井田莉歩容疑者の顔画像・facebookは?ミュンヒハウゼン症候群?

事件・事故
スポンサーリンク

生後2カ月の長男の口に血液を含ませて嘔吐させたとして、傷害容疑で井田莉歩容疑者(23)が逮捕されました。

なぜ自分の子供に血液を飲ませたんでしょうね?気味が悪い事件ですね。

井田莉歩容疑者の顔画像・facebook、誰の血を飲ませたんかまとめていきます。

スポンサーリンク

概要

生後2カ月の長男の口に何者かの血液を含ませて嘔吐させたとして、大阪府警捜査1課は8日までに、傷害の疑いで、大阪市住之江区、母親のアルバイト井田莉歩容疑者(23)を逮捕した。逮捕は7日付。容疑を否認している。

 逮捕容疑は、2月中旬と3月上旬、大阪市の病院の病室で、入院中の長男の口に誰のものか分からない血液を含ませ、吐かせた疑い。長男に命の別条はない。
Yahooニュース

長男は入院中だったみたいです。赤ちゃんが嘔吐したみたいで、結構な量の血を飲ませたみたいです、しかも誰の血か分かってないみたいです。

元々長男は発熱のために入院しており、入院中に20回以上、血を吐きましたが、井田莉歩容疑者との面会中に吐血していました。

病院で診察しても長男の体に異常はなく吐血原因が不明だったので母親が疑われたみたいです。

井田莉歩容疑者の顔画像・facebookは?

現在、井田莉歩容疑者の顔画像は公開されていません。

facebookなどのSNSアカウントも調べましたが、井田莉歩容疑者のものと特定できるアカウントはありませんでした。

名前:井田莉歩
年齢:23歳
職業:アルバイト
住所:大阪市在住

誰の血をなぜ長男の飲ませた?

誰の血であるかは報道されていませんが、井田莉歩容疑者の血液の可能性が高いですね。

病院に置いてある輸血用血液だったら、病院側もなくなっていることに気づくし、管理も厳重です。報道で公表もされます。

注射器で自分の血を抜いたんだと思います。

なぜ長男に血を飲ませたかですが、代理ミュンヒハウゼン症候群だと考えられます。

ミュンヒハウゼン症候群の一形態であって、傷害の対象が自分自身ではなく何か代理のものであるような精神疾患である。

周囲の関心を自分に引き寄せるために他者を傷つけ自分に関心を持たせて、精神的満足を得ようとする精神疾患です。

井田莉歩容疑者は長男に血を飲ませて、吐血したようにみせて、病気のように思わせたかったみたいです。

理由は、病気の子供をを献身的に看病する悲劇の母を演じたいからだと思います。

自分の体を傷つけて注目をあびるのがミュンヒハウゼン症候群、他者を傷つけるのが、代理ミュンヒハウゼン症候群です。

ドラマ『コードブルー』でもミュンヒハウゼン症候群のお話がありましたね。

傷害を目的として行っているわけではないですが、行為が続くと、自分も他者も重篤な傷害を負う危険があります。

まとめ

井田莉歩容疑者の顔画像・facebook、ミュンヒハウゼン症候群についてまとめました。

井田莉歩容疑者はおそらく代理ミュンヒハウゼン症候群という珍しい疾患です。傷害、虐待になりますね。

長男は命に別条がないということが幸いですね。長男を傷つけたいわけではないので、何とか治って欲しいですが、精神疾患は完治が難しいみたいです。

旦那さんや井田莉歩容疑者の両親など支えになってくれる人がいるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました