亀山敬司DMM会長:wiki経歴や素顔|結婚して嫁や子供はいる?

スポンサーリンク

今回はDMM会長である亀山敬司氏について取り上げます。

スポンサーリンク

亀山敬司(DMM会長)wiki経歴や素顔

亀山敬司氏は実業家で、DMMホールディングスの会長を務めています。

世間に素顔は公表されていません。

ネットで検索すると素顔が出てくることがありますが、そのほとんどが別人なので注意してください。

亀山敬司氏の経歴ですが、1961年3月生まれの石川県出身です。

詳しい生年月日は不明でしたが、年齢は60歳となります。

石川県立大聖寺高校卒業後、19歳で露天商からキャリアをスタート。

24歳の時に家族が経営する飲食店を手伝って欲しいと請われ石川に帰郷。

雀荘やバーなどの経営を経て、1980年代後半レンタルビデオ店を開業します。

その後、事業を拡大し、1999年にデジタルメディアマート(現DMM.com)を設立します。

動画配信、通販、レンタル、オンラインゲーム、英会話、FX、ソーラーパネル、3Dプリンター、VRシアター、アカデミー、そしてアフリカ進出と多岐にわたって事業を展開しています。

亀山氏は高校卒業後に税理士関係の専門学校に進学しますが、将来の稼ぎに疑問を抱き退学してキーホルダー・アクセサリーなど売る露店を出しました。

高校時代は登山部や柔道部に所属していたそうです。

結婚して嫁や子供はいる?

亀山会長が結婚しているのか気になりますね~。

調査をしたところ、結婚しているとの情報がありました。

文春オンラインのコラムに以下の記載が確認できました。

 俺は最近、美容室に行かなくなってね。家でカミさんに散髪してもらってるんだ。どうするかっていうと、髪の毛が落ちるからゴミ袋を床に敷いて、その上にイスを置くんだ。服は全部脱いでパンツ一丁。そしてもう一枚のゴミ袋の真ん中に穴を開けて頭から被るわけ。

 そんな格好で茶の間でTVを観ながら散髪してもらうんだけど、このあいだ準備が出来てさあ今からって時に、オーストラリアにいる娘から電話があったんだ。娘は1年間の留学が終わって翌日帰ってくる予定だったんだけど、「パスポートを荷物に入れて日本に送ってしまった。帰れない」ってね。

結婚して妻(嫁)がいることが確認できました。

妻の名前などは不明でしたが、30年に以上の付き合いだそうです。

子供は娘さんがおり、2017年時点でオーストラリアに1年間留学されていたそうです。

年齢は分かりませんでしたが、オーストラリアに留学の時期や以下の2016年のツイートを考えると、大学生だったかもしれません。

妻はカフェを経営しているらしいです。

亀山敬司氏には姉がおり、DMM.com Baseの専務取締役兼蕎麦屋「権兵衛」の経営者の霜下順子氏です。

タイトルとURLをコピーしました