伊藤美誠:水谷隼の関係は幼馴染|父親と母親の仕事は何?【おんぶ画像】

スポンサーリンク

東京五輪卓球競技の混合ダブルスで水谷隼と伊藤美誠ペアが日本卓球界史上初の五輪金メダルを獲得しました。

やってくれましたね~

金メダル獲得の瞬間喜びを分かち合う2人でしたが、距離が近いと話題になっています。

そこで今回は『伊藤美誠:水谷隼の関係は幼馴染|父親と母の仕事は何?』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

伊藤美誠:水谷隼の関係は幼馴染

実は伊藤美誠さんと水谷隼2人は幼馴染です。

伊藤美誠さんは20歳で水谷隼さんは32歳と12歳離れていますが、2人とも静岡県磐田市出身。

しかも互いの実家がご近所さん同士です。

伊藤さんは4歳で、水谷さんの父・信雄さんが主宰する同市の「豊田町卓球スポーツ少年団」に入団。

週2回、保護者も手伝う練習に参加しメンバーと和気あいあいと楽しんでいたそうです。

そのため水谷隼さんは幼少期の伊藤を知っていていました。

伊藤さんも水谷さんを兄のように慕っていました。

幼馴染であり兄妹のような関係だったのかもしれないですね。

水谷水谷隼さんは中学生から国外で経験を積み、日本を代表する選手へとなりますが、地元に戻ればクラブに顔を出し、伊藤さんとも遊んだりおんぶしたりと本当の兄妹のような関係だだったそうです。

時には伊藤の自宅に行くこともあったそうです。

お互い卓球選手としてキャリアを積み現在は「みまじゅん」ペアといわれるコンビを組んで東京五輪で戦うのは運命、奇跡としかいえませんね。

仲の良さも健在で「お互いにどんな小さいことも話ができる仲」とのこと。

優勝の瞬間の抱き合うのも納得ですね。

豊田町卓球スポーツ少年団先輩・後輩関係だったときの伊藤美誠さんと水谷隼さんの画像です。

本当に兄妹みたいですが、実は2人は卓球スポーツ少年団の所属時期は重なっていないです。

年齢12も離れているため当然といえば当然ですね。

それでも伊藤美誠さんが小学校低学年の時には一緒に年越しをした年もあった程仲がよかったそうです。

水谷さんの父親が主宰のクラブですから、息子がクラブに顔を出して生徒に卓球を教える機会がもちろんあったでしょうね。

こちらが現在の2人の画像です。

こうしてみると2人ともあまり変わっていませんね。

伊藤美誠の父親

伊藤美誠さんのご両親は元卓球選手です。

兄弟はいなくて一人っ子です。

父親は会社員で物静かな性格だったそうですが、

2011年頃に両親は離婚されます。

その後は母親によって美誠さんは育てられます。

 

離婚の理由は不明ですが、離婚するまでの一家の経緯についてまとめると次のようになります。

 

元々伊藤一家は横浜に住んでいましたが、娘の美誠さんが2歳の時に

卓球がやりたいと希望します。

しかし、当時の家や住んでいる場所は卓球をする環境に適さなかったそうです。

そこで静岡に引っ越して自宅を新築します。

娘のために卓球ができる環境を整えるために引っ越しをします。

卓球が環境を整えるために金融機関から2000万円を借りたり、1階のリビングには、卓球台を設置します。

娘のために借金までして卓球ができる環境を整えます。

子供想いの強い両親ですね。

しかし、2011~12年ごろに夫婦は離婚しお父さんは家を出ます。

2013年の夏、父親は自己破産してしまいます。

原因は、離婚後も父親が負担していた住宅ローンが払えなくなったからです。

以上のことから借金を返すのが難しいと考え、家族のために離婚という選択をしたのかもしれません。

実際の離婚原因は詳しく語られていないため、想像になっていしまいますが・・・

現在も親子仲は良好で父親は、美誠さんの試合を観に来ているそうです。

 

伊藤美誠さんの父親の名前や顔画像は明らかになっていません。

噂では. 卓球の元日本代表伊藤誠(いとう・せい)さんが父親といわれているみたいですが、確証もなくデマの可能性が高いです。

母親の仕事は何?

伊藤美誠さんの母親は元卓球選手の『美乃り』さんという方です。

1975年生12月17日生まれの45歳です。

母・美乃りさんは静岡県磐田市の出身です。

中学1年時から卓球を始め、高校ではインターハイに出場。

日本体育協会認定の上級指導員、公認コーチの資格のほか、整体師の免許も取得しています

現在は卓球女子日本代表のコーチを務めています。

ちなみに卓球がやりたいと希望した美誠さんのために横浜から静岡に引っ越したのは、母親の美乃りさんの実家が静岡県磐田市だったからです。

こちらが母親の美乃りさんの画像です。

実は滅茶苦茶厳しい方だと言われています。

娘の卓球の練習には1日7時間以上のスパルタ練習を課していました。

試合に負けたら1時間、2時間と説教されることも珍しくなかったそうです。

美誠さんが転んで膝を擦り剥いたときがあったそうですが、その時は

『どうして転んだの。怪我したら卓球の練習ができなくなる』

と叱られたという逸話があります。

厳しいですが、自身も卓球選手でしたから勝負の世界が厳しいことを知っていたのでしょう。

卓球選手を目指す娘のために、厳しくしていたのでしょう。

 

美誠さんも自身の強みは『精神力』と母親に感謝しています。

しかし、練習はやはりきつかったそうです。

母について『鬼と一緒にいるような感じでした』と話したこともあったそうです。

ただ美誠さん自身が負けず嫌いなこともあり、絶対に卓球を辞めたいとは一度も言いませんでした。

また練習は厳しかったですが、1日の訓練が終わると、美乃りさんは『甘〜いママの顔』に戻ったそうです。

訓練が終わった瞬間、美誠さんを思いっきりハグして『大好きだよ』『愛しているよ』と娘をねぎらったそうです。

 

 

ちなみに美乃りさんも元夫とはたまに会う関係で割と仲もいいそうです。

借金のせいかは分かりませんが、円満離婚だったのは事実みたいですね。

世間の反応

やった!!ついに、優勝!
ついについについに、この日がやってきました!! 悲願・念願の中国を倒してのオリンピック優勝!!

 

日本悲願の金メダルおめでとう!!
最終セットまでのまさに死闘。

 

水谷、伊藤このコンビから目が離せなくなってしまった この二人の厚い信頼感羨ましい!

 

水谷、伊藤選手、中国を倒しての悲願の金メダルおめでとう。
決勝戦にふさわしいすばらしい試合でした。

タイトルとURLをコピーしました