【稲田真優子】犯人の56歳の男の名前や顔画像は?天満殺人事件

スポンサーリンク

大阪市北区天神橋のカラオケパブで、オーナーの稲田真優子さんが亡くなった事件で、犯人と思われる男が殺人容疑で取り調べを受けていることが判明しました。

スポンサーリンク

概要

6月14日に6月14日に稲田真優子さんは「第二JKビル」5階のカラオケパブごまちゃんの店内で亡くなっているのを知人女性が発見。

警察は稲田真優子さんの胸に刺し傷、首には複数の切り傷があったことから、殺人事件として捜査していました。

現在、店の常連客だった兵庫県西宮市の会社員の男(56)が事件に関与した疑いが強まったとして、殺人容疑で取り調べを受けています。

すでに逮捕状を取っており、容疑が固まり次第、逮捕する方針とのこと。

稲田さんが殺害されたとみられる11日に男(56)が、現場のビルに出入りする様子が防犯カメラに映っていたそうです。

 

犯人の56歳の男の名前や顔画像は?

現在、取り調べを受けている男の名前や顔画像は公表されていません。

現在判明している情報は以下の通りです。

名前:宮本浩志
年齢:56歳
職業:会社員
住所:兵庫県西宮市

捜査関係者によると、防犯カメラ映像などから56歳の男の関与が浮上したそうです。

男は、今年1月にオープンした稲田さんの店の常連客とのこと。

以前、稲田さんが働いていたいお店にも客として通っており、稲田さんに一方的に好意を寄せていたとの情報もありました。

稲田真優子さんはアイドルのような存在

稲田さんは前の勤務した店を辞めてから半年ほど準備期間を経て、独立して今年の1月にカラオケパブごまちゃんをオープンします。

兵庫県の出身で、20歳くらいからJR天満駅近くのカラオケバーで仕事をしていたそうです。

 

稲田真優子さんの知人や利用客の話だと、独立したお店ではアイドルのような存在で性格は天然で人気者でした。

 

稲田さんの知人女性:「真優ちゃんのお客さんはちょっと変わっているというか、一方的な恋愛というか、アイドルみたいな」

 

利用客:「たまに毒舌が出たりする。天然で店のお客さんからも愛されてたんちゃうかなと。店をやり始めたから頑張らなあかんなと話をしていた」
知人の男性:「同い年だったので、稲田さんの店にはよく通っていた。しっかりしていて礼儀正しく、愛想がよくて、アイドルのようだった。恨まれるようなことはないと思う。トラブルも聞いたことがない」
知人女性:「明るくてみんなから人気者で、AKBとかそういう感じで推しのお客さんがいっぱいいる感じ。びっくりやし、まさかって感じ」

稲田さんのお店を利用していた他の客の話によると、

「『お客さんでしつこく電話が来て嫌だ』とかはあったけど、『電話がしつこい』という度合いは聞いていないので、水商売柄、普通かなと思っていた」

しつこいお客さんに絡まれたいたという情報もありました。

客の1人から、頻繁にメッセージが送られ、わずかな時間に20~30件届くこともあったそうです。

このしつこい客が事情聴取を受けている56歳の男だったかもしれません。

男が勘違いして稲田さんを一方的に好きになり、今回の犯行に至った可能性があります。

パブの女性従業員が男性客に優しくするのは当たり前。それを勘違いするのはナンセンスです。

スポンサーリンク

世間の反応

もっと早く捕まると思ったけど意外と時間が掛かったね。どんな事情か分からないけど、女性から見たらただの客で男から見たら勝手に特別な存在になってたのかも。

 

好きになるのはいいと思う。
でも、相手にその気ないなら、仕方ないし、心で思うだけでも、切ないかもしれないけど、それはそれでいいはずなのに。

 

30歳以上も離れた女の子にストーカーして殺害って…
怒りと悲しみでやるせなくなる…

 

前の店からの常連で、好意を寄せてしつこくしていたストーカーってこと?
56にもなって20代の女の子に熱をあげるとか、付き合える可能性もないことわからないのかな?

タイトルとURLをコピーしました