風間球打の出身中学や両親(父,母)と兄弟の読み方|球種や球速

スポンサーリンク

今回はノースアジア大明桜(秋田)の風間球打投手について取り上げます。

現在、甲子園に出場中で野球ファンを沸かせています。

名前の読み方は球打(きゅうた)です。

珍しい名前に 世代最速157キロを誇るストレートが魅力でプロ注目のドラフト候補です。

そこで今回は『風間球打の出身中学や両親(父,母)と兄弟の読み方|球種や球速』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

風間球打(きゅうた)の出身


名前:風間球打(かざま きゅうた)
出身地:山梨県甲州市
生年月日:2003年10月11日
身長:182cm
体重:80kg
投打:右投左打
ポジション:投手
高校:ノースアジア大明桜3年

風間球打投手はの出身は山梨県甲州市です。

奥野田小学校1年生の時から軟式野球を始め、3年生の時にピッチャーに転向します。

小学校卒業後は塩山中学校に進学し、硬式野球チームの笛吹ボーイズに入団します。

中学時代はそこまで活躍はしませんでしたが、 中学2年生の時にボーイズ選手権大会2017年に出場。

中学校3年生の時には、球速135km/hをマークし、徐々に才能を開花していきます。

高校は地元山梨を離れ秋田のノースアジア大明桜に進学。

明桜高校では1年時春から公式戦に出場。

1年生で夏の予選メンバー入りを果たし、準々決・大曲工戦に先発として登板します。

自己最速138キロの球速を武器に予選で活躍します。

しかし、決勝で敗れ甲子園に出場することは叶いませんでした。

1年生秋は、県大会決勝の能代松陽高校戦に先発出場しますが、2回途中2失点で降板し、試合も敗れます。

冬から走り込みを多くするなど、下半身強化に力を入れ、高校2年の5月には紅白戦で147キロを投げ、夏の県大会でで活躍します。

3回戦・秋田西戦では最速149キロを記録。

さらに修英戦では150キロを記録します。

この頃からプロ注目のドラフト候補となります。

県大会では優勝を果たしますが、東北大会では初戦の仙台育英高校戦で先発し6回1失点と試合を作りますが、試合は敗れます。

高校3年生春には自己最速を更新する157キロを記録。

夏の予選では準々決勝の秋田戦で自己最速を更新する157km/hを記録します。

風間球打(きゅうた)の両親(父,母)

風間球打投手の家族構成は両親(父,母)と4人兄弟の6人家族です。

風間球打投手の父親の名前は啓介さんです。

2021年現在の年齢は51歳ではないかと言われています。

父親の啓介さんも塩山商の高校球児でした。

野球が好きで息子4人全員の名前には「球」がついています。

水島新司の漫画「球道くん」になぞらえ「球けがれなく星になれ」との思いを込めて息子の名前に「球」を入れたそうです。

4兄弟全員が野球をしていますが、啓介さんは息子たちのために自宅にマウンドを作ったそうです。

父や兄をお手本に球打選手も自宅のマウンドで幼い頃から練習していたそうです。

父親の啓介さんが野球大好きなのがよく伝わりますね~。

母親についてですが、名前は今日子さんです。

母親については詳細は不明ですが、啓介さんと同じ年齢ではないかと言われています。

理由は芸人のマキタスポーツさんが球打さんの両親を幼馴染であるとツイートしています。

4兄弟の読み方

先述の通り、球打投手は4人兄弟でです。

長男:球道(きゅうどう)
次男:球星(きゅうせい)
三男:球打(きゅうた)
四男:球志良(きゅうしろう)

こちらの4兄弟の名前と読み方です。

球打投手は3男です。

現在も4兄弟全員が野球をしています。

球道さんは山梨学院で内野手、球星さんは甲府工で捕手としてプレーし、末っ子の中学生・球志良君も野球をしています。

息子4人が全員野球をしているのは父親の啓介さんにとっては嬉しいでしょうね。

球種や球速

風間球打投手は伸びのある最速157キロのストレートと4種の変化球が持ち味の本格派右腕です。

ノーワインドアップから重心を下げて早めに着地し、右肘を柔らかく使った腕の振りから投げ下ろす
ストレートは平均球速140キロ後半。

空振りが奪いやすい球質で伸びがあるボールを放ちます。

伸びのあるストレートの他に110キロ台から120キロ前後の縦のスライダーや

100キロ台の緩いカーブに120キロ台のフォークボールと緩急を織り交ぜて、打者を打ち取ります。

ストレートの平均球速が148キロなので、ここに緩い変化球が加わると手が付けられなくなります。

なかなか高校生には打つことができないかもしれませんね。

甲子園初戦の帯広農戦では先発出場し、2失点10奪三振、140球で完投勝利となっています。

 

タイトルとURLをコピーしました