吉村優聖歩:読み方はゆうせふ!父がエジプト人のハーフ?wiki経歴や球速と球種

スポンサーリンク

第103回全国高校野球選手権大会3日目の明徳義塾vs県岐阜商の対決で明徳義塾の変則左腕の2年生、吉村優聖歩君が活躍し、話題になっています。

そこで今回は『吉村優聖歩:読み方はゆうせふ!父がエジプト人のハーフとwiki経歴や球速と球種』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

吉村優聖歩:読み方はゆうせふ!

吉村投手は『優聖歩』という珍しい名前です。

名前の読み方は「ゆうせふ」です。

無死3塁ピンチも好リリーフで無失点に抑えました。

次期エース候補として馬淵監督から期待されています。

父がエジプト人のハーフ

吉村優聖歩君の父親はエジプト人と、甲子園の実況の方が説明していました。

おそらく母親が日本人のハーフだと思いますが、吉村優聖歩君の家族の詳細は不明でした。

父親がエジプト人のため、優聖歩と日本人には馴染みのない名前がつけられたみたいです。

ユーセフはヨセフのアラビア語形なのが名前の由来かもしれませんね。

wiki経歴や球速と球種


名前:吉村優聖歩(よしむら ゆうせふ)
投打:左投左打
身長:181㎝
体重:75kg
経歴:熊本NJサンダース – 熊本中央ボーイズ
出身:熊本県
小学校:山都町立矢部小学校
中学:熊本市立錦ヶ丘中学校
高校:明徳義塾高校
球速:135km/h
球種:クロスボール、スライダー・スラ―ブ・スクリュー系チェンジアップ

 

今年の4月から馬淵監督の勧めでオーバースローからサイドスローに転向。

サウスポー&サイドスロー&トルネード投法が魅力の変則左腕です。

エジプト人の父を持つ身体能力を活かした右打者内角へのクロスボールと、スライダー・スラ―ブ・スクリュー系チェンジアップを駆使した投球が魅力の次期エース候補となっています。

甲子園ではリリーフで登板しましたが、将来は先発として登板するかもしれませんね。

世間の反応

明徳の2番手ピッチャー左腕
吉村くんが全てやった。
あの変則フォームは打てないわ
ボールの出どころがまったく見えなかった。
あの子、プロ野球選手なれる。

 

流れが明徳義塾にあった。ワンチャンスをものにした
紙一重の試合だった

 

明徳の吉村優聖歩くんの投球フォーム独特だね。左バッターは怖いだろうな

 

明徳の二番手投手(吉村優聖歩くんというらしい)のフォームが面白い。

タイトルとURLをコピーしました