平塚市職員:ラノベのタイトルや作者の名前やツイッターアカウントの特定は?

スポンサーリンク

病気休職期間中に小説を執筆した神奈川県平塚市職員(28)が話題になっています。

市職員課によると、小説を執筆していた職員は28歳の男性主事とのこと。

病気休職期間中、営利活動の許可を得ていないにも関わらず、出版社2社から小説4冊を出版し、印税計約320万円の報酬を得ていたとして、処分を受けたようです。

この男性は20日付けで依願退職しました。

そこで今回は『平塚市職員:ラノベのタイトルや作者の名前やツイッターアカウントは?』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

概要

市職員課によると、男性主事は2019年7月から2021年10月までの病気休暇と病気休職期間中に営利活動の許可を得ていないにも関わらず、

出版社2社から小説4冊を出版し、印税計約320万円の報酬を得ていました。

男性主事が執筆していたのは恋愛やファンタジーを描いた若者向けのライトノベルでした。

2021年6月に匿名の通報があり、市が調査したところ、職員が認めて事態が発覚。

市はこの職員が病気で休職中に許可を得ずに小説を出版し、営利活動をしたのは地方公務員法に違反するとして、20日付けで職員を停職6か月の処分とします。

職員は20日付けで依願退職しました。

地方公務員法では公務員も許可を得た上で執筆活動が認められていますが、一方で病気休職期間中は早期復職のため療養に専念する義務が課されています。

ちゃんと許可を取っていればよかったですね・・・ただ、小説家としての才能があるみたいなので、今後は小説家一本で生活するかもしれませんね。

平塚市職員:ラノベのタイトルや作者の名前やツイッターアカウントは?

20日付けで依願退職した男性主事の名前は明かされていませんが、報道の内容をまとめると。

・28歳男性
・2019年7月から2021年10月の間に出版社2社から小説4冊を出版
・恋愛やファンタジーを描いた若者向けのライトノベルを出版
・自身のツイッターで書籍の宣伝などを、およそ1万回行う
・ネットの小説投稿サイトに256話分を投稿

これらの情報を元に調査しましたが、特定には至りませんでした。

爆サイなどのネット掲示板でも特定には至っていないようです。

上記で触れた情報を元に今後、ラノベ作家が特定される可能性があるので、何か分れば追記します。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました