市村正親の結婚歴:元嫁は八重沢真美!子供の学校や名前|若い頃の写真

スポンサーリンク

市村正親さんと篠原涼子さんが離婚したことを発表しました。

2人の間には中学1年生の長男、小学4年生の次男がいますが、親権は市村正親さんが持つそうです。

実は市村正親さんは篠原涼子さんとは再婚でした。

そこで今回は『市村正親の結婚歴:元嫁は八重沢真美!子供の学校や名前|若い頃の写真』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

市村正親の結婚歴:元嫁は八重沢真美!

1984年に市村正親さん(35歳)は八重沢真美さん(22歳)と結婚しています。

当時2人とも劇団四季の役者同士。

2人の馴れ初めは「アンデルセン物語」で共演したのがきっかけだったそうです。

2人の結婚生活は19年続きますが、2003年に離婚します。

詳しい離婚理由は不明ですが、結婚後も市村さんに女性関係の噂があったみたいです。

他にも八重沢真美さんとの間に子供がいなかったということも離婚理由に挙げられています。

市村正親は離婚の2年後に篠原涼子さんと結婚しているため、略奪ではないかといろいろ噂になりましたが、真相は不明です。

市村正親さんの元嫁は現在も劇団四季に所属し、ミュージカル女優として活動しています。


名前:八重沢真美
生年月日:1962年1月26日 59歳
出身地:東京都
職業:女優
所属:劇団四季

 

離婚後、八重沢真美さんが再婚したという話はありませんでした。

現在も独身かもしれません。

八重沢真美の若い頃の写真や経歴


こちらは1987年劇団四季「ハンス・アンデルセン」のパンフレットに掲載された八重沢真美さんの画像です。

25歳のときですね~美しいですね。

 

当時の市村正親さんの画像も掲載されていました。

 

八重沢真美さんは母親がバレエダンサーだった影響で3歳からクラシックバレエを始めます。

 

高校卒業後に東京シティバレエ団に入団しバレエダンサーとして活動。

1982年に劇団四季創立30周年記念オーディションに合格し劇団四季へ移籍します。

1983年にアンデルセン物語のマダム・ドーロ役で初舞台出演。

1984年に市村正親さんと結婚。

結婚後も舞台出演を続けますが、1993年に四季を退団します。

退団後はテレビ・映画・舞台で活躍しますが、2003年に市村正親さんと離婚と同時に劇団四季に再入団します。

現在も劇団四季の女優として活躍中です。

子供の学校

市村正親さんは八重沢真美さんと離婚後に篠原涼子さんと2005年に結婚します。

市村正親さんと篠原涼子さんの馴れ初めも、舞台での共演でした。

2人の間には中学1年生の長男、小学4年生の次男の息子さんが2人います。

長男:2008年5月10日生まれ

次男:2012年2月22日生まれ

息子さんの名前は公表されていませんでした。

息子さんが通っている学校ですが、2人とも青山学院初等部に通っていたそうです。

大学まで行けるエスカレーター式の学校で芸能人御用達の学校ですね。

長男は中学生ですが、おそらく青山学院中等部に通っていると考えられます。

追記:市村正親の長男が舞台デビュー

NEWSポストセブンが市村正親さんの長男がこの秋に、舞台出演が決まっていると報じました。

どうやらその舞台はミュージカル『オリバー!』のようです。

<フェイギンのギャング団>(計20人)と、<救貧院のこどもたち>(計26人)を演じる子役たちは下記のとおり。この中にはなんと、『レ・ミゼラブル』『ビリー・エリオット』『キンキーブーツ』など、おなじみの人気ミュージカル作品で活躍した錚々たる顔ぶれの子役俳優たちが参加している。さらに、そこにはフェイギン役・市村正親の実の長男も含まれている。

spice

市村正親さんも出演する舞台ですが、総勢54人の子役キャストが出演されるみたいです。

その子役に市村正親さんの長男が含まれているそうです。

キャストを確認したことろ、市村優汰さんの名前が確認できました。

しかし、市村優汰さんが市村正親さんの長男かは断定できません。

なぜなら市村優汰が芸名の可能性があります.

また、他のキャストに市村性は確認できませんでしたが、本名ではなく芸名の可能性もあります。

そのため市村優汰さんが市村正親さんの長男なのかは不明です。

離婚理由は何?別居生活が原因?

市村正親さんと篠原涼子さんはオシドリ夫婦として有名でしたが、

新型コロナウイルスの感染リスクを考え2020年8月に篠原さんが自宅を出て別居を始めたと報じられました。

当時は離婚説などは出ていませんでしたが、今年6月にも再び女性自身が篠原涼子さんが別居を継続していると報じ、夫婦仲を心配する声が出ていました。

市村正親さんと篠原涼子さんの離婚発表のコメントでは、この別居生活が基本となり、夫婦、親、互いに役者として、新たな形を考えるようになったそうです。

そして離婚という結果となったみたいです。

円満離婚という風になっていますが、親権を市原正親さんが持つことになり、いろいろ憶測が飛び交っています。

夫が親権を持つことは別にいいことだと思いますが、市村正親さんの72歳という年齢から子育てを心配する声も出ています。

ただ、すでに別居生活が1年近く経っているので、大丈夫ではないでしょうか。

篠原さんも離婚はしますが子育てをサポートするとコメントを出しています。

いろいろ言われていますが、円満離婚ということになりますね。

スポンサーリンク

世間の反応

かの石橋、鈴木元夫妻といい、略奪うんぬんとなると、最後までとはならないようですね。

 

72歳の市村が親権持って大丈夫?
老い先短いのに子供が成人するまで面倒見れるの?

 

オシドリ夫婦と言われていたのに何があったのか。子供は13歳と9歳の男子。まだお母さんは必要です。男3人の家庭になったら寂しいと思う。

 

大物の離婚が続いてる時で、オリンピックの話題だらけの時の方が、離婚発表しやすいかもね。

タイトルとURLをコピーしました