃないかなって思う日もありました。そして、メンバーの卒業脱退も続きました。グループの名前が独り歩きして耳を塞ぎたくなるようなことに悩まされた日もありました」

欅坂46の経歴

欅坂46は15年8月に結成。

16年4月にシングル「サイレントマジョリティ」でデビューを果たしました。

発売初週で26・2万枚(オリコン調べ)を売り上げるスマッシュヒットとなり、女性アーティストのデビューシングル最高記録(当時)を更新した。

メッセージ性の強い楽曲と、クールな世界観のパフォーマンスが話題となり、デビュー1年目からNHK紅白歌合戦に出場するなどブレークしました。

改名理由

心機一転のための改名とありますが、平手友梨奈さんの脱退が大きいと思います。

欅坂46といえば平手友梨奈さんでした。

平手さんが脱退したときは衝撃が大きかったです。

コメントでも平手さんのイメージが強かったとあります。

現体制では欅坂46=平手友梨奈のイメージを払拭できないためだと思われます。

欅坂46のイメージが良くない?

欅坂46には「イジメ問題」がありました。

当時話題になりましたが、現在うやむやなになっており、運営がもみ消したと言われています。

また欅坂46の卒業生が卒業生が悪いイメージばかりだと言われています。

卒業したメンバーが彼氏事情などを暴露してしまいました。

ファンから「いい加減にしてくれ」「欅坂46まで貶めている」「ショックすぎる」「恋愛してもいいけどYouTubeでぶちまけないでほしい」など悲嘆の声があがりました。

欅坂46のマイナスイメージを払拭するための改名だと思われます。

新しいグループ名は?

改名後のグループ名はまだ公表されていません。

ツイッターではいろいろ予想されています。

櫻坂(さくらざか)になりそうだという予想が多いです。

今後の活動やメンバーはどうなる?

8月21日の配信シングル「誰がその鐘を鳴らすのか?」を最後の楽曲としてリリースします。

10月に開催予定の「欅坂46ラストライブ」にて活動を休止します。

メンバーについて公式の発表はありません。

改名なので、メンバー変更はないと思われます。

メンバー変更したら、新しいアイドルグループになってしまいます。

世間の反応

まとめ

欅坂46の改名理由、経歴についてまとめました。

平手さんの存在が大きすぎたと思います。

前向きな改名とのことなので、あたらしく生まれ変わった欅坂に期待したいですね。

閲覧ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました