金井裕喜・金井あずさ容疑者の顔画像・facebook|喜空ちゃんを放置死

スポンサーリンク

2020年9月に埼玉県美里町のアパートで当時生後3ヵ月の喜空(きあ)ちゃんを適切な治療を受けさせず放置して死亡させたとして両親が逮捕されました。

逮捕されたのは金井裕喜・金井あずさ夫婦です。

喜空ちゃんには下あごの骨やろっ骨が折れていて、死因は傷口などからの細菌感染。日頃から虐待があった可能性があります。

スポンサーリンク

事件概要

埼玉県美里町で2020年9月、衰弱した生後3カ月の女児を放置して死亡させたとして、県警は20日、いずれも無職で、父親の金井裕喜容疑者(29)と母親のあずさ容疑者(28)を保護責任者遺棄致死容疑で逮捕した。捜査関係者によると、女児は肋骨(ろっこつ)が折れており、県警は虐待の有無を調べる。

2人の逮捕容疑は、娘の喜空(きあ)ちゃんが肋骨を折る大けがをしており、さらに低栄養状態で衰弱していたにもかかわらず、適切な医療措置を受けさせず、十分な栄養も与えずに20年9月中旬に死亡させたとしている。

捜査関係者によると、喜空ちゃんは女の子の双子で、事件当時は双子と両親、姉の5人暮らしだった。9月中旬、両親が喜空ちゃんの体調変化に気付いて救急車を呼び、搬送先の病院で死亡が確認された。

喜空ちゃんは肋骨が複数本折れ、その傷の治り具合が異なっていたことから、県警は違う時期に骨折した可能性もあるとみて裏付けを進める。また、喜空ちゃんは双子のきょうだいよりもやせており、詳しい経緯を調べる。

Yahooニュース

酷い事件ですね。生後3ヵ月の赤ちゃんが骨折に低栄養状態だったということは日頃から暴力を振るわれていたかもしれません。

金井夫妻には双子の赤ちゃんと姉の3人の娘がいたみたいですが、他の姉妹は暴力を受けていなかった可能性があります。

記事には「喜空ちゃんは双子のきょうだいよりもやせており」とあります。なぜ喜空ちゃんだけ亡くなってしまったのか?少し不可解ですね。

金井裕喜・金井あずさ容疑者の顔画像・facebook

逮捕時の様子はすでに動画や写真で報道されていますが、金井裕喜・金井あずさ両名顔を隠しているので素顔は不明でした。

※追記
日テレの報道で金井裕喜容疑者の顔画像が判明しました。


出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/4a9b3b251ab80eab277baedbfa4a714b84c93c3e

名前:金井裕喜
年齢:29歳
住所:埼玉県美里町
職業:無職

名前:金井あずさ
年齢:28歳
住所:埼玉県美里町
職業:無職

 

両親とも無職です。29歳、28歳といい大人ですが、生活費・養育費はどうしていたのでしょうか?

保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕されていますが、両親は容疑を否認しています。

まだ虐待と決まったわけではないですが、肋骨が複数本折れ、その傷の治り具合が異なっていたことから、県警は違う時期に骨折した可能性があるとのこと。日頃から暴力をうけていたのでしょうか?

そのため事故で骨折したが無職でお金がなく病院に行けなかったという話ではなさそうですね。

 

金井裕喜・金井あずさ夫妻のfacebook・インスタ・ツイッターなどのSNSアカウントを調査しましたが、2人のアカウント思われるものは見つかりませんでした。

事件発覚から逮捕までに任意で取り調べを受けたりと時間がかかっているので、SNSアカウントを削除していたかもしれないですね。

 

※追記
朝日新聞で金井夫妻が保護責任者遺棄致死容疑と虐待をしていたことを認めたと報道されました。

県警によると、調べに2人とも容疑を認め、裕喜容疑者は「私がけがをさせたことに間違いありません。虐待で捕まるのが嫌で病院に連れていかず、そのままの状態にしました」、あずさ容疑者は「病院に連れていかないといけないと思ったが夫に拒否され、従ってしまった」などと供述しているという。

捜査関係者などによると、死亡したのは2人の四女の喜空(きあ)ちゃん。裕喜容疑者はこれまでの県警の任意の調べに対し「外で抱きかかえているときに転んでぶつけたり、ミルクの飲みが悪く口に強く哺乳瓶を入れたりしたことがあった」などと説明し、「痛がる様子がなく、病院に連れて行かなかった」などと述べていたという。

喜空ちゃんは昨年8月ごろにあごの骨折や口内の傷などのけがを負ったが、2人は喜空ちゃんがけがの影響で同月下旬ごろから哺乳が難しくなり体重が増えず低栄養状態にあったのに、適切な治療などを受けさせずに死亡させた疑いがある。死因は低栄養で免疫力が低下したことで生じた菌血症などに起因する「全身機能障害」とされた。あごの骨や肋骨(ろっこつ)が折れ、ひざや腹に複数の打撲の痕があったという。

Yahooニュース

逮捕前の警察の任意の取り調べでは喜空ちゃんの骨折は「外で抱きかかえているときに転んでぶつけた」「ミルクの飲みが悪く口に強く哺乳瓶を入れた」と説明。

病院に連れて行かなかったのは「痛がる様子がなく、病院に連れて行かなかった」と説明していたみたいです。

しかし逮捕後に金井裕喜容疑者は「私がけがをさせたことに間違いありません。虐待で捕まるのが嫌で病院に連れていかず、そのままの状態にしました」警察に説明。

どうしようもない親ですね。最初の取り調べでは虐待していたことを隠していたみたいです。

 

他の娘には虐待をしていたという情報は今のところないですが、なぜ喜空ちゃんだけ虐待したのでしょうか?

 

金井夫妻と娘3人の5人暮らしと報道されていますが、喜空ちゃんは四女です。6人暮らしになるはずですが、数が合いません。他にも亡くなったお子さんがいるのか?もしくはどこかに預けているのか?

 

まだ不明な点が多いですが、警察には他の娘さんにも虐待の被害がなかったか調べて保護して欲しいですね。

世間の反応:まとめ

生まれてくる子供も親を選べたらどんなに良いか、、。小さな子供を殺めたり、虐待したり、そんな事件が余りにも多過ぎる。どうしてそんな残酷な事が出来るのか、そんな人間は刑務所に入って食事をさせて、生かしておく価値もない。
子供の虐待とか、動物の虐待とかする人間は、最低の人間。絶対に許してはいけないと思う。そんな人間がこの世の中に沢山いると思うと、悲しくなる。

 

多分生後3ヶ月だったら、首がすわる頃です。未だ泣く事しか出来ないのに、育てる気が無いなら、何で産んだんだ。生まれて来た赤ちゃんはおもちゃじゃあ無いし、親は育てる責任があり、生まれた出た瞬間から、一個人で人間ですよ。自分も子を持つ親です。許せないです。この赤ちゃんが不憫と両親えの怒りで、涙が出ます。

 

3ヶ月の赤ちゃんが、自ら怪我をする事なんか
ほとんどないでしょう?
骨折していたなんて、どれだけ痛かったろう。
ミルクもロクに飲めなかっただろうに。
自分の子供の命を大事に出来ない人間は、
何のために生きているの?

 

3ヶ月の子が何箇所も骨折なんて考えられない。自分では骨折する様な動きは出来ないはず。産んだだけで親とはいえない人から産まれた子は悲劇しかない。

 

事件をまとめると、

金井裕喜容疑者が喜空ちゃんを虐待。妻のあずさ容疑者は「病院に連れていかないといけないと思ったが夫に拒否され、従ってしまった」と娘に適切な治療をさせずに放置。2020年9月11日に虐待で負った怪我のせいで喜空ちゃんが亡くなる。
病院が喜空ちゃんの状態(骨折等)を不審に思い警察に連絡。任意の取り調べにたいして夫妻は嘘の説明。
その後逮捕されて虐待していたことを白状し、保護責任者遺棄致死の容疑も認めている。

 

妻の方は病院に連れて行こうとしたみたいですが、夫に止められてしまい従ったので同罪ですね。

 

疑問点
・虐待の理由
・なぜ四女の喜空ちゃんだけ虐待したのか?
・他のお子さんは無事なのか?

いくつか疑問点が残っています。どんな理由にせよ、生後3か月の赤ちゃんに暴力を振るうのは理解できないですけどね。

亡くなった喜空ちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

タイトルとURLをコピーしました