【動画】久保純子の大谷翔平への質問内容が下手で酷い?【ホームランダービー】

スポンサーリンク

日本時間13日にMLBオールスターのホームランダービーに大谷翔平選手が出場。

NHKが生中継して、現地リポーターとして久保純子アナウンサー出演。

大谷選手へインタビューする場面もありましたが、質問内容が酷いと話題になっています。

そこで今回は『【動画】久保純子の大谷翔平へのインタビュー質問内容が下手で酷い?【ホームランダービー】』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

【動画】久保純子の大谷翔平への質問内容が下手で酷い?

ホームランダービーでは、大谷翔平がフアン・ソト外野手第1ラウンドで対戦。

再延長の大激戦の末に大谷選手は敗退しました。

久保アナは終了直後の大谷選手に、インタビューしました。

 

その内容についてまとめていきます。

ホームランダービー終了後、まずは大谷選手に久保アナは「お疲れさまでした」と労います。

続けて、

「『キツい』のひとこともありましたが、(球場が高地にあるため)空気の薄さも関係ありましたか」などと、質問を重ねます。

「楽しめましたか?」の問いに大谷は「はい」と応じます。

大谷選手が再延長の末の敗退したことについて、久保アナは、思わず「悔しい」と零します。

これに大谷は「楽しかったです。いい経験になりました」と応じていました。

続けて「今のコンディションで明日のオールスターに出場する気持ちを聞かせてください」と質問。

大谷選手は「試合に向けて頑張ります」と回答。

久保アナは「ゆっくり休めそうですか?復活の方法はありますか?」と質問し、大谷選手は「疲れましたけど、しっかり休んで明日に備えます」と回答しインタビューは終了しました。

動画もツイッター上やYoutubeに投稿されています。

このインタビューが酷過ぎるとネット上で話題になっています。

確かに中身のないインタビューに感じてしまいますね。大谷選手が回答に窮する場面もありました。

大谷選手の話を全く引き出せていませんね。

またネガティブな質問だらけだと批判も出ています。

確かに負けた事や球場の環境、体力の回復などネガティブなことばかり聞いていましたね。

大谷選手のHRダービー前のインタビューでは日本のコロナの状況を挟みながらインタビューをしていたそうです。

そのときの動画は見つかりませんでしたが、久保アナは大谷選手に「日本は今非常事態宣言で(緊急事態宣言)…」と質問し始めたそうです。

 

インタビュアが、大谷よりべらべら喋っちゃだめでしょ。『日本は緊急事態宣言で苦しんでる…』から始めるセンス…は?!…絶望!聞き取りにくいし、自分出し過ぎ。レベル低過ぎるインタビューで萎えたわ。もう二度と使わないでください。

久保純子のプロフィール

久保純子アナは1972年1月24日生まれの49歳。

1994年にNHK入局、2004年からはフリーに転身しています。

NHK時代は「ニュース11」で「クボジュン」の愛称で人気となります。

「紅白歌合戦」「プロジェクトX」の司会を務めた経験があります。

NHK時代は、スポーツコーナーも担当していましたが、大谷選手への質問は上手ではなかったですね。

現在はニューヨーク在住で、昨年はTBSなどで米大統領選挙について現地の様子などをリポートしていました。

世間の反応

素晴らしいので称えて欲しかった、、ここは酸素が薄い、シンドイ、明日の為に疲れはどのように、、何から何までネガティブな質問で気持ち悪くなった。

 

外人ばかりの会見場で日本はコロナ禍で出口は見えないが今日はどんな活躍を見せてくれますか?みたいな質問していて正直大谷選手も困るだろうし暗くなる話題は避けてほしい。

 

ビックリするぐらいインタビュー下手でなんでこの人、選んだのかと残念に思った。もっと大谷選手の言葉を聞きたいのに、全然引き出せてなかったな。

 

ダービーを終えた直後の大谷へのインタビューは放送事故クラス。誰かが始末書を書かないといけない。特に今回は総合テレビだっただけにね。

タイトルとURLをコピーしました