本田誠人wiki経歴|結婚して子供が3人【ブログでガンを公表】

スポンサーリンク

俳優で演出家の本田誠人(47)さんがすい臓がんで亡くなられたことが分かりました。

本田誠人さんは先月25日にブログや事務所のツイッターで4年前からすい臓がんの治療をしていたこと、28日のブログでは2017年4月7日には告知の時点でステージ4だっだことを発表ししていました。

今回は本田誠人さんのwiki経歴や結婚についてまとめていきます。

スポンサーリンク

俳優本田誠人さん47歳で死去

すい臓がん闘病中だった演出家で俳優の本田誠人さんが亡くなったことがわかった。所属事務所クリオネが4日、公式サイトで伝えた。47歳だった。

同事務所は「かねてより闘病中でありました弊社所属アーティスト本田誠人が、令和3年1月30日、享年47歳で永眠されましたこと、ご冥福をお祈りいたしますとともに、謹んでお知らせいたします。尚、葬儀は故人の遺志を尊重いたしまして近親者のみにて執り行われました」と報告。「今まで本田誠人を応援してくださった皆様、お世話になりました関係者の皆様に深く感謝申し上げます」とした。

本田さんは先月25日、自身のブログや事務所のツイッターなどで、4年前からすい臓がんの治療をつづけてきたが今年1月19日に余命宣告を受けたことを公表。同28日のブログでは「2017年4月7日 私、本田誠人、突然ではありますが【すい臓がん】の告知を受けました この時点で伝えられたのはステージ4」としていた。

Yahooニュース

告知の時点でステージ4という事で厳しい状態だったと思われます。

すい臓がんのステージ4と告知されてから4年近くも頑張ったのは本当にすごいと思います。

同じ病気の方の励みにもなったのではないでしょうか。ご冥福をお祈り申し上げます。

本田誠人wiki経歴


名前:本田誠人(ほんだ まこと)
生年月日:1974年1月30日生 47歳
出身:宮崎県延岡市
職業:脚本家、演出家、俳優

 

現在は俳優で演出家ですが、元々はお笑い芸人を目指していました。

宮崎県立延岡西高等学校在学中に同級生とお笑いコンビを結成。

「ダウンタウンの全九州お笑い選手権」でグランプリを獲得。

その後、舞台芸術学院に進学し、卒業後はは舞台役者へと転向。

1995年に劇団「ペテカン」を旗揚して全作品の脚本・演出を担当。フジテレビ系「電車男」やNHK「ハゲタカ」などに出演されました。

お笑い芸人を目指した経験から老若男女が楽しめるコメディ作品が得意。

独特な間合いや舞台上の空気感を大事にされる演出家でした。

現在もラジオや舞台俳優、演出家として活躍されていました。

結婚して子供が3人いる

本田誠人さんは自分の生きた証を残すためブログでガンの公表をしました。

このブログは実はがんの告知のために作られた新しいブログで、元々2005年からブログ運営をしていました。

そこには家族が登場しています。

本田誠人の「まがなすきがな」:11回目の結婚記念日 - livedoor Blog

2019年7月7日の記事に11回目の結婚記念日とあるので2007年7月7日に結婚されたみたいです。

家族旅行の画像が掲載されており、奥様と娘さんと息子さがを幸せそうな様子で写っています。

そして新しいブログに2020年に誕生した第三子の本田晴(ほんだはる)君の一才の誕生日の様子が綴られていました。

この頃はもうすでにすい臓がんを告知されていますが、とてもそんな風に見えませんね。強い人ですね。

ブログでガンを公表

本田誠人の「余った命、一日一笑」 – 余命宣告を受けてからの日々をここに記す。

「本田誠人の『余った命、一日一笑』」という名で新しいブログを立ち上げます。

1月19日にお医者様から余命を告げられたと報告されたことがきっかけで作られたブログです。

死期を悟り、余命宣告を受けてからの日々をここに記す目的で新しいブログを立ち上げたそうです。

最後の投稿はは亡くなる2日前の1月28日です

ブログにはすい臓がんや自分の現状に対する熱い想いが綴られています。

是非ご覧になってください。

オイラ自身、表現活動をしていく中で、それも踏まえた上での作品作りというのが自分自身に置かれた状況の中で大事にしていた所がありました。そして今回、余命宣告を受けたという事実の中で、残された自分自身を、本田誠人をどう表現していくのか?という自分自身に与えられた宿題に向き合う中で、今回もまたみなさんに包み隠さずに、この事実を知って頂いた上で、これからの創作活動を続けて行きたい、発信して行きたいと思っての、今日のこの発表になります。

世間の反応

今までどれだけ幸せに生きてきた人でも、がんになり余命を宣告されれば奈落の底に突き落とされた様な悲しみに包まれるだろうね。
果たして自分がそうなったときに耐えられるかな・・。

 

ある程度年老いて病気になっていくのなら本人も周囲も覚悟するしかないと腹をくくれる事は多いだろうけど、これほど若くしてだと本人も周囲も本当にやりきれない。

 

お誕生日と天国へ旅立たれた日が同じなんですね…。自分も部位は違えどガンになり、手術をして今自宅療養中です。いつ再発するかの恐怖に日々怯えて過ごしています。告知からの4年、お辛かったでしょう…。ご冥福お祈りいたします。

 

電車男にも出演してたんですね。調べたら見覚えのある俳優さんでした、同年代として他人事ではないですね。

本田正人さんの最初のブログを拝見しましたが、本当にガンにガンにおかされているとは思えませんでした。

ファンに心配かけまいと隠していたみたいです。しかし余命宣告されて、表現者として包み隠さずに創作活動を続けていきたかったため、公表されたみたいです。

タイトルとURLをコピーしました