朱易(ジュ・イー)の転倒動画|インスタ画像がかわいい!フィギュアの経歴

スポンサーリンク

2月7日、北京五輪でフィギュアスケート団体戦が行われ、女子フリーに米国生まれの中国選手ジュ・イー(朱易)が登場しました。

しかし、転倒が相次ぎ、演技後は涙ながらに頭を下げ、思うような演技を行うことができませんでした。

朱易選手は6日のショートプログラム(SP)も転倒しており、中国のSNS上で批判が相次ぎ、炎上状態となっています。

スポンサーリンク

朱易(ジュ・イー)の転倒動画と画像

Sina Visitor System

朱易選手は自国開催という重圧と初の五輪ということで、2日続けて思うような演技が出来ませんでした。

6日に行われたフィギュアスケート団体戦2日目の女子ショートプログラムでは、中国代表として登場した朱は冒頭のフリップ―トーループの3回転連続ジャンプで転倒し、壁に激突するアクシデント。

後半の3回転ループも抜けてシングルとなり、女子SP10人中で最下位となります。

7日のフリーでも転倒が相次ぎ、演技後に涙を浮かべました。

朱選手は15日の個人戦女子SPに出場予定となっていますが、中国国内ではかなりの批判の声が出ており、普段通り演技することが難しいかもしれません。

 

 

 

 

朱易(ジュ・イー)のインスタ画像がかわいい

 

この投稿をInstagramで見る

 

朱易✿(@beverly.zhu)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

朱易✿(@beverly.zhu)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

朱易✿(@beverly.zhu)がシェアした投稿

朱易(ジュ・イー)のフィギュアの経歴

朱易は2002年9月19日生まれの19歳です。

出身は米ロサンゼルス。

朱さんは7歳からスケートを始め、2018年1月の全日本フィギュアスケート選手権大会の初心者部門で、2位に35点の差をつけて優勝。

同年9月、元世界チャンピオンの陳留が監督を務めるフィギュアスケートの中国ナショナルトレーニングチームに参加し、チーム創設時に唯一の女性シングルスケーターとして活躍。

同年12月、朱鷺は個人として2018-2019全米フィギュアスケート選手権大会に出場し、怪我に悩まされながらも女子シングルで4位となります。

2018年に中国籍を取得し、中国代表に選ばれるようになりましたが、中国語の語学力の問題もあり、以前から厳しい声が投げかけられることがあったそうです。

中国系移民の一家に生まれた朱選手は、2018年に米国籍を放棄して名前をビバリー・ジュからジュ・イーに改名し、中国代表として競技に出ることを決意したとのことです。

 


 

こちらが朱選手の父親です。カリフォルニア大学ロサンゼルス校の教授のようです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました