【顔画像】川村光のwiki経歴(大学・高校)【豊田理化学研究所フェロー】

スポンサーリンク

今回は豊田理化学研究所フェローの川村光氏について取り上げます。

川村光氏の専門分野は物性理論、統計物理となっており、研究テーマは「フラストレーションが創るスピンテクスチャ」とのことです。

難しくて何が何だか分からないですね。

川村光氏がいったいどんな人物なのまとめていきます。

スポンサーリンク

【顔画像】川村光のwiki経歴(大学・高校)

顔画像はこちらから

名前:川村光(かわむら ひかる)
年齢:66歳
学歴:東京大学理学部物理学科卒業
東京大学大学院理学系研究科物理学専攻修士課程修了
東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了

 

 

大学は東京大学を卒業されています。高校に関してはどこの学校を卒業したのか不明でした。

専門分野は、物性物理・統計物理の理論分野となっています。

これまでは磁性や相転移・臨界現象を対象に、数値シミュレーションと解析計算を組み合わせた理論的研究を行ってきたそうです。

ちょっと難しすぎて理解できませんね。

大学卒業後は大学教授や日本物理学会理事を務めながら前述の研究をされてきたみたいです。詳しい経歴はこちらから

2020年4月から豊田理化学研究所フェローに所属。

豊田理化学研究所の目的は以下の通りです。

基礎科学、基礎工学分野の研究において顕著な業績をあげられた研究意欲の高い研究者が、定年退職等により研究活動の中止を余儀なくされてしまう場合がある。そのような研究者に対して、ご自身の研究を継続できる場を提供し、研究の更なる発展や啓発活動等を支援し、その成果を通して社会に貢献する。

豊田理化学研究所フェローに所属している研究者はかなり優秀ということが分かりますね。

川村光氏の研究テーマもた世界的にも先駆的な理論研究を実施していたみたいです。

難しすぎて私には理解できませんでしたね。高校時代は物理を学ばず生物を学んでいたので全く分かりませんね。

物理を学んだ人は理解できるのでしょうか?

結婚して子供はいる?

川村光氏の家族などのプライベート情報はネット上にはありませんでした。

結婚されていても不思議ではありませんが、大学卒業後から研究一筋だったみたいで、もしかしたら結婚されていないのかもしれません。

詳細が分かり次第追記します。

まとめ

川村光氏は物性理論、統計物理を専門トス研究者です。

かなり優秀な研究者で、その研究内容は社会に多大な貢献をしていたみたいです。

また日本学術会議の会員でもあるもいたいです。

66歳になっても研究とはすごいですね。

私は66歳になったら、もうゆっくり余生を過ごしたいですけどね。

川村光氏は体が動く限り研究を続けていくのでしょうね。

川村氏のこれからの研究を応援しています。

タイトルとURLをコピーしました