藤井聡太の高校中退理由は空白の2ヵ月や出席日数が影響?【自主退学】

スポンサーリンク

藤井聡太王位・棋聖(18)が3月に卒業予定だった名古屋大教育学部付属高校を1月末に自主退学していたことが分かりました。

あと2ヵ月弱で卒業という時期に自主退学していたことに世間は注目しています。

そこで今回は『藤井聡太の高校中退理由は空白の2ヵ月が影響?【自主退学】』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

藤井聡太が高校中退!

日本将棋連盟は16日、藤井聡太二冠(18)=王位、棋聖=が3年生として在学していた名古屋大教育学部付属高(名古屋市)を今年1月末で自主退学したと発表した。

藤井二冠は、連盟を通じ「タイトルを獲得できた事で将棋に専念したい気持ちが強くなりました。秋に意思を固め、数回学校と話し合いをした上、1月末日付で退学届けを提出いたしました。一層精進していく所存ですので、今後ともよろしくお願い申し上げます」とコメントした。

18年の入学時から既に棋士として活動しており、東京や大阪への遠征で授業を欠席せざるを得ないことが多かった。さらに今期は挑戦者として棋聖戦五番勝負、王位戦七番勝負にも臨み、いずれも獲得したこともあって多忙を極めていた。

名大教育学部付属高の三小田博昭副校長は「ご本人がお話しされたことが全てです。今、同級生たちは受験で頑張っていますし、いろんな生徒がいろんなことで活躍しています。彼も新聞で見ない日はないくらいの活躍をしていて、ずっと応援していますし、これからも応援しています」と話している。

Yahooニュース

藤井二冠の自身の高校中退についてのコメントは以下の通りです。

『タイトルを獲得できた事で将棋に専念したい気持ちが強くなりました。秋に意思を固め、数回学校と話し合いをした上、1月末日付で退学届けを提出いたしました。一層精進していく所存ですので、今後ともよろしくお願い申し上げます』

将棋に専念するために高校を自首退学という道を選ばれました。あと2ヵ月だけなのにと凡人の私は考えてしまいますが、卒業までの2ヶ月さえも惜しいと思う感覚が普通の人と違う感覚なのでしょうね。

自主退学の理由は?

藤井二冠は2020年の秋に高校自主退学を考え始めたそうです。

もう少し藤井聡太さん高校中退の理由について考察したいと思います。

そもそも高校進学には消極的だった

そもそも藤井聡太さんは中学校を卒業後は進学せずに将棋に専念したかったそうです。

藤井聡太さんは史上最年少の14歳2ヶ月で、四段に昇段して、中学生ながらプロ棋士となりました。このまま進学せず将棋の道に進みたかったのですが、母親を含め周りの人間は進学を希望しました。

親ならば、自分の子供がプロ棋士とはいえこのご時世高校くらいは卒業して欲しいという願いは自然ですね。

周りの希望もあり名古屋大教育学部付属高校に進学します。

空白の2ヵ月で将棋のレベルが格段に上がる

藤井聡太さんが高校退学を意識する少し前に空白の2ヵ月という期間がありました。

空白の2ヵ月とは新型コロナウイルスによって対局がなかった4月からの約2か月の期間の事です。

藤井聡太二冠はこの2ヵ月の間、学校に通う事も対局することもなく、自分の将棋を見つめ直すことが出来たと語っています。

「自分の傾向として、判断に迷ったときに1つの読み筋を深く掘り下げすぎてしまい、形勢を損ねることがありました。適当なところで読みを切り上げ、自分の手を信じて決断して進めることが大切なのではないかと思いました」

コロナ禍の自粛期間までは藤井二冠の将棋は中盤の難所で長考に沈み、持ち時間で大きく失うことが多かったです。

しかし、この空白の2ヶ月間で自分の将棋を見つめ直すことが出来て、中盤の迷いが減り、終盤はむしろ相手の方が持ち時間を減らす展開が目立つようになりました。

 

やはり去年の「空白の2か月間」が効いたのかな、と。
コロナで学校に通えない中、研究時間を2倍も費やした事によって劇的な成長を果たした事を本人も実感しているんだと思います。
二冠になり、「もっともっと研究に時間を費やし強くなりたい」という想いがあるのでしょう。

出席日数が足りなかった?

2020年夏の取材では「高3になってから学校には行っていない」と話していました。

2020年はコロナの影響で学生さんは大変でしたからね。もちろん、社会人も大変でしたが、学生は貴重な青春の時間が失われてしまいました。学校に通うことが出来ない期間が多かったです。

 

出席日数や単位が厳しかったのかな。
いいんですよ、高校なんか卒業しなくても、藤井さんは誰よりも立派な大人です。
ただお母様は気を揉んだでしょうね。

出席日数や単位が足りなかったのではという意見もありますが、『秋に意思を固め、数回学校と話し合いをした上、1月末日付で退学届けを提出いたしました。』と話しています。

何回も話し合ったとあるので学校側は卒業させたかったと思います。補習などが必要だったかもしれませんが、3月の卒業のための単位や出席日数の目途は立っていたと思います。

自主退学理由:まとめ

以上藤井聡太二冠の自主退学の理由を考察しました。

報道の通り将棋に集中するためですね。あと2ヵ月で卒業なのにと考えてしまいますが、藤井聡太二冠なら2ヵ月あれば劇的に将棋のレベルが上がる可能性が高いのは空白の2ヵ月で証明済み。

これから将棋人生のために時間をフル活用するために高校中退を決断したのだと思います。

聖火ランナーも辞退しているので、すごいですよね。

世間の反応

出席日数や単位が不足していて、卒業の為にはそれらを補修等で補わなければならなかったのかな。
そして彼のこれからの人生にとって「高卒である」と言う事は、それらに対して時間を割く程の事とは思わない、必要ない、今同じ時間を使うならば将棋にと判断したのでしょう。
別に高卒の「肩書」が欲しいだけなら将来暇が出来てからでも何とかなったりするし。
将棋一筋でこれからも活躍してくださる事を楽しみにしています。

 

もったいないのは、学校側の話だと思います。
単位が足らなかろうが、出席日数が足りなかろうが、これだけの特別な方には卒業生になってもらった方が学校のためには断然良いだろうに。
そう言う特別扱いを、藤井さんは辞退されたのかな?

 

聖火ランナー辞退も合わせて、並々ならぬ将棋に対する覚悟がわかる。一手一手に時間を惜しまず最善手を追求する彼の将棋に対する姿勢からすれぼよくわかる。将棋を極限まで究めようとする彼を、ずっと見て行きたい。自分の退職と時を同じくするように彼が登場してきて、彼の足跡を見ていける幸せを与えてくれて、藤井聡太氏に感謝したい。

 

多忙で履修が厳しかったかな。高卒資格は必要なら後で通信でも取れるから今は将棋頑張ってください。履修規定に例外を設けなかった高校と藤井棋士の英断双方に敬意を表したいです。

タイトルとURLをコピーしました