干場香名女の顔画像や経歴・学歴やfacebook|小泉進次郎公設秘書

スポンサーリンク

小泉進次郎環境相の公設第一秘書が文春で取り上げられました。

環境省の大臣公用車を不適切に利用した疑惑が報じられてしまいました。

小泉進次郎環境相の公設第一秘書の名前は干場香名女(ほしば かなめ)さんです。

今回は『干場香名女の顔画像や経歴・学歴やacebook|小泉進次郎公設秘書』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

干場香名女の顔画像・facebook

顔画像はこちらから

年齢は57歳です。

57歳とは思えないほど美人ですね。

文春に取材の様子のが画像で掲載されていましたが、眼鏡とマスクを着用していて可愛らしい雰囲気もありました。

facebookに干場香名女さんらしきアカウントもありましたが、プロフィールは何も書かれてなく、投稿もありませんでした。

インスタもありましたが、現在は非公開となっているようです。

干場香名女さんが結婚しているかも気になりますね。

アンバサダーサミット2014の動画がYoutubeに投稿されており、干場香名女さんの動画が確認できました。

左手に結婚指輪はしていないようです。

年齢的には結婚していも不思議ではないですが、詳細は不明でした。

干場香名女の学歴・経歴

干場香名女氏の学歴については不明でした。東京都立井草高校出身という情報がありましたが、真偽不明です。

経歴については、三菱商事、ケンタッキー・フライドチキンの広報などを経て、2017年に小泉氏の秘書になっています。

秘書になる前は、三菱商事に入社。

コンシューマービジネスを担当する部門へ異動後、

2002年:大手コンビニエンスストア子会社に出向。クレジット・ポイントカード事業の立ち上げを経験

2009年に日本ケンタッキー・フライド・チキンに再出向

2013年4月:デジタルとCRM推進の責任者として、全社デジタルマーケティング戦略の企画、オウンドメディア、ソーシャルメディア を中心とした施策の企画と実行を推進。

2015年まではファストフードチェーンに出向し、2016年4月からコンビニエンスストアチェーンに再出向。

2017年から小泉氏の秘書に転身しました。

秘書になった理由は不明ですが、議員の公設秘書(第一秘書・第二秘書・私設秘書)になるには親しい知人や身内からの紹介などコネクションが重要になることが多いです。

経歴から分かる通り、干場香名女氏は優秀な人物なので、小泉進次郎氏の身近な人物が干場氏を紹介したかもしれませんね。

世間の反応

事務所の言い分を聞くとしても、具体的に何の業務をしていたのかはっきりさせるべき。

 

最近の環境大臣の発言、レジ袋・コンビニスプーンなど、不可解な見解が目立ち、最近は住宅にソーラーパネルの義務化。これが日本に合うのか。

 

公用車ってタクシーみたいにつかまえて乗るもんじゃないだろ。

やはり批判する意見が多いですね。

しかし、事務所の話だと問題ないとのこと。

「政務と公務を調整している政務秘書官は私(大臣)の指示で業務を行っており、業務の都合上、大臣室を不在としていることもある。そこで当該秘書が政務秘書官の指示のもと、私(大臣)のサポートや政務と公務の調整などを行っている。当該秘書が業務を行う中で公用車を使用することもあるが、公務を遂行する上で必要なことを環境省(秘書官室)が判断した場合に使用しており、問題ないと考えている」

公用車の不適切利用の真偽は不明ですが、文春によると詳細を4月28日(水)発売の「週刊文春」です報じるみたいです。

タイトルとURLをコピーしました