石井英寿(いしいさん家)の経歴と妻や家族【ノンフィクション】

スポンサーリンク

2022年7月31日放送の【ザ・ノンフィクション】では千葉県にある「いしいさん家」という認知症や統合失調症などの患者を預かる介護施設が取り上げられます。

「いしいさん家」を運営しているのは石井英寿(ひでかず)さん(47)です。

 

 

そこで今回は石井英寿さんについてまとめていきます。

スポンサーリンク

ノンフィクション・石井英寿の経歴

“ありのまま”を受け入れるという方針で、施設を運営する石井英寿さん(47)は、“介護業界の異端児”と呼ばれているそうです。

 

石井英寿さんは1975年3月19日生まれの埼玉県川口市出身です。

高校時代に所属していたラグビー部の監督の紹介で、介護施設のボランティアをすることに。

そこで、目の見えないおばあちゃんが笑ってくれたことがきっかけで介護職の道を志すようになります。

 

淑徳大学社会学部社会福祉学科卒業後に介護老人保健施設で相談員・介護職として8年間勤務。

施設の画一的な介護の在り方に疑問を抱くようになり、2005年に退職。

 

同年10月に有限会社オールフォアワンを設立。

2006年1月1日に千葉県千葉市花見川区の住宅街の民家で、縦割りの社会ではなく、赤ちゃんからお年寄りまでの居場所作りを目指し、『宅老所いしいさん家』を開所。

同年5月に居宅介護支援事業所『いしいさん家の介護相談室』開所。

同年9月にお泊りの家開始。

2008年2月に自宅を開放して、『宅幼老所みもみのいしいさん家』開所。

2011年1月に国分塗装店に、『お泊りの家』『みもみのいしいさん家』を引っ越します。

同年5月に日中一時支援事業『みんなのいしいさん家』開所。

2014年7月に託児所開所。

2017年12月には訪問看護事業もスタート。

 

 

石井英寿さんは「いしいさん家」の運営だけではなく、様々な分野で活動されています。

 

石井英寿妻や家族

石井英寿さんは、結婚しており、4人のお子さんもいます。

結婚した妻は、大学卒業後に勤務していた介護老人保健施設で同僚だった「香子」さんです。

御家族で協力して施設の運営にあたっているようです。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました