角森脩平(カドモリ)と海老蔵の関係や嫁の顔画像|ガーシーの暴露内容

スポンサーリンク

今回は市川海老蔵さんと親しくてしている角森脩平氏について取り上げます。

ガーシーこと東谷義和氏の配信で名前が出されて注目が集まっています。

そこで今回は『角森脩平と海老蔵の関係|嫁やwiki経歴|ガーシーの暴露内容』と題してまとめていきます。

スポンサーリンク

角森脩平と海老蔵の関係

角森脩平氏と言えば、今話題の海老蔵のメディカルトレーナーとしても話題になっている美容サロンの経営者です。

 

過去に『マツコ会議』などのテレビ番組にも出演された経験があるので、知っている方も多いかもしれません。

 

カドモリ(角森脩平)さんと海老蔵さんの関係ですが、

角森さんのブログを確認したところ、2013年1月に初めて歌舞伎を見に行ったという記事がありました。

同年3月には小林麻耶さんが角森脩平さんの小顔矯正の施術を受けています。

 

同年6月には市川海老蔵さんのブログに角森さんが登場しています。

 

 

以降、海老蔵さんと角森さんは親しい間柄となったみたいですね。

市川海老蔵さんは2016年に歌舞伎公演「Grand Japan Theater」のために、ドバイへ訪れていますが、

 

角森脩平さんも同じ日程で技術交流のためにドバイに訪れています。

 

2017年には小林麻央さんの癌闘病にも力を貸しています。

 そんな海老蔵を支えるべく、友人の1人である角森脩平氏は突然自宅を訪問。俳優の山田純大と共に子供達と全力で過ごし、「ここ数日 本当に色々なことを考えさせられる日々でした。少しでものサポート友達としての支え僕の立場として出来る限りの事はさせて頂きました。もちろん これからも友達として技術者としてサポートしていきたいと思います。」と、自身のブログにてコメントした。

 

市川海老蔵&小林麻耶、友人たちの“支え”に感謝「本当に涙」 | 話題 | ABEMA TIMES
 歌舞伎役者の市川海老蔵と、義理の姉でフリーアナウンサーの小林麻耶が27日、そろってブログを更新。海老蔵の友人であるメディカルトレーナー・角森脩平氏に対し、感謝の気持ちを述べた。

角森脩平(カドモリ)の嫁の顔画像

角森脩平さんは結婚しており、子供と美人なお嫁さんもいます。

2014年頃に海老蔵さんのブログで角森さんの家族が紹介されています。

 

お嫁さんの素顔や名前は公開されていませんが、

海老蔵さんは「奥さん美人だー」と紹介しています。

 

過去に角森脩平さんのFacebookの家族と交際ステータスに『Marina Yoshida』さんという女性が登録されていたようです。※現在は削除済み?

 

以上のことから角森脩平さんの結婚相手・嫁はMarina Yoshidaさんではないかといわれています。

 

Marina Yoshidaさんの顔画像も確認されていますが、角森さんの嫁と確定したわけではないので、素顔は隠します。

ご容赦ください。

角森脩平(カドモリ)のプロフィール

名前:角森脩平(かどもり しゅうへい)
出身:福井県三方郡
生年月日:1982年7月31日
年齢:39歳
血液型:B型
職業:カイロプラクター、鍼灸師、柔道整復師、メディカルトレーナー、テーピング療法指導員、調理師
家族:妻・子供2人

 

3人兄妹で長男として生まれた角森脩平さんは、福井県立美方高等学校を卒業後、

平成医療学園に入学して国家資格の柔道整復師・鍼灸師を在学中に取得。

 

角森脩平さんは、モデルの知り合いが多かった事から神戸コレクションで活動してから知名度を上げます。

そして、カイロプラクティックを組み合わせて美容の分野に繋げて株式会社カドモリを設立。

2015年4月6日から「シンクロ矯正®カドモリ 大阪サロン」、

2015年8月1日から「シンクロ矯正®カドモリ代官山サロン」を開業。

2017年4月17日から「シンクロ矯正®カドモリ名古屋サロン」をオープンしています。

 

カドモリさんの美容サロンKADOMORIには多くの芸能人も通っており、芸能人の方とも交流が多いようです。

KADOMORIのインスタグラムには山田孝之さんや三浦翔平さん、マイファスのHiroさんやてんちむさんの写真が投稿されています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

角森 脩平(@kadomori570731)がシェアした投稿

角森さんのサロンに訪れた芸能人
・田丸麻紀さん
・吉川ひなのさん
・小倉優子さん
・蛯原友里さん
・押切もえさん
・スザンヌさん
・藤本美貴さん
・菜々緒さん
・山田孝之さん
・三浦翔平さん などなど

ガーシーの暴露内容

角森脩平さんについての詳しい暴露は行われていませんが、女性関係ネタや週刊誌も動いているらしいです。

 


 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました