【動画】握手拒否の韓国サッカー選手は誰で名前は?【東京五輪NZ戦】

スポンサーリンク

金鶴範監督率いる韓国のサッカー男子五輪代表は22日、茨城県の鹿島スタジアムで東京五輪の初戦となるB組第1戦のニュージーランド戦に臨み、0-1で敗れました。

韓国が格下のニュージーランドに負けるという波乱の展開となりましたがが、試合後のあるシーンが話題になっています。

試合後、韓国の選手がニュージーランドの選手の握手を拒否するというマナー違反がありました。

そこで今回は『【動画】握手拒否の韓国サッカー選手は誰で名前は?【東京五輪NZ戦】』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

【動画】韓国サッカー代表選手が試合後の握手を拒否

こちらが問題のシーンです。

握手せずに軽くタッチしている感じですね。

握手を求めたのはニュージーランドのストライカー、ウッド選手です。

ウッド選手も苦笑いを受けベルしかなかったみたいですね。

握手拒否の韓国サッカー選手は誰で名前は?

握手拒否した選手は韓国のMFイ・ドンギョン選手です。

国籍:韓国
生年月日:1997年09月20日 23歳
身長:175cm
体重:68kg

握手を拒否した理由は明らかになっていませんが、負けた悔しさのあまり握手をする余裕がなかったかのかもしれません。

試合を決めたのが握手を求めたウッド選手だっだのも影響したのかもしれません。

この試合は後半25分にウッド選手が均衡を破る先制点のゴールを決めました。

そのまま 1-0 で韓国が敗れてしまいました。

韓国メディアでも批判

イ・ドンギョン選手が握手を拒否したことについて、韓国メディアも批判しています。

朝鮮日報は『東京五輪:韓国サッカー男子、試合にも負けてマナーも負けた』と報じています。

スコアより残念だったのは、試合後のシーンだ。ニュージーランドのストライカー、ウッドは、試合終了後に韓国のイ・ドンギョンに握手を求めたが、イ・ドンギョンはこの握手を無視した。ウッドはぎこちない笑みを浮かべた。

もちろん、満足な結果を出せず、悔しさのあまり握手をする余裕がなかったかもしれない。しかし、全世界のスポーツ選手が和合と友情をモットーに集まる五輪の舞台で見せる振る舞いではなかった。色々な意味で言葉の出ない完敗の日だった。

朝鮮日報日本語版

勘違いしないでほしいですが、他の韓国選手はちゃんと握手しています。

握手しなかったのはイ・ドンギョン選手だけです。

世間の反応

スポーツマンシップどころか、精神が病んでる国民ですなあ

 

そういうとこやぞ

 

恥知らず過ぎないか

 

全てにおいて敗北している

タイトルとURLをコピーしました