伊藤健太郎の復帰支援の大物女優は誰で名前は?舞台はいつから?

スポンサーリンク

昨年10月に自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕された伊藤健太郎さんが10月に舞台主演することを発表しました。

逮捕刺されましたが、不起訴処分となっていたので、芸能活動をそろそろ復帰してくみたいですね。

6月30日にはオフィシャルファンクラブが発足しています。

そして、伊藤健太郎さんの復帰について、ゲンダイが芸能界の大物が支援していると報じています。

そこで今回は『伊藤健太郎の復帰支援の大物女優は誰で名前は?舞台はいつから?』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

伊藤健太郎の復帰に芸王界の大物が支援?

さらにここにきて気になる情報も飛び込んできた。伊藤が芸能界のある大物の支援を受けられることが決まったという話が流れているのだ。こうした背景も関係してか、目下、伊藤サイドが熱心に売り込みをかけているのが誕生日を迎えたNHKだという。

「2023年の大河ドラマ『どうする家康』への出演を狙っているようです。確かにどんな人間であれ復帰の機会は与えられてしかるべき。伊藤には前科も付いていないわけですし」(芸能プロ関係者)

Yahooニュース

この記事が正しければ伊藤さんに手を差し伸べる芸能界の大物が存在するみたいです。

この記事では芸能人のなのか芸能関係者なのかは不明です。

伊藤健太郎の復帰支援の大物女優は誰で名前は?

伊藤健太郎さんの復帰について『芸能界の大物』について調査したところ、東スポが伊藤健太郎さんに手を差し伸べる大物女優について報じていました。

「女優の黒木瞳が〝救いの女神〟になるでしょう。伊藤に一目ぼれし、自身が監督を務めた映画『十二単衣を着た悪魔』の主演に抜てき。めちゃくちゃかわいがってきた。映画の公開直前で逮捕され、興行収入が爆死しても、伊藤の方を心配していたぐらいです。今もよく励ましているそうですよ」(映画関係者)

東スポweb

他にもフライデーが大物映画プロデューサーについても報じています。

木下直哉氏は木下工務店の代表取締役兼グループCEOという御方。「映画プロデューサー」の肩書も持つ。

「大手配給会社と大手芸能プロに牛耳られている映画界では、唯一、忖度のない会社と言われています。直哉氏の“映画愛”は相当で、本体(木下工務店)の社員も呆れるほど(笑)。9月に逮捕、起訴された俳優・伊勢谷友介の個人的な『スポンサー』としても知られています」(スポーツ紙記者)

フライデー

ゲンダイで報じられている『芸能界の大物』を特定はできませんでしたが、意外と伊藤健太郎さんに復帰の手を差し伸べている人物は多いみたいです。

舞台復帰が決まったことからも伊藤健太郎さんの復帰を望む関係系者が多いみたいです。

誰にでもやり直すチャンスは必要ですから、伊藤健太郎さんの今後の活動に注目したいですね

舞台はいつから?

2021年10月に伊藤健太郎さんの主演舞台公演(配信予定)が決定しています。

伊藤健太郎さんの公式サイトにも舞台復帰について書かれていましたが、詳細は不明でした。

詳細については順次お知らせするとのことです。

世間の反応

復帰はして良い思う けど早すぎる。

 

待ってる人もいるだろうし
ファンクラブはいいとして
いきなり舞台主演って・・

 

早いという意見が多いが、嫌なら舞台には見に行かずファンクラブにも加入せずテレビもチャンネルを変えればいいだけ。

 

舞台にファンクラブ。どっちも好きな人だけを対象にしてるんだからとやかく言わなくてもいいと思う。

タイトルとURLをコピーしました