本田景子(チア)の結婚・彼氏|wiki経歴や商社|かわいいインスタ画像

スポンサーリンク

今回はアメリカのNFLのチアリーディングとして活躍する本田景子さんについてとりあげます。

本田景子さんはジャガーズの専属チアリーダー「ザ・ロアー」に所属しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Keiko Honda(@keikohonda1111)がシェアした投稿

今回は本田景子さんの経歴や結婚についてまとめていきます。

スポンサーリンク

本田景子(チア)の結婚・彼氏

本田景子さんは1982年11月11日生まれの38歳。

神奈川県横浜市出身です。

10代のころからチアリーディングに憧れ、会社員として働くかたわら富士通のチアリーダーとしてアメフト、女子バスケットボール、J1川崎を応援。

2009年には「海外に行ってみたい。自分の実力が知りたい」とNFLサンフランシスコ49ersのトライアウトに挑戦するも落選。

それでも夢を諦めず、当時、結婚も考えていた彼氏と別れて、夢に専念。

2017年からバスケットボール男子日本代表オフィシャルチアリーダー、AKATSUKI VENUSの一員として活動。

そして2018年に春35歳のときにNFLのチアリーダーに合格。

9月からジャクソンビル・ジャガーズのチアリーダー「ジャクソンビル・ロアー」の一員として活動を始めています。

本田景子さん夢ために彼氏別れ、結婚しているという情報もありませんでした。

現在は夢が叶ったので、新しく恋人ができているかもしれません。

wiki経歴や商社

本田さんは4歳からクラシックバレエを10年間習い、

高校3年の時に東京都内の大学の文化祭でチアのパフォーマンスを見て「これやりたい!とビビッときた」と、憧れるようになります。

小さいころから将来海外に住みたい、海外で働きたいという気持ちをずっと持って、英語を勉強していたこともあり、海外でチアリーダーとして働くことを夢にみるようになります。

高校でも国際英語コースというクラスに入り、大学は明治学院大学国際学部卒。

大学卒業後は神鋼商事株式会社という神戸製鋼グループの鉄鋼の専門商社に新卒で入社。

趣味と仕事の両立ができる環境で、3年目くらいには仕事に慣れたこともあり、チアを始めます。

2010年にNFLチアのオーディションに初挑戦しますが、落選。

2017年にバスケットボール男子日本代表の公式チアに合格したことが転機となり、「後悔したくない。世界を目指すしかない」と再挑戦。

10年以上勤めた商社を退職。

35歳だった2018年に渡米し、NFL「ザ・ロアー」のチアリーダーに合格します。

現在4季目となっています。

 

本田さん以外のメンバー約30人は全て米国人で、普段は週2回のチーム練習やイベントに参加。

NFLチアとしての1カ月の報酬は平均200~300ドル程度ということですが、

本田さんはビザの関係で他の仕事に就くことができないそうです。

社会人時代の貯金を切り崩しながら生活しており、金銭的にはとても厳しいそうですが、

「フィールドに立つと、言葉で表せない感情が湧いてきます。私たちが笑顔でパフォーマンスをすると、お客さんも笑顔になって盛り上がる。この『笑顔の連鎖』がうれしくて、やりがいです」

と、後悔はしていないようです。

本田景子さんの年収ですが、2018年のインタビュー記事では、次のように話しています。

 

「収入は月に500ドル(約5万6000円)くらい。今までの5分の1、6分の1くらいですかね。1人では暮らせないのでシェアハウスです。アルバイトも探さないといけないんですが、まだ英語が…」

 

かわいいインスタ画像

 

この投稿をInstagramで見る

 

Keiko Honda(@keikohonda1111)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Keiko Honda(@keikohonda1111)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Keiko Honda(@keikohonda1111)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Keiko Honda(@keikohonda1111)がシェアした投稿

タイトルとURLをコピーしました