細畑真佐樹容疑者の顔画像・facebookは?|勤務先の郵便局はどこ?

スポンサーリンク

勤務先の郵便局から持ち出した大量の切手を金券ショップで換金し、約7500万円を着服したとして、細畑真佐樹容疑者(49)が逮捕されました。

細畑真佐樹容疑者は元会計担当課長という立場で切手の着服を繰り返し、総額は約2億7千万円に上るとみて警察が調べています。

今回は『細畑真佐樹容疑者の顔画像・facebookは?|勤務先の郵便局はどこ?』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

事件概要

郵便切手200万枚余り(約9400万円相当)を着服し金券ショップで換金したとして、警視庁愛宕署は16日、業務上横領の疑いで、芝郵便局(東京都港区)の元会計担当課長、細畑真佐樹容疑者(49)=東京都江戸川区東小岩=を逮捕した。他にも着服を繰り返し、総額は約2億7千万円に上るとみて調べている。

愛宕署によると、細畑容疑者は「廃棄される切手がもったいないと思った」と容疑を認めている。企業などが大量に郵便物を送る際、封筒やはがきに貼らずに料金相当額で一括支払いする切手を悪用。窓口で消印を押し細断処分しなければならない切手を持ち出して換金し、飲食代などに充てたとみられる。

逮捕容疑は平成28年4月上旬~29年3月下旬、額面で約9400万円相当の切手計約201万2500枚を百数回にわたり金券ショップに持ち込み、約7500万円で売却した疑い。

日本郵便は30年8月、細畑容疑者を懲戒解雇し、昨年11月に愛宕署に刑事告訴していた。

iza

切手の着服はたびたび報道されますね。

今回は元々廃棄される切手を着服、そして元会計担当課長という立場だったことからバレにくかったのかもしれません。

別記事では事件は日本郵便が18年3月、東京国税局からの指摘で問題を把握とありました。

 

不正は郵便局内部で見つかったのではなく、国税庁からの指摘で発覚とある。
金券ショップ側のデータでやたら高額の所得を得ているのに確定申告をしていない個人を国税庁が発見し、そのお尋ねが郵便局に行って判明したんだろう。

 

国税局からの指摘なら、恐らく、預貯金や高額な買い物、所持等で、査察があったんでしょうね。

国税局が何らかの理由で細畑真佐樹容疑者を不審に思い日本郵便に指摘したのでしょう。

バレないだけで他の郵便局でも同じような被害がありそうです。業務手順や管理体制を見直した方がいいですね。

細畑真佐樹容疑者の顔画像・facebookは?

現在顔画像は公表されていません。

名前:細畑真佐樹
年齢:49歳
職業:芝郵便局の元会計担当課長
住所:東京都江戸川区

細畑真佐樹容疑者のfacebook・インスタ・ツイッターなどのSNSアカウントを調査しましたが、細畑真佐樹容疑者のアカウントと特定できるものは見つかりませんでした。

細畑真佐樹容疑者が逮捕されたのは2月16日ですが、18年8月に日本郵便を懲戒解雇されています。

逮捕されることを考えて自身のSNSアカウントは削除しているでしょう。

会計担当課長なのでおそらくエリートだったのでしょう。真っ当に働いていればよかったのに・・・もったいないことをしますね。

勤務先は芝郵便局

報道では芝郵便局(東京都港区)に勤めていたとあります。

結構大きい郵便局ですね。営業時間も長く利用しやすい立地ですが、その分利用者も多く混雑しているみたいです。

局員はただでさえ忙しいのにこのような事件が起きていい迷惑ですね。真面目な郵便局員が可哀そうです。

スポンサーリンク

世間の反応

これ数年前にも同様の事件があったが、ひとつの錬金術になってるから当該の業務手順を考えるなりしないとまだまだ続発するだろうし、全国的に行われている可能性もあるのだから徹底的に調査すべき。局を調べるより、金券ショップに切手を大量に持ち込んだ人物を調べたほうが早いはず。

 

これはやり過ぎたから発覚しただけで多かれ少なかれ郵便局幹部は小遣い稼ぎする方法としてやってる人がおおそうですね

 

このニュースを見てヒヤヒヤしている郵便局員もいるかもね。

 

この前も同じ手口の横領があったぞ。全国的にやらなきゃ損みたいにやりたい放題になっているのでは?

タイトルとURLをコピーしました