井戸侃也のfacebookと明神功武の高校や顔画像や生い立ち:高知

スポンサーリンク

都内にある女性専用のシェアハウスに侵入し、30代の女性にわいせつな行為をしようとしたとして、男2人が8月12日に逮捕されました。

逮捕されたのは、明神功武容疑者と井戸侃也容疑者です。

 


左が井戸侃也、右が明神功武です。※画像は週刊女性より

 

2人の詳しい生い立ちや前科について週刊女性が8月24日に報じました。

 

そこで『井戸侃也のfacebookと明神功武の高校や顔画像や生い立ち』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

井戸侃也と明神功武の顔画像

事件が起きた4月に、井戸侃也と明神功武は大阪から遊ぶために上京。

わいせつ目的でシェアハウスに侵入して30代の女性を襲いますが、失敗します。

犯行失敗後、その日の内に大阪へ戻っています。

 

 


名前:明神功武(みょうじん いさむ)
年齢:23歳
職業:不明
住所:大阪

 


名前:井戸侃也(いど なおや)
年齢:27歳

 

井戸侃也は逮捕時の顔画像がありませんでしたが、以前逮捕されたときに顔画像が公表されていました。

2人がどのように知り合って犯行に及んだのかは不明でした。

一部では井戸容疑者に脅されて明神功武は犯行に及んだのでは?という声も出ていました。

井戸侃也のfacebookや高校と前科

Facebookにログイン
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。

こちらが井戸侃也のfacebookです。

逮捕時の報道では「住所不定」とありましたが、facebookには和歌山出身・在住とありました。

今回の事件の主犯格は井戸侃也容疑者でした。

地元の知人の話だと、

「何かあるとすぐに逃げ隠れする卑怯者で、周囲に嫌われていましたね」

とのこと。

学校名は不明でしたが、和歌山県内の定時制の高校に通っていたそうです。

2015年には、過去に働いていたという和歌山市内の派遣会社に侵入して現金14万円を盗み逮捕されています。

2020年には未成年の女子中学生を誘拐したとして逮捕されています。

明神功武の高校やfacebook

明神功武の出身高校は高知県立高知丸の内高校です。

 

今回の週刊女性の記事で顔画像が掲載されたことから、龍馬学園:国際デザイン・ビューティカレッジ/グラフィックデザイン科に通っていたことが確定しました。

龍馬学園のHPには明神功武の顔画像と出身高校の記載がありました。

週刊女性に掲載されていた顔画像と一致しているため、間違いありません。

デザインコンテストで入賞を果たすほどの才能があったみたいですが、逮捕とはね・・・

 

グラフィックデザイン科学生作品、県展ポスターデザインコンペで県展ポスターに採用! : 国際デザイン・ビューティカレッジだより
第72回県展のポスターデザインコンペにおいて、審査がおこなわれ国際デザイン・ビューティカレッジ、グラフィックデザイン科2年生の明神功武くん(高知丸の内高校出身)の作品がみごと選ばれました。おめでとうございます。5月16日(木)の高知新聞朝刊にも掲載されました。

 

明神功武のfacebookやインスタ、ツイッターなどを調査しましたが、特定には至りませんでした。

井戸侃也の生い立ち

井戸侃也は和歌山県出身で、10代のころから後輩や女友達、出会い系サイトで出会った女性に酒を飲ませて酔わせ、レイプを行うなど、札つきの悪でした。

飲酒やバイクの窃盗などもしており、

知人の話だと被害者は未成年で、レイプ回数は10回を超えるそうですが、どれも証拠不十分で逮捕されなかったそうです。

成人してからも井戸容疑者は定職に就かず、悪行を重ねており、今回逮捕に至りました。

2020年には大阪府内の女子中学生を、未成年だと知りながら、誘拐した疑いで逮捕。

SNSで知り合った大阪の女子中学生を誘拐したとして、未成年者誘拐の疑いで、無職の25歳の男が逮捕された。

逮捕されたのは、住居不定・無職の井戸侃也容疑者。警察によると、井戸容疑者は、今月4日、SNSを通じて知り合った大阪府内の女子中学生を、未成年だと知りながら、誘拐した疑い。

今月4日の午後9時ごろ、女子生徒の親族から通報を受けた警察官が、京都府内で一緒にいる2人を発見。井戸容疑者は「来るなというのに来た」と釈明したが、スマートフォンには、井戸容疑者が女子生徒を誘い出した形跡が残っていたという。

井戸容疑者は、容疑を否認しているが、警察は、わいせつ目的の可能性もあるとみて追及している。

 

このときも住所不定と報道されていますが、2016年の逮捕報道では和歌山県在住で派遣社員とありました。

去年の暮れ、派遣された会社に侵入して現金14万円を盗んだとして、和歌山市の21歳の男が、 きょう(12日)窃盗と建造物侵入の疑いで和歌山西警察署に逮捕されました。

逮捕されたのは、和歌山市六十谷(むそた)の派遣作業員・井戸侃也(いど・なおや)容疑者21歳です。

警察の調べによりますと、井戸容疑者は、去年(2015年)12月30日夜から31日朝にかけて、和歌山市三沢町(みさわちょう)の警備会社に侵入し、棚に入っていた現金14万円を盗んだ疑いです。井戸容疑者は、この会社に去年12月20日から30日まで派遣作業員として勤務していました。

調べに対して、井戸容疑者は「現金は持ち出したが、盗んだわけではない」と容疑を否認しています。

関西を拠点に活動しているのは間違いないですね。

明神功武の生い立ち

週刊女性によると、共犯の明神功武容疑者は8月12日に逮捕されるまで犯罪とは無縁の生活を送っていました。

「実は主犯格の井戸容疑者が、明神容疑者を脅し、犯行を強いていた可能性が浮上しているんです。明神容疑者は何らかの事情で抵抗できなかったのでは」

週刊女性の記事でも上記のように報じられています。

現在も事件の動機や経緯については警察が捜査しているので、今後新たな事実が判明するかもしれません。

中学時代の同級生によると、明神功武容疑者は吹奏楽部に所属していたそうです。

2011年の朝日新聞に明神功武という13歳の中学生が『マーチング四国に出場』という記事がありました。

逮捕された明神功武容疑者と年齢や経歴が一致しますが、同一人物かは不明でした。

幼少期から美術の道を志していたこともあり、中学卒業後は高知県立高知丸の内高校→龍馬学園に進学します。

現在、23歳ですが逮捕時の報道では職業不詳とあり、デザイン系の仕事には就けなかったかもしれないですね。

 

更新中

世間の反応

いやいや
何でこんだけ繰り返してるのに刑務所ブチ込まれないの・・?
どうなってるのよ・・・

 

未遂とはいえ被害者にとってはトラウマにもなりうる事を彼はしてきた。しかもその数はひとりふたりではない。

 

何でこれだけの悪行を重ねているにもかかわらず、服役していないのか理解出来ない。

 

繰り返しの犯行でも証拠不十分で逮捕できず…と有ったが
その当時に逮捕出来ていれば被害者が少なくて済んだろうに

タイトルとURLをコピーしました