穂苅家(大家族)の穂苅万博の年収や経歴【ノブナカなんなん】

スポンサーリンク

2022年4月13日放送の『ノブナカなんなん?』では愛知の「爆買い大家族」が出演します。

出演する大家族は穂苅家です。

今回は穂苅家についてまとめていきます。

スポンサーリンク

穂苅家(大家族)とは?

穂苅家の大黒柱は穂苅万博(ほかり かずひろ)さんです。

穂苅万博さんはリバイバルビジョン株式会社の代表取締役を務めています。

他にもモティベーション大学という目標達成の支援をするビジネススクールの学長を務めています。

 


穂苅万博さんの妻の名前は「かおり」さんです。

2人の間には4男4女の子供が8人います。

 

家族構成は、

父親:穂苅万博 51歳 1970年生まれ
母親:かおり 50歳
長男:博人 26歳
次男:拓也 25歳
三男:聖志 22歳
長女:りべか 17歳
次女:みのり 13歳
三女:さやか 12歳
四男:輝 10歳
四女:結 4歳
※年齢は2022年現在

 

このようになっています。

 


穂苅万博さんは名古屋のビックダディとして講演活動なども行っており地元では有名な大家族のようです。

穂苅万博の年収や経歴

穂苅万博さんは1970年生まれの北海道旭川市出身です。

詳しい学歴(高校・大学)は不明でしたが、ビックになりたいという思いから1上京して電気工事士という建築関係の仕事に就きます。

 

当時バブルということもあり、19歳の時はすでに年収で600万円くらい貰っていたそうです。

19歳で働いていたということで、大学には通っていなかったのかもしれません。

 

穂苅万博さんは24歳のときに携帯電話ビジネスを起業し、青年実業家になります。

最高月収が1300万円と大成功したかに思えましたが、次第に経営はどんどん悪化。

起業して間もない頃に現在の妻の「かおり」さんと結婚しており、会社の経営が悪化している頃に子供も産まれていました。

生まれた子供のためにも奮起しますが、経営状態は改善しませんでした。

奥様は子供を連れて実家に戻り、穂苅万博さんは自殺未遂をしてしまい、絶望の状況だったようです。

26歳の時には借金が6000万円にも膨らみます。

最終的に個人負債として残ったのが借金2300万となります。

穂苅万博さんは2300万円の借金を3年で完済しています。

どのように借金を完済したのかは不明ですが、

 

現在はリバイバルビジョン株式会社の代表取締役を務めています。

 

リバイバルビジョン株式会社とは個人が持つ目標や夢を実現させるために、

セミナーやプログラムを提供する会社です。

同社が創立したモティベーション大学ではSMIプログラムという自己開発プログラムを使ったセミナーや講義を行っています。

 

穂苅万博さんの気になる年収ですが、

どのくらいの収入があるのかは不明でした。

 

ただ、Youtubeに投稿されている動画を確認したところ、


爆買い・爆食いに家族旅行と裕福な生活を送っていることが分かります。

かなりの収入があるようですね。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました