八重洲口2丁目で飛び降り?20代女性の名前と顔画像や事件現場のビルはどこ?

スポンサーリンク

5月30日午前7時にJR東京駅八重洲口近くの路上で、20歳ぐらいの女性2人が倒れているのが見つかりました。

女性2人ともまもなく死亡が確認されました。

2人は、近くのビルから転落したとみられ、自殺と事件の両面から警察が調査しています。

そこで今回は『八重洲口2丁目で飛び降り?事件現場のビルや20代女性の名前や顔画像は?』というタイトルでまとめていきます。

スポンサーリンク

八重洲口2丁目で飛び降り?

30日午前7時15分ごろ、東京都中央区八重洲2丁目の路上で「倒れている人がいる」と近くの会社の従業員から110番通報で事件が発覚します。

20歳ぐらいとみられる女性2人が倒れており、搬送先の病院で死亡が確認。

近くにビルがあることから飛び降りた可能性もあるとみて、身元や現場の状況を調べています。

遺書は見つかっていませんが、2人に目立った外傷はなく着衣の乱れや争った形跡はなかったそうです。

また、遺体は靴を履いていいなかったとのこと。

自殺の可能性が高そうです。

 

生きていればそのうちいい事あるだろうと日々頑張って生きているが、
そんな希望も無いくらい思い詰めていたのだろうか。
死という決断をする前に誰かしら寄り添ってあげることは出来なかった
のだろうか。
ご冥福をお祈りします。

20代女性の名前と顔画像は?

亡くなった2人の20代の女性の身元は明らかになっていません。

友人関係だったのか、姉妹など親族だったのかは不明です。

もし自殺なら若い女性に多い同情自殺という可能性もあります。

「同情自殺」とは、一方の悩みに深く同情しているうちにお互いに「死ぬしかない」という思いが高まり、自殺してしまうことです。

ただ同情自殺は思春期の女性に多いそうなので、今回の場合は当てはまらないかもしれないですね。

事件現場のビルはどこ?

2人が倒れていたのはJR東京駅の南約400メートルの八重洲口近くの路上です。

詳しい場所やビルの特定は出来ませんでしたが、こちらのニュース映像の場所に2人は倒れていたそうです。

また今回の飛び降り事件はツイッターに目撃情報などは流れていませんでした。

日曜午前7時と朝早く、現場も人通りの少ない路地だったためかもしれませんね。

世間の反応

わたしだって人生終わりにしたいって思うこと多々あるけど、家族のことを想って日々やり過ごしてるわ。まだまだ若い、これからなのに、どうしてこういう最期になるかは当人にしか分からないのが切ない。

 

コロナ禍で八方塞がり。人生経験の豊富な私達は明るい未来を信じて耐えることが出来るけど若い子達の中には発散できる場が無い真面目な子がいる。
そういった子は今何もできない状況に絶望感を抱いている。
家族の助けや大きくは政府が何か発信すべきだ。

 

コロナ禍の中、何故か若い女性の自殺が急増しているとニュースでやっていたが、無理心中か何かかね。。ここら辺も社会の闇の部分、政治は国民の生命、安心、安全を守れていない。

 

今までのつらかった結果がこれって、手を差し伸べる、引き留める人が居なかったことの方がつらいです。

タイトルとURLをコピーしました